AWSが提供するIPアドレスを使用したパブリックAWS接続の設定

AWSのパブリック仮想インターフェイスを作成するには、パブリックピアのIPアドレスを指定する必要があります。

パブリックIPアドレスがない場合は、AWSにリクエストする必要があります。リクエストにはAWS Direct Connectチームからの承認が必要であり、AWSがリクエストを確認して承認するまでに最大72時間かかる場合があります。

注意

プライベートVIF/VXCはAWSの認証を必要とせず、数分以内に利用できます。

パブリックアドレスの場合、AWS Direct Connectチームは、パブリックIPプレフィックスまたはパブリックASNを承認する前に、パブリックIPプレフィックスとBGP ASNの所有権を確認する必要があります。AWS Direct Connectチームは、地域レジストリがAWSアカウントにリストされている組織名に属していることを確認することで、所有権を確認します。

注意

AWSの承認は、Megaportが管理および提供するサービスの範囲外となっています。Megaportで実装は容易になりますが、MegaportはAWSのタイムラインまたはサポートを保証することはできません。

AWSのIPアドレスを使用してパブリックAWS接続を設定するには

  1. Megaport Portalで、パブリックAWS接続(ホスト型VIFまたはホスト型接続)を作成し、「Amazon IP Address」フィールドでプレースホルダIPアドレスを使用します。

    このVXCにより、AWSが接続するAWS Direct Connect回線を識別できます。

  2. AWSにパブリックIP /31をリクエストして、ピアリングを確立します。

    AWSポータルでチケットを開き、VXCの/31アドレスをリクエストします(「Support(サポート)>Support Center(サポートセンター)>Create Case(ケースを作成)」)。

    次の詳細を指定します。

    • megaport @ facility xxx onrampと接続タイプ(ホスト型VIFまたはホスト型接続)。
    • IPのリージョンとデータセンター。
    • アカウント番号やポート識別子など、このリクエストのMegaportの詳細を共有しないでください。

    例:

    megaport @ facility ap-southeast-2 onramp (Hosted VIF)
    Region:Asia Pacific (Sydney) (ap-southeast-2) Sydney, Australia
    DC where we will connect:Global Switch
    We will require IP addresses assigned from AWS for this (IPv4 /31).
    
  3. AWSが/31 IPアドレスを発行したら、VXCに関連付けられているVIF(プレースホルダー値を含む)を削除し、AWSの/31 IPアドレスを使用して新しいVIFを作成します。

    ホスト型VIFの場合は、Megaport Portalにアクセスして、VXCのAmazon IP AddressフィールドのIPアドレスを更新します。Megaportは、古いVIFを自動的に削除し、更新されたアドレスで新しいVIFを作成します。

    ホスト型接続の場合は、AWSポータルに移動し、プレースホルダー値を使用してVIFを削除し、新しいIPアドレスを使用して新しいVIFを作成します。Megaport PortalでVXCを変更する必要はありません。

詳細情報


最後の更新: