OVHcloud Connect Direct

OVHcloud Connect Direct接続は、レイヤー2にあります。接続はイーサネットプロトコルに対して透過的であり、データセンターのキャンパスネットワークをOVHcloud vRackプライベートネットワークに接続する方法を簡素化します。データセンター内とOVHcloudデータセンター内の、仮想ローカルエリアネットワーク(VLAN)は同じです。

この設定では、Megaportネットワーク上のポートと1 Gbpsまたは10 GbpsのOVHcloud Connect Directポートとの間の物理的なクロスコネクトと、Connect Directポートに接続されたポートと2番目のMegaportポートとの間のVirtual Cross Connect(VXC)が必要となります。

OVHcloudの直接接続

OVHcloud Connect Direct接続を作成するには

  1. OVHcloudの資格情報を使用してOVHcloudのWebサイトにログインし、各接続を注文します。
    注文が処理されると、請求担当者宛に、OVHcloudサポートチームがOVHcloud Connect Directソリューションをセットアップするために必要な設定の詳細を含む、概要のメールが届きます。
  2. OVHcloudからLetterof Authorization(LOA)をダウンロードします。
  3. OVHcloud Connect Directポートと同じデータセンターにMegaportポートをプロビジョニングします。
  4. Megaportのアカウントマネージャーに連絡して、OVHcloud Connect DirectポートからMegaportネットワーク上のポートへの物理的なクロスコネクトを設定します。
  5. OVHcloud LOAをMegaportに提供します。
  6. プライベートVXCを設定して、OVHcloud Connect Directポートに接続されているポートを別のデータセンターの2番目のポートに接続します。

OVHcloud Connectポートのインストール仕様については、OVHcloud Connectサービスプロビジョニングを参照してください。

役立つリソース


最後の更新: