MVE 展開シナリオ

このトピックでは、SD-WANパートナーとMegaport Virtual Edge(MVE)を使用した展開について、すべてではありませんが、多くのユースケースを説明します。

すべてのユースケースにおいて、1台のMVEを2台のMVEに置き換えることで、冗長性を確保し、ネットワークの信頼性を向上させることができます。

ブランチからブランチへ

この展開では、Megaportのプライベートソフトウェア定義ネットワーク(SDN))を使用して、インターネットへの依存度を減らし、企業のブランチロケーションを接続しています。

ブランチからブランチへ

ブランチからクラウドへ

この展開では、企業のブランチネットワークを1つまたは複数のクラウドリソースに拡張し、ブランチからクラウドまでのシームレスなネットワークを実現します。

ブランチからクラウドへ

ブランチからデータセンターへ

この展開では、企業のブランチネットワークを企業のデータセンターのフットプリントに接続し、700以上のMegaport対応のグローバルデータセンターをカバーしています。

ブランチからデータセンターへ

VPCからVPCへ

このキャリアニュートラルな展開では、複数のクラウドリージョン、プロバイダー、またはアカウントを接続し、ネットワークの相互運用をプライベートに実現します。

VPCからVPCへ


最後の更新: