コンテンツにスキップ

Versa Secure SD-WAN を使用した MVE の AWS ホスト型接続の作成

500 Mbps 以下の容量のホスト型接続では、1 つのプライベートまたはパブリック仮想インターフェイスをサポートできます。1 Gbps 以上の容量のホスト型接続では、1 つのプライベート、パブリック、またはトランジット仮想インターフェイスをサポートできます。これらは専用の接続で、本番環境での使用を推奨しています。

MVEからAWSへのホスト型接続を作成するには

  1. Megaport Portal で、 「Services (サービス)」ページに移動し、接続する MVE を選択します。

  2. +Connection (+接続)」、「Cloud (クラウド)」 の順にクリックします。

  3. サービスプロバイダーに AWS、AWS 接続方式にホスト型接続をそれぞれ選択して、宛先ポートを選択し、「Next (次へ)」 をクリックします。 宛先ポートを選択し、「Next (次へ)」 をクリックします。 「Next (次へ)」をクリックします。
    国フィルターを使用して、選択を絞り込むことができます。
    各宛先ポートでは、青色または橙色のアイコンにより、 その多様性ゾーンを示します。多様性を実現するには、 2つの接続をそれぞれ異なるゾーンで作成する必要があります。
    AWS ホスト型接続の追加

  4. 次の接続の詳細を指定します。

    • Connection Name (接続名) – Megaport Portal に表示される VXC の名前です。

    • Service Level Reference (サービス レベル参照) (オプション) – コスト センター番号や一意の顧客 ID など、請求目的で使用する VXC の識別番号を指定します。サービス レベル参照番号は、請求書の「Product (プロダクト)」セクションの各サービスに表示されます。また、既存のサービスのこのフィールドを編集することもできます。

    注意

    パートナー マネージド アカウントは、サービスにパートナー ディールを適用することができます。詳細については、『Applying a Deal to a Service (サービスへのディールの適用)』を参照してください。

    • Rate Limit (帯域制限) – これは Mbps 単位の接続速度です。展開後は速度を変更できません。ドロップダウンリストには、MVEで使用可能な最大10 Gbpsの事前定義されたレート制限が表示されます。(注:(注:トランジットゲートウェイは、1Gbps以上の速度でのみ利用可能です。)
    • Preferred A-End VLAN (優先 A エンド VLAN) – 必要に応じて、この接続に未使用の VLAN ID を指定します。これは、この MVE の一意の VLAN ID である必要があり、2 から 4093 の範囲で指定できます。すでに使用されている VLAN ID を指定すると、次に使用可能な VLAN 番号が表示されます。注文を続行するには、VLAN ID が一意である必要があります。値を指定しない場合は、Megaport が値を割り当てます。
      接続の詳細
  5. Next (次へ)」をクリックします。

  6. AWS サービスの接続の詳細を指定します。

    • AWS Connection Name (AWS 接続名) – これはテキスト フィールドであり、 AWSコンソールに表示される仮想インターフェイスの名前になります。「AWS Connection Name (AWS 接続名)」 には、1 つ前のステップで指定された名前が 自動入力されます。

    • AWS Account ID (AWS アカウント ID) – これは、接続するアカウントの IDです。この値は、AWSコンソールの管理セクションに あります。
      AWS接続の詳細

  7. Next (次へ)」をクリックして接続の詳細の概要に進み、「Add VXC (VXC の追加)」をクリックして接続を注文します。

VXC 接続が正常に構築されると、Megaport Portalの「Services(サービス)」ページに表示され、MVEに関連付けられています。VXC タイトルをクリックして、 この接続の詳細を表示します。サービス ステータス (レイヤー 2) は起動しますが、 BGP (レイヤー 3) は起動しません。 これは、構成がまだないためです。

VXC の詳細

Megaport Portal で構築したら、AWS コンソールで接続を受け入れ、 接続用の仮想インターフェイスを作成する必要があります。

ホスト型接続を承認するには

  1. AWSで、「Services(サービス)」>「AWS Direct Connect」>「Connections(接続)」と進み、 接続名をクリックします。
    AWS接続

  2. ウィンドウの右上にある「Accept(承認)」をクリックします。
    AWS接続を承認する

    AWSが接続を構築している間、状態は数分間保留に します。構築後、ステータスは「ordering(注文中)」から 「available(利用可能)」に変わります。

