コンテンツにスキップ

既存の LAG へのポートの追加

最もシンプルな LAG 構成は、単一ポート LAG です。これは、単一チャネルで LACP を実行するように Megaport 側のデバイスを設定します。ただし、この構成では可用性は向上しません。ポートの容量またはトラフィック ステータスに可用性が必要な場合は、ポートを LAG に追加できます。たとえば、トラフィックが開発から本番に移行する場合、追加のポートが必要になる場合があります。

1 つ以上のポートをライブ LAG に追加すると、LAG 内の他のポートと同じロケーション、速度、および Marketplace の可視性が自動的に割り当てられます。冗長性のある LAG に追加するポートはすべて、LAG の冗長化ゾーンを継承します。

既存の LAG にポートを追加するには

  1. Megaport Portal にログインし、[Services(サービス)] を選択します。

  2. LAG の一部であるポートを選択し、[+Ports(+ポート)] をクリックします。
    LAG へのポートの追加

  3. ドロップダウン リストから、LAG に追加するポートの数を選択します。
    LAG のポートの最大数は 8 です。
  4. 新しいポートに次の詳細を指定します。

    • Port Name (ポート名) – ポートを簡単に識別できる名前を指定します。
    • Minimum Term (最低利用期間) – 1 か月、12 か月、または 36 か月を指定します。期間が長くなると、月額料金が下がります。デフォルトでは、月ごとのローリング期間が選択されています。

      注意

      パートナー マネージド アカウントは、LAG にパートナー ディールを適用することができます。詳細については、『Applying a Deal to a Service (サービスへのディールの適用)』を参照してください。

      注意

      パートナーおよびパートナーが管理するアカウントでは、ポートの契約期間を表示したり、変更したりすることはできません。

    • Service Level Reference (サービス レベル参照) (オプション) – コスト センター番号や一意の顧客 ID など、請求目的で使用するポートの識別番号を指定します。サービス レベル参照番号は、請求書の「Product (プロダクト)」セクションの各サービスに表示されます。また、既存のサービスのこのフィールドを編集することもできます。

    • Port Diversity (ポートの冗長化) – 現在のロケーションが冗長化をサポートしている場合、このセクションで新規ポートが LAG の冗長化ゾーンに追加されることがわかります。ポートの冗長化の詳細については、 Port Diversity(ポートの冗長化) を参照してください。
    • LACP & LAG Ports (LACP & LAG ポート) – ドロップダウン リストから LAG に追加するポートの数を指定します。
      新規ポートの詳細
    • [Next(次へ)] をクリックします。
      価格は、選択に基づいて動的に更新されます。
    • 注文プロセスを完了します。
      詳細については、 ポートの作成 の手順 5 から 10 に従ってください。

最終更新日: 2022-02-03