コンテンツにスキップ

Aruba EdgeConnect SD-WAN を使用した汎用エンドポイントへの MVE 接続の作成

このトピックでは、Megaport VXC 接続を Megaport Portal で構成・構築し、Aruba EdgeConnect SD-WAN の MVE と統合するための一般的な手順を説明します。VXCは、クラウドサービスプロバイダー、ポート、MCRに接続できます。

ステップ 1 – MVE の作成

  • Megaport PortalでMVEを作成します。
    詳細については、MVEの作成を参照してください。 MVEがアクティブな状態になっている必要があります。

ステップ 2 – MVE からの VXC の作成

  1. Megaport Portal で、ステップ 1 で作成した MVE を選択します。
  2. 他のMVE、ポート、クラウドサービスプロバイダーへのVXCを作成します。
    詳細については、VXCの作成を参照してください。 接続の両サイドがアクティブで、BGPが設定されていることを確認します。
  3. 接続の詳細では、AエンドのVLANに注意してください。

ステップ 3 – 接続に関する次の値の収集

  • MVE IP アドレス
  • MVE VLAN (Aエンド)
  • MVE ASN
  • クラウド/BエンドのIPアドレス
  • BエンドのAS番号
  • MD5パスワード

ステップ 4 – Aruba Orchestrator でのインターフェイスの作成

  1. Aruba Orchestrator にログインします。

  2. 「Configure (構成)」>「Networking | Deployment (ネットワーキング | 構築)」に進みます。

  3. ホスト名でアプライアンスを探し、「Edit (編集)」(鉛筆) アイコンをクリックします。

    アプライアンスの編集

  4. wan0 LAN インターフェイスがない場合: LAN インターフェイスの横にある「+Add (+追加)」をクリックして、「Interface (インターフェイス)」のドロップダウン メニューで「wan0」を選択します。

    既に wan0 LAN インターフェイスがある場合は、「+IP」をクリックして、新規構成を追加します。

  5. 「VLAN」フィールドに、A エンド VLAN の値を入力します。

  6. 必要に応じて、事前構成されているラベルを選択するか、「None (なし)」を選択します。
  7. 「IP/Mask (IP/マスク)」フィールドには、接続の MVE 側の IP アドレスとマスクを入力します。
  8. 「Next Hop (ネクスト ホップ)」には、接続の B エンド側の IP アドレスを入力します。

  9. インとアウトの帯域幅の値を指定します。

    帯域幅は、MVE の帯域幅制限以下である必要があります。スモール ≤ 500 Mbps、ミディアム ≤ 1 Gbps、ラージ ≤ 5 Gbps となります。

    この画像は、構成値のサンプルです。

    Aruba LAN インターフェイスの詳細

  10. 「Apply(適用)」をクリックします。

  11. プロンプトが表示されたら、アプライアンスを再起動します。

    再起動が必要になるのは、最初の LAN インターフェイスを追加するときだけです。システムがアプライアンスをサーバー モードからルーター モードに切り替えるためです。

オーケストレーターからデバイスに到達できるようになったら、BGP セッションを構成することができます。

  1. オーケストレーターで、「Configure (構成)」>「Networking | Routing | BGP (ネットワーキング | ルーティング | BGP)」に進みます。
  2. アプライアンスの「Edit (編集)」 (鉛筆) アイコンをクリックします。
  3. スライダーを「Enable BGP (BGP の有効化)」に移動します。
  4. ローカル AS 番号を入力します。

    これは MVE の AS 番号です。

  5. 「Router ID (ルーター ID)」フィールドには、アプライアンスの初期受け入れ時に指定されたループバック 0 の IP、またはネットワークで要求される別のシステム IP を入力します。

    VXC の MVE 側のインターフェイス IP やトランジット IP アドレスなど、アプライアンス上の任意の IP アドレスを使用することができます。

    Aruba のBGP の有効化

  6. 「BGP Peers (BGP ピア)」セクションで「Add (追加)」をクリックし、以下の情報を入力します。

    • Peer IP (ピア IP) – 接続の B エンド (クラウド プロバイダー、ポート、または他の MVE) の IP アドレスです。
    • Local Interface (ローカル インターフェイス) – 新規作成された LAN インターフェイスを選択します (インターフェイスは wan0.VLAN の形式で表示されます)。
    • Peer ASN (ピア AS 番号)。接続の B エンドの AS 値です。
    • Peer Type (ピア タイプ)- ブランチを選択します。
    • Enable MD5 Password (MD5 パスワードの有効化)- 必要な場合は、これを選択し、MD5 のパスワードを入力・確認します。

    Aruba の BGP ピアの追加

  7. Add (追加)」 をクリックします。

  8. Apply(適用)」をクリックします。

設定がアプライアンスにプッシュされるまで数秒かかります。

ステップ 5 – 接続の確認

オーケストレーターの「Monitor (監視)」タブでは、接続状態を含むアプライアンスのステータスを確認することができます。

成功すると、ピア状態が Established (確立済み) になります。

Aruba の BGP ピア状態

次のコマンドを使って、 Aruba (Silver Peak) CLI から接続状態を含む接続の詳細を確認することができます。

  • show interface wan0.<subinterface id> – アプライアンスの構成の詳細と現在のステータスを表示します。
  • show bgp neighbors or show bgp summary – BGP ネイバーの構成の詳細と現在のステータスを表示します。

オーケストレーターから CLI セッションを開始するには

  1. オーケストレーターでは、マウスを使ってアプライアンスの上にカーソルを置き、アプライアンス名の右にある「Appliance Menu (アプライアンス メニュー)」アイコンをクリックします。
    Aruba の BGP ピア状態

  2. メニューから「CLI Session (CLI セッション)」を選択します。
    Aruba の BGP ピア状態

  3. enable (有効化)」モードに入り、推奨 CLI コマンドを使用して構成内容を表示します。


最終更新日: 2022-02-03