コンテンツにスキップ

システム タグを使用して Aruba と統合された MVE を作成する

このトピックでは、システム タグを使った Aruba EdgeConnect SD-WAN を使用して Megaport Virtual Edge (MVE) を作成および構成する方法について説明します。

システム タグ構成は、いくつかの必要な構成タスクを自動化することで、MVE の展開を簡素化します。このメソッドは、次のタスクを自動的に実行します。

  • ユーザーの介入なしで、Aruba Orchestrator が新しく検出された EC-V を承認および構成できるようにします。
  • Orchestrator をバージョン 9 以降にアップグレードします。
  • MVE を Cloud Portal および Orchestrator に登録します。
  • 適切なグループ メンバーシップとロールを MVE に割り当てます。
  • カスタム展開設定を使用して MVE 構成を適用します。
  • EdgeConnect (EC-V) を起動します。

注意

Orchestrator では、Megaport MVE は Aruba EdgeConnect (EC-V) と呼ばれます。このトピックでは、EC-V と MVE という用語を互換的に使用しています。

始める前に、Megaport Portal および Aruba へのアクセスを提供する注文権限を持つユーザー アカウントが必要です。

Megaportアカウントの設定については、アカウントの登録を参照してください。

Aruba と統合された MVE を手動で作成する方法の詳細については、「Aruba と統合された MVE の手動作成」をご覧ください。

ヒント

Aruba は、オーケストレーターやクラウド接続を含む SD-WAN プロダクトのドキュメンテーションをAruba (SilverPeak) ドキュメンテーション ライブラリで提供しています。

基本ステップ

システム タグを使用した基本的な構成手順は次のとおりです。

  • Aruba からライセンスを取得する。
  • Aruba Orchestrator で事前構成テンプレートを作成します。テンプレートには、システム タグが含まれています。
  • Megaport ポータルで Aruba MVE を作成し、システム タグを MVE に割り当てます。Orchestrator は、テンプレートで指定された展開パラメーターを使用して MVE を構成します。

次のセクションで詳細を説明します。

ライセンス

Megaport Portal で MVE を作成する前に、Aruba から有効な EdgeConnect SD-WAN ライセンスを購入する必要があります。すべてのライセンスは Aruba Cloud Portal で管理されます。

事前構成テンプレートの作成

Aruba Orchestrator システム タグは、MVE を Cloud Portal および Orchestrator に登録するために使用される固有の事前構成テンプレートを識別し、Orchestrator が新しく検出された MVE アプライアンスを自動的に受け入れて構成できるようにします。

テンプレートを事前設定するには

  1. Aruba Orchestrator にログインします。
  2. 「Configuration(構成)」 > 「Overlays & Security(オーバーレイ & セキュリティ)」 > 「Discovery(検出)」 > 「Preconfiguration(事前構成)」を選択します。
  3. 「New(新規)」をクリックします。

    MVE 事前設定

  4. テンプレートに名前を付けます。

  5. 発見時の自動承認を有効にします。
  6. MVE に関連付ける一意の識別子として使用するアプライアンス/システム タグ名を入力します。たとえば、「aruba-test-1」などです。後で Megaport Portal で使用するために、システム タグを書き留めます。Orchestrator は、検出中にこのタグを MVE と照合します。
  7. ページの右側にあるスクリプトの値を変更して、展開固有のパラメータを入力します。サンプル スクリプトは、これらの展開設定を自動的に適用します。
    • アプライアンスを指定された 9.x ソフトウェア バージョンにアップグレードします。
    • 適切な役割とグループ メンバーシップをアプライアンスに割り当てます。
    • アプライアンスをインライン ルーター モードに変換します。
    • LAN 側のプレースホルダー インターフェイスを作成します。
    • MVE サイジングに基づいて WAN 側の帯域幅計算を割り当てます。
    • WAN の公開インターフェイスでステートフル ソース NAT (SNAT) ファイアウォール設定を有効にします。
  8. 未使用のパラメータを削除します。
  9. Validate(検証)」をクリックして設定をテストします。
  10. Save(保存)」をクリックします。

テンプレートを保存したら、Megaport ポータルで MVE を作成する準備が整います。

Megaport Portal での MVE の作成

MVEを作成する前に、最適なロケーションを決定する必要があります。- MVE をサポートし、最も相性の良いメトロエリアにします。個々のMVEに複数のロケーションを接続することができます。ロケーションの詳細については、展開の計画を参照してください。

冗長性や容量の観点から、同じ都市圏に複数のMVEを配置することができます。

MVE を作成するには

  1. Megaport Portal で、「Services (サービス)」ページに移動します。
  2. Create MVE (MVE の作成)」 をクリックします。
    「Create MVE(MVE の作成)」ボタン

  3. MVEのロケーションを選択します。

    対象となるブランチやオンプレミスの拠点に地理的に近いロケーションを選びます。

    選択する国は、すでに登録済みのマーケットである必要があります。

    MVEを展開する場所に請求マーケットが登録されていない場合は、請求マーケットの有効化の手順に従ってください。

    リストでローカル マーケットを検索するには、国フィルターに国を入力するか、検索フィルターにメトロリージョンの詳細を入力します。

    MVE ロケーションの選択

  4. Next (次へ)」をクリックします。

  5. Aruba EC-V とソフトウェアのバージョンを選択します。

  6. MVE の詳細を指定します。
     MVE の詳細

    • MVE Name (MVE 名) – 特に複数の MVE をプロビジョニングする予定の場合は、簡単に識別できる MVE の名前を指定します。この名前はMegaport Portalに表示されます。

