コンテンツにスキップ

Aruba と統合された MVE の作成

このトピックでは、Aruba EdgeConnect SD-WAN を使用して Megaport Virtual Edge (MVE) を作成および構成する方法について説明します。始める前に、Megaport Portal および Aruba へのアクセスを提供する注文権限を持つユーザー アカウントが必要です。

Megaportアカウントの設定については、アカウントの登録を参照してください。

ヒント

Aruba は、オーケストレーターやクラウド接続を含む SD-WAN プロダクトのドキュメンテーションをAruba (SilverPeak) ドキュメンテーション ライブラリで提供しています。

基本ステップ

ここでは、Aruba Orchestrator と Megaport Portal での構成手順の概要を説明します。基本的な手順は、次のとおりです。

  • Aruba からライセンスを取得する。
  • Megaport Portal で Aruba MVE を作成する。
  • MVE のパブリック IP アドレスの割り当てを Megaport Portal で確認する。
  • Aruba Orchestrator で Aruba EdgeConnect (EC-V) を構成する。
  • EC-V にライセンスを適用する。

次のセクションで詳細を説明します。

ライセンス

Megaport Portal で MVE を作成する前に、Aruba から有効な EdgeConnect SD-WAN ライセンスを購入する必要があります。すべてのライセンスは Aruba Cloud Portal で管理されます。

Megaport Portal での MVE の作成

MVEを作成する前に、最適なロケーションを決定する必要があります。- MVE をサポートし、最も相性の良いメトロエリアにします。個々のMVEに複数のロケーションを接続することができます。ロケーションの詳細については、展開の計画を参照してください。

冗長性や容量の観点から、同じ都市圏に複数のMVEを配置することができます。

MVE を作成するには

  1. Megaport Portal で、「Services(サービス)」ページに移動します。
  2. Create MVE (MVE の作成)」 をクリックします。
    「Create MVE(MVE の作成)」ボタン

  3. MVEのロケーションを選択します。

    対象となるブランチやオンプレミスの拠点に地理的に近いロケーションを選びます。

    選択する国は、すでに登録済みのマーケットである必要があります。

    MVEを展開する場所に請求マーケットが登録されていない場合は、請求マーケットの有効化の手順に従ってください。

    リストでローカル マーケットを検索するには、国フィルターに国を入力するか、検索フィルターにメトロリージョンの詳細を入力します。

    MVE ロケーションの選択

  4. Next (次へ)」をクリックします。

  5. Aruba EC-V とソフトウェアのバージョンを選択します。
    MVE を使用するには、Aruba Orchestrator のバージョン 9 以降が必要です。以前のバージョンの EC-V で MVE を作成した場合は、直ちにバージョン 9 にアップグレードする必要があります。

  6. MVE の詳細を指定します。
     MVE の詳細

    • MVE Name (MVE 名) – 特に複数の MVE をプロビジョニングする予定の場合は、簡単に識別できる MVE の名前を指定します。この名前はMegaport Portalに表示されます。

    • Size (サイズ) – ドロップダウン リストからサイズを選択します。Small(スモール)、Medium(ミディアム)、Large(ラージ)の3種類です。同時接続数の変化に対応する3つのサイズが用意されています。 パートナー企業のプロダクトごとに指標は若干異なりますが、一般的には、スモール サイズでは 40 以上の同時ブランチ接続と 500 Mbps までのトラフィックを、ミディアム サイズでは最大 100 の接続と 1 Gbps のトラフィックを、ラージ サイズでは約 500 の接続と約 5 Gbps のトラフィックを処理できます。サイズの詳細については、「構築の計画」を参照してください。

      注意

      パートナー マネージド アカウントは、サービスにパートナー ディールを適用することができます。詳細については、『Applying a Deal to a Service (サービスへのディールの適用)』を参照してください。

    • Service Level Reference (サービス レベル参照) (オプション) – コスト センター番号や一意の顧客 ID など、請求目的で使用する MVE の識別番号を指定します。サービス レベル参照番号は、請求書の「Product (プロダクト)」セクションの各サービスに表示されます。また、既存のサービスのこのフィールドを編集することもできます。

      注意

      MVE に関連付けられた VXC は、MCR サービス レベル参照番号で自動更新されません。

    • Orchestrator Account Name (Orchestrator アカウント名) – Aruba Orchestrator のアカウント名を入力します。アカウント名を表示するには、オーケストレーターにログインして、「Orchestrator (オーケストレーター)」>「Licensing | Cloud Portal (ライセンス | Cloud Portal) の順に選択します。

