Microsoft Azure ExpressRouteの直接接続の設定

Megaportでは、ExpressRouteへの2種類の接続を提供しています。Megaportを介してMicrosoft Cloudへの仮想相互接続を注文するか、ポイントツーポイントイーサネットリンク(ExpressRoute Direct)を介してMicrosoft Cloudに直接接続できます。

VXCを介した接続については、Microsoft Azure ExpressRouteへの接続で説明されています。 このトピックでは、ExpressRoute Directについて説明します。

Megaportを介したExpressRoute Directを使用すると、ExpressRouteの機能を利用して、グローバルなMicrosoftのバックボーンに直接接続できます。 Megaportを介したExpressRoute Directの主な機能は次のとおりです。

  • 大規模なアクティブ/アクティブ接続をサポートするデュアル10 Gbps接続
  • StorageやCosmos DBなどのサービスへのデータの取り込み
  • 専用の分離された接続を必要とする業界向けの物理的な分離
  • 回線分布を細かく制御
  • Microsoftネットワークの専用容量

ExpressRoute Directを使用すると、AzureコンソールでExpressRouteポートをプロビジョニングし、Megaportと連携して、ExpressRouteポートから同じデータセンターのポートへの物理的なクロスコネクトを設定します。 プライベートVXCを使用して構築を拡張すると、Azure対応のデータセンターのポートを別のデータセンターの2番目のポートに接続できます。

ExpressRoute Direct

Megaportを介して、10 GbpsのExpressRoute物理ポートペアと接続でき、複数の仮想回線を使用できます。回線は1、2、5、または10 Gbpsで、サブスクライブの帯域幅は20 Gbpsです。

注意

完全な技術要件、ポートの詳細、SLAについては、MicrosoftのトピックAbout ExpressRoute Direct(ExpressRoute Directについて)を参照してください。

ExpressRoute直接接続を作成するには

  1. AzureコンソールでExpressRouteポートをプロビジョニングし、 Megaportをベンダーに指定します。
  2. AzureからLOAをダウンロードします。
  3. ExpressRouteポートと同じデータセンターにポートをプロビジョニング します。
  4. Megaportのアカウントマネージャーに連絡して、 ExpressRouteポートからポートへの物理的なクロスコネクトを設定します。
  5. 別のデータセンターの2番目のポートに ExpressRouteポートに接続されているポートが接続するように、プライベートVXCを設定します。

この接続は、Megaport Portalからのみでは設定できないため、 Megaportのアカウントマネージャーに連絡する必要があります。

参考資料


最後の更新: