コンテンツにスキップ

Versa Secure SD-WAN を使用した MVE の Google Cloud Services 接続の作成

Versa Secure SD-WAN を使用した MVE から Google Cloud へのネットワーク接続は、Partner Interconnect を介して作成することができます。

Megaport により Partner Interconnect を介して Google Cloud Platform (GCP) に接続する場合、仮想クロス コネクト (VXC) は接続のレイヤー 2 コンポーネントを形成し、レイヤー 3 BGP は顧客と GCP 間で直接確立されます。

重要

始める前に、Versa Director で MVE を作成します。詳細については、MVEの作成を参照してください。MVEがアクティブな状態になっている必要があります。

MVE と Versa Director に Google Cloud 接続を追加するには、次の 3 つの部分があります。

  1. Google Cloud Console または gcloud CLI で Partner Interconnect アタッチメントを作成します。アタッチメント作成の一部として提供されるペアリング キーをコピーします。詳細については、 Google Partner Interconnect

  2. Megaport Portalで、MVEからVXCを作成し、Google Cloudアタッチメントに接続します。

  3. Versa Director でインターフェイスを新規作成し、Google Cloud 接続の詳細を追加します。

ここでは、2番目と3番目の部分を順に説明します。

注意

Versa Secure SD-WAN の MVE では、すべてのクラウド接続に対して Versa Director と Megaport Portal の両方で構成のステップが必要です。

Megaport Portal での Google Cloud 接続の追加

Google Cloud Platform 接続を設定するには、Megaport Portal で接続を作成する必要があります。

Megaport Portal から GCP に VXC を構築するには

  1. Megaport Portalで、MVEの「+Connection(+接続)」をクリックしてVXCを作成します。
    接続の追加

  2. 「Cloud(クラウド)」タイルをクリックします。

  3. プロバイダーとして Google を選択します。
    プロバイダーとしての Google

  4. ペアリング キーを Google Cloud Console からコピーして、右側のパネルのフィールドに貼り付けます。
    関連するGoogleターゲットは、GCIパートナー接続のリージョンに基づいて表示されます。

  5. 接続のターゲットの場所を選択し、「Next(次へ)」をクリックします。
  6. 次の接続の詳細を提供します。

    • Connection Name (接続名) – これはフリー テキスト フィールドで、 この接続に簡単に識別できる名前を割り当てることができます。

    • Rate Limit (帯域制限) – Google ポート速度に選択したものと同じポート速度を入力します。

    注意

    パートナー マネージド アカウントは、サービスにパートナー ディールを適用することができます。詳細については、『Applying a Deal to a Service (サービスへのディールの適用)』を参照してください。

    • Preferred A-End VLAN (優先 A エンド VLAN) – MVE を介して受信するこの接続の VLAN です。これは、この MVE の一意の VLAN ID である必要があり、2 から 4093 の範囲で指定できます。すでに使用されている VLAN ID を指定すると、次に使用可能な VLAN 番号が表示されます。注文を続行するには、VLAN ID が一意である必要があります。値を指定しない場合は、Megaport が値を割り当てます。
  7. VXC を注文に追加し、チェックアウトプロセスを完了します。

  8. VXC を構築したら、Google Cloud Console のアタッチメントに戻り、それを受け入れます。
    BGPを設定するためにGoogleからプライベートIPアドレスが提供されます。
    VXC を設定した後、アタッチメントを事前にアクティブにするか、アクティブにマークしていることを確認してください。これを行わないと、SD-WAN インスタンスで BGP を設定することができません。

注意

Google AS 番号は常に 16550 になります。

Versa Director への Google Cloud 接続の追加

MVE から Google Cloud への接続を作成し、Google コンソールで接続を設定したら、Versa Director でそれを構成する必要があります。これには、BGPの設定、ASN、VLANの設定が含まれます。

Versa Director で Google Cloud 接続を追加するには

  1. Googleコンソールから接続情報を収集します。
    この接続用にGoogle Cloudで作成した接続の詳細を表示します。Peer ASN (ピア AS 番号)Cloud Router BGP IPBGP Peer IP (BGP ピア ID) の値をメモします。
    Google接続の詳細

  2. Megaport Portalから接続情報を収集します。
    MVEからのGoogle接続の歯車アイコンをクリックし、「Details(詳細)」をクリックします。 AエンドVLANの値に注意してください。
    次に、Versa MVE のインスタンスにサブインターフェイスを追加します。

  3. Versa Director にログインします。

  4. 上部メニューバーの「Workflows (ワークフロー)」タブを選択します。

  5. 左のメニュー バーで、「Template (テンプレート)」>「Templates (テンプレート)」を選択します。
    テンプレートの選択
  6. 編集したいテンプレートを選択し、「Interfaces (インターフェイス)」タブを選択します。
  7. 「WAN Interfaces (WAN インターフェイス)」の下で、「Add (追加)」アイコンをクリックして、サブインターフェイスを追加します。
    サブインターフェイスの追加
  8. 次の情報を提供します。
    • VLAN ID – Megaport Portal にあるこの Google 接続の A エンド VLAN の値を入力します。Portal で接続の「Details (詳細)」アイコンをクリックすると、この値が表示されます。
    • Network Name (ネットワーク名) – ドロップダウンから「+Create WAN Network (+ WAN ネットワークの作成)」を選択し、「Create WAN Network (WAN ネットワークの作成)」ウィンドウを開きます。意味のあるネットワーク名を指定し、「OK」をクリックして、作成した WAN ネットワークを選択します。(また、環境に応じて、既存のネットワーク名を選択することもできます。)
    • IPv4 – ドロップダウンから「Static (静的)」を選択し、このサブインターフェイスに静的 IP アドレスを割り当てます。
      「Interfaces (インターフェイス)」タブ
      これでインターフェイスが作成されました。次に、BGP セッションを作成する必要があります。
  9. 「Routing (ルーティング)」タブを選択し、BGP の構成情報を追加します。
  10. BGP セクションで、先ほど作成したネットワークを選択します。
  11. 接続に必要な以下の値を入力します。
    • Local AS (ローカル AS) – これは Google Cloud Console の VLAN アタッチメントの詳細にある Peer ASN (ピア AS 番号) の値です。
    • Neighbor IP (ネイバー IP) – これはローカル Google Cloud の IP アドレスです。この値は、Google Cloud Console の VLAN アタッチメントの詳細にあります。Cloud Router BGP IP フィールドに IP アドレスが表示されます。
    • Peer AS (ピア AS) – これは Google Cloud AS 番号の 16550 です。これは固定値で、Googleコンソールの接続詳細に表示されます。
    • オプションで、 (ネットワークに応じて) BFD を有効化します。
  12. 「Add (追加)」アイコンをクリックします。
    Director BGP の値
  13. Recreate (再作成)」 をクリックします。
    構成の違いを示す画面が表示されます。デフォルトでは、推奨された自動マージ版が選択されます。
  14. Deploy (構築)」をクリックします。

この時点で、デバイス グループに割り当てられたテンプレートが更新されます。次に、ルーティング情報を動的に生成するために、変数をパラメーター化します。

構成変数をパラメーター化するには

  1. 上部メニュー バーで「Configuration (構成)」タブを選択します。
  2. 水平メニュー バーで、「Templates (テンプレート)」>「Device Templates (デバイス テンプレート)」を選択します。
    デバイス テンプレート
  3. 変更したいテンプレートをクリックします。
    デフォルトでは、「Interfaces (インターフェイス)」列が表示されます。
  4. サイド ナビゲーションで「Virtual Routers (仮想ルーター)」を選択し、サブインターフェイス ネットワークのリンクをクリックして「Edit (編集)」ウィンドウを開きます。
    仮想ルーター
  5. サイド ナビゲーションで BGP を選択し、ネットワークのインスタンス ID をクリックします。
  6. 「Edit BGP Instance (BGP インスタンスの編集)」ウィンドウで、以下の各フィールドの横にある「Parameterize (パラメーター化)」アイコンをクリックします。ルーター ID、ローカル AS 番号、ピア AS 番号、パスワード。
    「Edit BGP Instance (BGP インスタンスの編集)」ウィンドウ
  7. OK」を 2 回クリックして更新します。

次に、デバイスを構成し、BGP セッションを作成する必要があります。

デバイスのパラメーター化された変数を更新するには

  1. 上部メニューバーの「Workflows (ワークフロー)」タブを選択します。
  2. 水平メニューバーで、「Devices (デバイス)」>「Devices (デバイス)」を選択します。
    Versa デバイス リスト
  3. 変更するデバイスをクリックします。
  4. 「Bind Data (データのバインド)」タブを選択します。
    パラメーター化されたすべての値がここに表示されます。
    「Bind Data (データのバインド)」タブ
  5. 変数には次の値を入力します。
    • Local AS number (ローカル AS 番号) – Megaport Portal の顧客 AS 番号です。
    • MD5 password (MD5 パスワード) – Megaport Portal の BGP 認証キーです。
    • BGP Peer AS (BGP ピア AS) – Google Cloud AS 番号の 16550 です。
    • BGP Router ID (BGP ルーター ID) – MVE の詳細にある顧客の IP アドレス (ローカル IP アドレス) です。
    • Next Hop Address (ネクスト ホップ アドレス) – Google Cloud Concole の VLAN アタッチメントの詳細にある Cloud Router BGP IP です。
    • Interfaces with Mask (マスク付きインターフェイス) – マスク値を含む、Megaport 側の接続インターフェイスの静的 IP アドレスです。
  6. Deploy (構築)」をクリックすると、デバイスの構成が新規作成されます。 デバイスの新規構成が正常に完了すると、Director ウィンドウの下部に緑色のチェックマークが表示されます。
  7. 画面右上のユーザー名の下にある「Commit Template (テンプレートのコミット)」をクリックすると、変更内容がデバイスにプッシュされます。
    テンプレートのコミット
  8. 次の値を入力します。
    • Organization (組織) – ドロップダウンから組織を選択します。
    • Select Template (テンプレートの選択) – テンプレートを選択すると、それに関連付けられたデバイスがテーブルに表示されます。
    • Differences (違い) – 「Differences (違い)」列の目のアイコンをクリックすると、デバイスに適用される構成が表示されます。
      「Commit (コミット)」ウィンドウ
  9. 構成内容に問題がなければ、「Commit to Device (デバイスにコミット)」をクリックします。
    プッシュが成功すると、画面右下に緑色のチェックマークが表示されます。これで、テンプレートの状態とアプライアンスの状態がデバイスと同期 (IN_SYNC) されました。
  10. ウィンドウを閉じます。

Google Cloud 接続の確認

Director の「Monitor (監視)」タブでは、接続状態を含むデバイスのステータスを確認することができます。

  1. 上部メニュー バーで「Monitor (監視)」タブを選択します。
  2. 水平メニュー バーで「Devices (デバイス)」を選択します。
  3. デバイスをクリックすると、ステータスやアクティビティが表示されます。
    監視するデバイスの選択
    「Summary (概要)」画面の「Interface (インターフェイス)」列で、サブインターフェイスと「Operational and Admin Status (運用と管理のステータス)」を確認できます。
     監視の詳細
  4. Google Cloud Platform に戻り更新すると、新規仮想インターフェイスが表示されます。

最終更新日: 2022-02-03