    • Size (サイズ) – ドロップダウン リストからサイズを選択します。リストには、選択した場所の CPU 容量に一致するすべてのサイズが表示されます。サイズはさまざまな数の同時接続をサポートします。 個々のパートナー製品のメトリックはわずかに異なります。サイズの詳細については、「構築の計画」を参照してください。

      注意

      パートナー マネージド アカウントは、サービスにパートナー ディールを適用することができます。詳細については、「取引をサービスに関連付ける」をご覧ください。

    • Minimum Term (最低利用期間) – 最低利用期間なしを選択して従量課金制にするか、12、24、36 か月の中から利用期間を選択します。期間が長くなると、月額料金が下がります。デフォルトでは、12 か月の期間が選択されています。

      注意

      パートナー アカウントおよびパートナー マネージド アカウントでは、MVE の契約期間を表示したり、変更したりすることはできません。

      契約期間の詳細については、「MVE の価格設定と契約期間」を参照してください。

    • Service Level Reference (サービス レベル参照) (オプション) – コスト センター番号や一意の顧客 ID など、請求目的で使用する MVE の識別番号を指定します。サービス レベル参照番号は、請求書の「Product (プロダクト)」セクションの各サービスに表示されます。また、既存のサービスのこのフィールドを編集することもできます。

      注意

      MVE に関連付けられた VXC は、MCR サービス レベル参照番号で自動更新されません。

    • Orchestrator Account Name (Orchestrator アカウント名) – Aruba Orchestrator のアカウント名を入力します。アカウント名を表示するには、オーケストレーターにログインして、「Orchestrator (オーケストレーター)」>「Licensing | Cloud Portal (ライセンス | Cloud Portal) の順に選択します。

    • Account Key (アカウント キー) – Aruba Orchestrator のアカウント キーを入力します。このキーはアカウント名にリンクしています。アカウント キーを表示するには、オーケストレーターにログインして、「Orchestrator (オーケストレーター)」>「Licensing | Cloud Portal (ライセンス | Cloud Portal) の順に選択します。オーケストレーターにキーが表示されない場合は、「Generate Account Key (アカウント名の生成)」をクリックします。
      アカウント名とアカウント キー

    • システム タグ – Orchestrator で事前構成テンプレートを作成したときに指定したアプライアンス/システム タグを入力します。

  7. Next (次へ)」をクリックして、「Summary (概要)」画面を表示します。

    月額料金は、ロケーションとサイズに基づいています。
    MVE の概要

  8. 設定内容と価格設定を確認し、「Add MVE(MVEを追加)」をクリックします。
    Create MVE(MVEの作成)」をクリックして、他のロケーションにMVEを追加します。

  9. Order (注文)」をクリックします。

  10. Order Services (注文サービス) 契約を確認し、「Order Now (今すぐ注文)」 をクリックします。

    • 注文する前に、「Save(保存)」をクリックし、設定済みの MVE を保存します。
    • Add Promo Code(プロモーションコードの追加)」をクリックしてプロモーションコードを入力し、「Add Code(コードの追加)」をクリックします。

MVE の注文は、アプライアンスのプロビジョニングと Megaport SDN からの IP アドレスの割り当てを行います。MVEのプロビジョニングは、わずか数分で完了します。プロビジョニング プロセスでは、システム タグを使用して MVE を検出および承認した後、MVE がスピンアップされます。

MVE の表示

Orchestrator および Megaport Portal で MVE を表示できます。

Orchestrator での表示

この MVE は Aruba Orchestrator で管理されるようになり、「Discovered Devices (検出済みデバイス)」のリストで表示できます。

オーケストレーターでMVEを表示するには

  1. 「Orchestrator(オーケストレーター)」にログインします。
  2. 「Orchestrator」 > 「Configuration(構成)」 > 「Deployment(展開)」を選択します。
  3. アプライアンスの横にある「Edit(編集)」アイコンをクリックします。

MVE 事前構成の展開

ネットワークに追加する際、テンプレートを複製して変更し、他の EC-V 展開で再利用して、各 EC-V に一意のシステム タグを割り当てることができます。

Megaport Portal での表示

MVEを作成した後は、Megaport Portalで確認することができます。

Megaport PortalでMVEを表示するには

  • 「Services(サービス)」ページに移動します。

MVE のプロビジョニングの一環として、Megaport はトランジット仮想クロスコネクト (VXC) を作成してインターネット接続を提供し、MVE が Aruba SD-WAN オーバーレイ ネットワークに登録して通信できるようにします。オーバーレイ ネットワークは Aruba が作成とメンテナンスを行い、ブランチ ロケーションからの安全なトンネルを提供します。トランジットVXCは、MVEの大きさに応じて固定されたサイズになっています。トランジットVXCの修正や削除はできません。画像のように、トランジットVXCアイコンは、Megaport Portalの標準VXCアイコンとは異なります。

MPポータルのMVEとトランジットVXC

MVEに割り当てられたパブリックIPアドレスを表示するには

  1. MegaportインターネットへのトランジットVXCの横にある歯車アイコンをクリックします。
    トランジット VXC の詳細
  2. パブリック IP アドレス (IPv4 または IPv6) を探します。MVEに割り当てられているパブリックIPアドレスです。

次のステップ

これで MVE が構築されました。次の手順は VXCを CSP、ローカルポート、またはサードパーティネットワークに追加することです。オプションで、プライベート VXC を通じて物理ポートを MVE に接続するか、Megaport Marketplace のサービスプロバイダーに接続できます。


最終更新日: 2022-10-21