これで接続は可能になりましたが、AWSサービスに接続するにはVIFを作成する必要があります。

ヒント

AWS 接続の承認の詳細については、 AWS のドキュメンテーションを参照してください。

仮想インターフェイスの作成

ホスト型接続を作成および承認したら、VIFを作成し、ホスト型接続をゲートウェイに接続します。

ヒント

AWSから、 パブリック、プライベート、トランジットのインターフェイスを作成するための詳細な手順が提供されています。

VIFを作成および接続するには

  1. AWSコンソールで、「Create Virtual Interface(仮想インターフェイスを作成)」をクリックします。
    AWS仮想インターフェイス

  2. インターフェイスタイプを選択します。

    タイプは、アクセスが必要なサービスの種類によって異なります。

    • Private (プライベート) – プライベート IP アドレスを使用して VPC で実行されているリソースにアクセスします。プライベート仮想ゲートウェイ上のプライベート仮想インターフェイスを終了させる(1つのVPCにアクセスするため)か、Direct Connectゲートウェイ(最大10個のVPCをVIFにマッピングする)を選択できます。
    • Public (パブリック) – すべての AWS パブリック エンドポイント、およびパブリック IP アドレスで到達可能なすべての AWS リソースにアクセスします。
    • Transit (トランジット) – Direct Connect ゲートウェイから 1 つ以上のトランジット ゲートウェイにトラフィックを転送します。トランジット仮想インターフェイスは、少なくとも1 Gbpsの容量を持つホスト型接続でのみ使用できます。VIF にトランジットを選択すると、速度の遅い接続がフィルターされ、インターフェイスに表示されなくなります。
      AWSインターフェイスタイプ
  3. 設定の詳細を指定します。

    • Virtual interface name (仮想インターフェイス名) – 仮想インターフェイスの名前を入力します。
    • Connection (接続) – この仮想インターフェイスをプロビジョニングする物理的な接続です。ここには、Megaport Portalでホスト型接続に指定した名前が表示されます。
    • Virtual interface owner (仮想インターフェイスの所有者) – 仮想インターフェイスを所有するアカウントです。「My AWS account(My AWSアカウント)」を選択します。
    • Direct Connect gateway (Direct Connect ゲートウェイ) – この仮想インターフェイスをアタッチする Direct Connect ゲートウェイを選択します。トランジットVIFは、トランジットゲートウェイに直接接続されているのではなく、Direct Connectゲートウェイに接続されています。
    • VLAN – 仮想インターフェイスに割り当てられた VLAN です。この値はそのままにしておきます。VLANアドレスが表示され、編集可能であるように見えますが、変更しようとするとエラーが発生します。
    • BGP ASN (BGP AS 番号) – BGP セッションの MVE 側の Border Gateway Protocol (BGP) 自律システム番号 (AS 番号) を入力します。

    次のBGPの詳細は、入力するか、空白のままにできます。空白のままにすると、AWSによって自動入力されます。
    AWS BGPの詳細

    仮想インターフェイスでジャンボフレームをサポートするかどうかを選択することもできます。ジャンボMTUを有効にすると、8500バイトのイーサネットパケットをサポートします。

  4. Create virtual interface(仮想インターフェイスを作成)」をクリックします。

    VIFの詳細とステータスを表示するには、「Services(サービス)」>「AWS Direct Connect」>「Connections(接続)」>「Megaport-Created-Hosted Connection(Megaportが作成したホスト型接続)」の名前に移動します。
    VIFの詳細

    BGPが設定されていないので、インターフェイスの状態はdown(停止)と表示されます。

接続を承認してAWSでVIFを作成すると、Megaport PortalでVXCの状態が「configured(設定済み)」に変わります。

Versa Director への AWS 接続の詳細の追加

MVE から AWS への接続を作成し、AWS コンソールで接続を設定した後、Versa Director で構成する必要があります。これには、デバイスのサブインターフェイスに追加する Versa Director テンプレートの確認、BGP の設定、AS 番号、VLAN、MD5 値の構成が含まれます。

