コンテンツにスキップ

VMware SD-WAN を使用した MVE から AWS Direct Connect への接続の作成

VMware(VMware Edge)のMVEからAWSへのネットワーク接続は、VXC(Virtual Cross Connections)とAWS Direct Connectで行うことができます。Hosted Connection(ホスト型接続)またはHosted Virtual Interface (ホスト型VIF)のいずれかを作成することができます。

Megaport PortalでAWS接続を開始し、AWSで接続を受け入れ、VMware オーケストレーターでEdgeのサブインターフェイスを作成します。

ヒント

VMware は、クラウド接続を含む SD-WAN プロダクトのドキュメンテーションをVMware SD-WAN 追加リソースで提供しています。

開始する前に

AWSへの接続を作成する前に、以下の要件を満たす必要があります。

  • MVE(エッジ)を作成します。詳細については、MVEの作成を参照してください。

  • AWSで、Direct Connectゲートウェイ、AWSゲートウェイ、VPC、関連するアタッチメントやアソシエーションが設定されていることを確認してください。

MVE からの AWS への接続の作成

MVEがすでに作成されている状態で、AWSへの接続を作成します。 VXC 接続は、次に挙げる 2 つの AWS モデルのいずれかになります。

  • ホスト型接続 – 500 Mbps 以下の容量のホスト型接続では、1 つのプライベートまたはパブリック仮想インターフェイスをサポートできます。1 Gbps 以上の容量のホスト型接続では、1 つのプライベート、パブリック、またはトランジット仮想インターフェイスをサポートできます。ホスト型接続は、専用の接続であり、本番環境に推奨されます。

  • ホスト型仮想インターフェイス (ホスト型 VIF) – ホスト型 VIF は、パブリックまたはプライベートの AWS クラウド サービスに接続できます。ホスト型 VIF は、トランジット仮想インターフェイスには接続できません。ホスト型のVIF接続では、帯域幅を共有します。

詳細な設定手順については、ご希望の接続タイプのリンクをクリックしてください。

注意

MVEインスタンスからAWSへの接続の作成は、ポートやMCRからの接続の作成とよく似ています。主な違いは、VMware SD-WANを使ったプロセスでは、VMwareのMVEが自動的に設定されず、手動でサブインターフェイスを作成し、VLAN、IPアドレス、MD5値、BGPピアをVMwareコンソールで定義する必要があることです。


最終更新日: 2022-02-03