コンテンツにスキップ

VMware SD-WAN を使用した汎用エンドポイントへの MVE 接続の作成

このトピックでは、Megaport VXC接続をMegaport Portalで設定・展開し、VMware SD-WANでMVEと統合するための一般的な手順を説明します。VXCは、クラウドサービスプロバイダー、ポート、MCRに接続できます。

ステップ 1 – MVE の作成

  • Megaport PortalでMVEを作成します。
    詳細については、MVEの作成を参照してください。 MVEがアクティブな状態になっている必要があります。

ステップ 2 – MVE からの VXC の作成

  1. Megaport Portal で、ステップ 1 で作成した MVE を選択します。
  2. 他のMVE、ポート、クラウドサービスプロバイダーへのVXCを作成します。
    詳細については、VXCの作成を参照してください。 接続の両サイドがアクティブで、BGPが設定されていることを確認します。
  3. 接続の詳細では、AエンドのVLANに注意してください。

ステップ 3 – 接続について次の値を収集します。

  • MVE IP アドレス
  • MVE VLAN (Aエンド)
  • MVE ASN
  • クラウド/BエンドのIPアドレス
  • BエンドのAS番号
  • MD5パスワード

ステップ 4 – オーケストレーターでサブインターフェイスを作成します。

  1. オーケストレーターで、「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」に移動し、「MVE」をクリックします。
  2. 「Device(デバイス)」タブをクリックし、「Interface Settings(インターフェイス設定)」まで下にスクロールします。
  3. +Add Subinterface(サブインターフェイスの追加)」をクリックします。
  4. Select Interface(インターフェイスの選択)」メニューから「GE3」を選択し、「Subinterface ID(サブインターフェイスID)」に、Megaport Portalで接続用に設定したAエンドVLAN IDを入力します。
  5. Addressing Type(アドレッシングタイプ)をStatic(静的)に変更し、IP Address(IPアドレス)(MVE)、CIDR value(CIDR値)(MVE)、Gateway(ゲートウェイ)(クラウド/BエンドのIPアドレス)を指定します。
  6. Enable VLAN Tagging(VLANタグの有効化)」が有効になっていることを確認してください。
  7. Update GE3:(GE3の更新)」のvlan-idをクリックします。
  8. 「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」ウィンドウの右上にある「Save Changes(変更の保存)」クリックして、確認します。
  9. 「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」に移動し、MVEデバイスをクリックします。
  10. 「Device(デバイス)」タブをクリックし、「Configure Segments(セグメントの設定)」セクションで、「BGP Settings(BGP設定)」の「Enable Edge Override(エッジオーバーライドを有効)」をクリックします。
  11. トグルボタンをクリックしてBGPをオンにし、「Edit(編集)」をクリックします。
    「BGP Editor(BGPエディター)」が表示されます。
  12. Local ASN(ローカルAS番号)に、接続のMVE側のAS番号を追加します。
  13. Neighbor IP(ネイバーIP)には、接続のBエンドのIPアドレスを追加します。
  14. BエンドのASNをネイバーのASN(AS番号)フィールドに追加します。
  15. すべての「Additional Options(追加オプション)」を表示し、MD5 Auth(MD5認証)を有効にして、MD5 Password(MD5パスワード)BGP認証キー)を入力します。
    BGP 設定
  16. OKをクリックして、「Save Changes(変更の保存)」をクリックします。

ステップ 5 – 接続の確認

「Test &Troubleshoot(テストとトラブルシューティング)」 > 「Remote Diagnostics(リモート診断)」で、MVEを選択し、「Troubleshoot BGP(BGPのトラブルシューティング) - Show BGP Summary(BGPの概要の表示)」の「Run(実行)」をクリックしてBGP セッションを確認し、リモートルーターが起動していることを確認します。

また、エッジデバイスのCLIから接続性やBGPの状態を確認することもできます。詳細については、VMware MVEの接続設定の確認を参照してください。


最終更新日: 2022-02-03