    • Account Key (アカウント キー) – Aruba Orchestrator のアカウント キーを入力します。このキーはアカウント名にリンクしています。アカウント キーを表示するには、オーケストレーターにログインして、「Orchestrator (オーケストレーター)」>「Licensing | Cloud Portal (ライセンス | Cloud Portal) の順に選択します。オーケストレーターにキーが表示されない場合は、「Generate Account Key (アカウント名の生成)」をクリックします。
      アカウント名とアカウント キー

    • System Tag (システム タグ)(オプション) – Aruba Orchestrator のシステム タグと事前構成テンプレートは、EC-V を Cloud Portal とオーケストレーターに登録し、オーケストレーターが新しく検出された EC-V アプライアンスを自動的に受け入れて構成できるようにします。オーケストレーターで事前構成テンプレートを作成した場合は、ここに指定したシステム タグを入力します。

  7. Next (次へ)」をクリックして、「Summary (概要)」画面を表示します。

    月額料金は、ロケーションとサイズに基づいています。
    MVE の概要

  8. 設定内容と価格設定を確認し、「Add MVE(MVEを追加)」をクリックします。
    Create MVE(MVEの作成)」をクリックして、他のロケーションにMVEを追加します。

  9. Order (注文)」をクリックします。

  10. Order Services (サービス注文) 契約を確認し、「Order Now (今すぐ注文)」 をクリックします。

    • 注文する前に、「Save(保存)」をクリックし、設定済みの MVE を保存します。
    • Add Promo Code(プロモーションコードの追加)」をクリックしてプロモーションコードを入力し、「Add Code(コードの追加)」をクリックします。

MVE の注文は、アプライアンスのプロビジョニングと Megaport SDN からの IP アドレスの割り当てを行います。MVEのプロビジョニングは、わずか数分で完了します。プロビジョニング プロセスでは、Aruba EdgeConnect (EC-V) が起動します。

Megaport Portal での MVE のパブリック IP アドレス割り当ての表示

MVEを作成した後は、Megaport Portalで確認することができます。

Megaport PortalでMVEを表示するには

  • 「Services(サービス)」ページに移動します。

MVE のプロビジョニングの一環として、Megaport はトランジット仮想クロスコネクト (VXC) を作成してインターネット接続を提供し、MVE が Aruba SD-WAN オーバーレイ ネットワークに登録して通信できるようにします。オーバーレイ ネットワークは Aruba が作成とメンテナンスを行い、ブランチ ロケーションからの安全なトンネルを提供します。トランジットVXCは、MVEの大きさに応じて固定されたサイズになっています。トランジットVXCの修正や削除はできません。画像のように、トランジットVXCアイコンは、Megaport Portalの標準VXCアイコンとは異なります。

MPポータルのMVEとトランジットVXC

MVEに割り当てられたパブリックIPアドレスを表示するには

  1. MegaportインターネットへのトランジットVXCの横にある歯車アイコンをクリックします。
    トランジット VXC の詳細
  2. パブリック IP アドレス (IPv4 または IPv6) を探します。MVEに割り当てられているパブリックIPアドレスです。これらのアドレスは、後で使用するためにメモしておいてください。

MVE EC-V アプライアンスの承認とアップグレード

新規 EC-V アプライアンスを作成すると、Aruba Orchestrator の「Discovered Appliances (検出済みアプライアンス)」の下に表示されます。次に、それを新規アプライアンスとして承認し、そのソフトウェアをバージョン 9.1.0.0_91199 にアップグレードします。

新規 EC-V アプライアンスを承認しアップグレードするには

Aruba Orchestrator が EC-V を管理対象アプライアンスのリストに追加する前に、手動で承認を行う必要があります。

  1. エンタープライズ Aruba Orchestrator システムにログインします。

  2. 「Configuration (構成)」>「Discovery | Discovered Appliances (検出 | 検出済みアプライアンス)」の順に選択するか、画面右上の「Appliances Discovered (検出されたアプライアンス)」をクリックします。
    承認待ちの新規デバイスが表示されます。
    検出済みアプライアンス

  3. 新規デバイスの横にある「Approve (承認)」をクリックします。
    「Upgrade Appliance (アプライアンスのアップグレード)」画面が表示されます。MVE を使用するには、Aruba Orchestrator のバージョン 9 以降にアップグレードする必要があります。
    アプライアンスのアップグレード
  4. お使いのオーケストレーターのバージョンと互換性のある 9.x ソフトウェアのバージョンをドロップダウン リストから選択します。
  5. Upgrade & Reboot Appliance (アプライアンスのアップグレード & 再起動)」をクリックします。
    アップグレードと再起動には 5 分から10分ほどかかります。
  6. アップグレードが完了したら、「Close (閉じる)」をクリックします。
  7. 「Discovered Devices (検出済みデバイス) 」画面で「Refresh Discovery Information (検出情報の更新)」をクリックして、新しいソフトウェアのバージョンを確認します。
    検出情報の更新
  8. Approve (承認)」をクリックします。
    「Upgrade Appliance (アプライアンスのアップグレード)」画面では、利用可能なアップグレードがないことが表示され、オーケストレーターが最新状態であることが確認できます。
  9. Skip (スキップ)」をクリックします。
  10. 「Apply Appliance Preconfiguration (アプライアンス事前構成の適用)」画面で「Run Manual Configuration Wizard (手動構成の実行ウィザード)」をクリックします。
    事前構成テンプレートがある場合は、それを選択することもできます。
  11. アプライアンスの詳細を入力します。
    • Hostname (ホスト名) – Megaport はデフォルトでホスト名を割り当てますが、これはフリー テキストのフィールドで、このアプライアンスに識別しやすい名前を割り当てることができます。
    • Group (グループ) – ネットワークの要件に応じて、アプライアンスのグループ名を指定します。
    • Admin Password (管理者パスワード) – 安全なパスワードを指定して確認します。
    • Serial Number (シリアル番号) – この番号はデフォルトで割り当てられます。
      残りのフィールドはオプションです。
  12. Next (次へ)」をクリックします。
    アプライアンスの詳細
  13. 「Deployment Profile (構築プロファイル)」 ドロップダウン リストからプロファイルを選択するか、「Next (次へ)」をクリックしてスキップします。
    構築プロファイル
  14. (オプション)「Add (追加)」をクリックして、ネットワークの要件を満たすループバック インターフェイスと IP アドレスを追加するか、「Next (次へ)」をクリックします。
    ループバック インターフェイス
  15. ネットワークの要件に応じて、「Use SD-WAN Fabric Learned Routes (SD-WAN ファブリックの学習済み経路の使用)および/または「Automatically include local subnets (ローカル サブネットを自動的に含める)」を選択し、「Next (次へ)」をクリックします。
    ローカル経路の追加
  16. ネットワークの要件に応じて、「Add Business Intent Overlays to this Site (このサイトへのビジネス インテント オーバーレイの追加)」と「Select Template Groups to be applied to this Site (このサイトに適用するテンプレート グループの選択)」にある該当オプションを選択または選択解除します。
    オーバーレイやラベルの構成が不適切な場合、オーケストレーターの通信エラーが発生することがあります。詳細については、Aruba のドキュメンテーションを参照してください。
    ビジネス インテント オーバーレイとテンプレート グループ
  17. Apply(適用)」をクリックします。
    アプライアンス ウィザードが、構成の更新を MVE EC-V アプライアンスに適用します。
    構成の適用
  18. Close(閉じる)」をクリックします。

このアプライアンスは Aruba Orchestrator で管理されるようになり、「Discovered Devices (検出済みデバイス)」のリストで表示できます。

MVE の削除

MVE の終了は、Megaport Portalから直接行うことができます。

MVEを削除するには

  1. Megaport Portal で、「Services(サービス)」ページに移動します。

  2. 削除したいMVEの横にあるゴミ箱アイコンをクリックします。

    MVE に接続されているすべてのサービスの一覧が表示されます。

    MVEの終了

  3. Yes - Terminate Services(はい - サービスを終了する)」をクリックして MVE の終了を確認するか、「No, Keep Services(いいえ、サービスを維持)」をクリックしてキャンセルします。

    MVEと関連するVXCがMegaportネットワークから削除されます。Aruba Orchestrator で、「Administration (管理)」>「Software | Remove Appliances (ソフトウェア | アプライアンスの削除)」の順に選択して、MVE EC-V を削除するためのオプションを表示します。

次のステップ

これで MVE が構築されました。次の手順は VXCを CSP、ローカルポート、またはサードパーティネットワークに追加することです。オプションで、プライベート VXC を通じて物理ポートを MVE に接続するか、Megaport Marketplace のサービスプロバイダーに接続できます。


最終更新日: 2022-02-03