Versa Director でサブインターフェイスを追加するには

  1. AWSコンソールから接続の詳細を収集します。
    このホスト型接続用にAWSで作成した仮想インターフェイスの詳細を表示します。BGP ASNBGP Auth Key(BGP認証キー)Your Peer IP(ピアIP)Amazon Peer IP(AmazonピアIP)の値に注意してください。

    AWS接続の詳細

  2. Megaport Portalから接続情報を収集します。

    詳細を表示するには、MVE からの AWS 接続の歯車アイコンをクリックし、「Details (詳細)」ビューをクリックします。A-End VLAN (A エンド VLAN) の値をメモします。

  3. Versa Director にログインします。

  4. 上部メニューバーの「Workflows (ワークフロー)」タブを選択します。

  5. 左のナビゲーションで、「Template (テンプレート)」>「Templates (テンプレート)」を選択します。

    ワークフロー テンプレート

  6. 編集したいテンプレートをクリックし、「Interfaces (インターフェイス)」タブを選択します。

  7. 「WAN Interfaces (WAN インターフェイス)」セクションで「Sub Interface (サブ インターフェイス)」列を探し、「Add (追加)」アイコンをクリックし、サブインターフェイスを追加します。

    サブインターフェイスの追加

    テーブルに新しい行が表示されます。

  8. 新規サブインターフェイスに以下の値を指定します。

    • VLAN ID- Megaport Portal から (ステップ 2 で収集した) A エンド VLAN の値を入力します。

    • Network Name (ネットワーク名) - ドロップダウン メニューから「+ Create WAN Network (+ WAN ネットワークの作成)」を選び、「Create WAN Network (WAN ネットワークの作成)」ウィンドウを開きます。意味のあるネットワーク名を指定し、「OK」をクリックして、作成した WAN ネットワークを選択します。

    • IPv4 - ドロップダウン メニューから「Static (静的)」を選択します。

    サブインターフェイスの詳細

  9. 「Routing (ルーティング)」タブを選択し、BGP の構成情報を追加します。

  10. BGP セクションの「Network (ネットワーク)」列でネットワーク名を選択します。

    BGP の詳細

  11. MVE の構成に合わせて次の値を設定します。

    • Local AS (ローカル AS)- ステップ 1 で収集した BGP AS 番号 (ローカル MVE) です。
    • Neighbor IP Address (ネイバー IP アドレス)- ステップ 1 で収集した Amazon ピア IP アドレスです。
    • Peer AS (ピア AS) - これは AWS の AS 番号です。デフォルトでは、この値は 64512 です。
    • オプションで、 (ネットワークに応じて) BFD を有効にすることができます。
  12. 設定の右側にある「Add (追加)」アイコンをクリックします。

  13. 「Management Servers (管理サーバー)」タブを選択し、(ページ下部にある) 「Recreate (再作成)」または「Create (作成)」をクリックします。

    構成の違いを示すウィンドウが開きます。デフォルトでは、推奨された自動マージ版が選択されます。

  14. Deploy (構築)」をクリックします。

テンプレート内の変数を使って、以下のフィールドにデバイスごとの値を指定することができます。Router ID (ルーターID)Local AS (ローカル AS)Peer AS (ピア AS)Static IP address (静的 IP アドレス)Password (パスワード)

注意

インスタンス ID は変更できません (システムが自動的に値を指定します)。静的 IP アドレスはデフォルトでパラメーター化されています。

ルーター ID、BGP ローカル AS、ピア AS、およびパスワードをパラメーター化するには

  1. 上部メニュー バーで「Configuration (構成)」タブを選択します。

  2. 水平メニュー バーで、「Templates (テンプレート)」>「Device Templates (デバイス テンプレート)」を選択します。

    デバイス テンプレート

  3. テンプレートをクリックします。

    デフォルトでは、「Interfaces (インターフェイス)」列が表示されます。

  4. 左のナビゲーションで「Virtual Routers (仮想ルーター)」を選択し、デバイスをクリックして「Edit (編集)」ウィンドウを開きます。

    デバイス テンプレートの編集

  5. 「Edit (編集)」ウィンドウで「BGP」を選択し、「Instance ID (インスタンス ID)」をクリックして「Edit BGP Instance (BGP インスタンスの編集)」ウィンドウを開きます。

    「Edit BGP Instance (BGP インスタンスの編集)」ウィンドウ

  6. 「Edit BGP Instanc (BGP インスタンスの編集)」ウィンドウで、次の各フィールドの横にある「「Parameterize (パラメーター化)」アイコンをクリックします。Router ID (ルーターID)Local Ad (ローカル AS)Peer AD (ピア AS)Password (パスワード)

    フィールドのパラメーター化

  7. OK」を 2 回クリックして更新します。

  8. 上部メニュー バーで「Workflows (ワークフロー)」タブを選択し、左のナビゲーションで「Devices (デバイス)」>「Devices (デバイス)」を選択します。

  9. デバイスをクリックして、作成したばかりの変数の値を指定します。

    変数の定義

    「Add Device (デバイスの追加)」ウィンドウが開きます。

  10. 「Bind Data (データのバインド)」タブを選択します。

    「Bind Data (データのバインド)」タブ

  11. 変数の値を指定します。

    • Local AS (ローカルAS)- 顧客 (MVE) AS 番号を入力します。
    • Password (パスワード) - MD5 のパスワードを入力します。
    • Peer AS (ピア AS)- Amazon 側の AS 番号を入力します。
    • Router ID (ルーター ID)- 顧客 (MVE) IP アドレス (ローカル IP アドレス) を入力します。
    • Hop Address (ホップ アドレス) - Amazon IP アドレスを入力します。
    • Static Address (静的アドレス)- 顧客 IP アドレス (マスク値を含めた MVE IP アドレス) を入力します。
  12. 終了したら、「Redeploy (再構築)」をクリックします。

    デバイスの新しい構成の準備が整うと、Versa Director ウィンドウの下部に緑色のチェックマークが表示されます。

  13. 変更をデバイスにプッシュするには、(右上の) 「Commit Template (テンプレートのコミット)」をクリックします。

    「Commit Template (テンプレートのコミット)」リンク

    「Commit Template to Devices (デバイスへのテンプレートのコミット)」ウィンドウが開きます。

    テンプレートのコミット

  14. 「Commit Template to Devices (デバイスへのテンプレートのコミット)」ウィンドウで次の値を指定します。

    • Organization (組織) - ドロップダウン メニューから組織を選択します。

    • Select Template (テンプレートの選択) - デバイスにプッシュするテンプレートをドロップダウン メニューから選択します。

    テンプレートの状態が「OUT_OF_SYNC」になっていることに注意します。

  15. 「Differences (違い)」列の目のアイコンをクリックして、構成の変更を確認します。

  16. Commit to Device (デバイスにコミット)」をクリックします。

    プッシュが成功すると、画面右下に緑色のチェックマークが表示されます。テンプレートの状態が「IN_SYNC」に変わりました。

AWS 接続の確認

  1. 上部ナビゲーション バーの「Monitor (監視)」タブを選択し、水平ナビゲーション バーで「Devices (デバイス)」を選択します。デバイスを選択すると、「Summary (概要)」画面に詳細が表示されます。

    AWS セッション ステータス

  2. 「Summary (概要)」画面の「Interface (インターフェイス)」列で、サブインターフェイスと「Operational and Admin Status (運用と管理のステータス)」を確認できます。

    AWS セッションの概要

  3. AWS Direct Connect ポータルで画面を更新し、「Virtual interface state (仮想インターフェイス状態)」が「available (利用可能)」、「BGP Status (BGP ステータス)」が「up (起動)」になっていることを確認します。起動した AWS の BGP セッションは次のように見えます。

    AWS 側からの AWS セッション


最終更新日: 2022-02-03