MCR 2.0 の機能

Megaport Cloud Router(MCR)は、複雑なネットワーク プロトコルを理解していなくても、IP ルーティング用に簡単に構成できます。このトピックでは、MCR の機能をデフォルト設定を超えて拡張する MCR の高度な VLAN およびルーティング機能について説明します。

MCR Looking Glass

MCR Looking Glass は、トラフィック ルーティングを単一画面で表示します。この可視性は、MCR のプロトコルとルーティング テーブルのステータスを表示することにより、接続のトラブルシューティングに役立ちます。

詳細については、 MCR Looking Glass を介したトラフィック ルーティングの表示 を参照してください。

VLAN

Q-in-Q 接続オプションでは、単一の VLAN(Q-in-Q 以外、802.1Q とも呼ばれます)または スタック VLAN(Q-in-Q、802.1ad とも呼ばれます)を VXC を介して伝送することができます。ほとんどの場合、宛先物理ポートで公開されている単一の VLAN をトランク ポート インスタンスとして使用することで、ポートに 構成されている MCR 以外の宛先への複数の VXC を含むことができます。

特定のユースケースでは、Q-in-Q を使用してポートに公開された複数の内部 VLAN が必要になる場合があります。

Q-in-Q の詳細については、 Q-in-Q の構成 を参照してください。

IP アドレスの割り当て

顧客は自分の IP アドレスを使用できます。MCR を注文すると、Megaport は /29 までは無料です。IP アドレスは、特定の CSP 要件に基づいて、必要に応じて提供されます。

Azure ExpressRoute のプライマリ IP アドレスとセカンダリ IP アドレスの場合、Megaport はそれぞれに /30 または 4 アドレスを提供します。

セキュリティ

2 つの eBGP ネイバー間のメッセージ ダイジェスト 5(MD5)認証を有効にして、 MCR は、ネイバー間の接続で送信された各セグメントを検証します。

ルーティング機能

MCR は、最大 10,000 ルートまで、静的ルートと動的ルートの両方を管理します。これらのルーティング オプションは、Q-in-Q 対応接続の各サブ VLAN(C-Tag)の個別の構成で使用できます。

動的ルーティング

動的ルーティングは、ルートテーブルの更新を MCR から VXC を介して宛先ポートに伝播します。MCR は、Border Gateway Protocol(BGP)を利用して、ピア間でルーティング情報を交換することにより、柔軟なルーティングを提供します。

MCR 2.0 は、次の BGP ルーティング機能をサポートしています。

双方向フォワーディング検出(BFD)

BFD プロトコルは、直接接続された BGP ピア間のパス障害を検出し、BGP ルーティングの再コンバージェンス時間を短縮します。VXC 接続で BFD を有効にすると、リモートピアで BFD をサポートするサービスに接続するときに、リンク障害の検出とフェイルオーバーが高速になります。BFD を有効にすると、BFD からの通知後、BGP ピア関係をすぐに破棄して、別の BGP ピアにフェイルオーバーできます。BFD は VXC 接続で有効になります。

BGP BFD 設定の詳細については、 BFD プロトコルの構成 を参照してください。

Multiple Exit Discriminator(MED)

Multiple Exit Discriminator(MED)は、BGP パス属性で、 アドバタイズする AS が候補ルートと同じであり、その AS に複数のエントリポイントがある場合、BGP ピアに優先ルートを選択するよう影響を与えることができます。高いメトリックよりも低い MED メトリックが優先されます。MED は VXC 接続で有効になります。

MED 設定の詳細については、 優先ルートの構成 を参照してください。

BGP 切り替えをオン/オフ

BGP シャットダウンは、BGP 接続を削除せずに管理上シャットダウンする簡単な方法を提供します。この機能は、新しいルートを設定したり、メンテナンスを実行したりするときに役立ちます。

BGP シャットダウン設定の詳細については、 BGP 接続のシャットダウン を参照してください。

静的ルーティング

BGP がない場合、MCR は静的ルーティングを使用して、単一のルートにアクセスする手動で構成されたルートに直接接続します。顧客のデバイスが BGP をサポートしていない場合、またはターゲット デバイスで手動で構成された IP アドレスとルートが必要な場合は、通常、BGP の代わりに静的ルーティングが使用されます。

静的ルーティングの詳細については、 静的ルートの構成 を参照してください。

自律システム番号のサポート

自律システム(AS)は、単一のネットワーク、またはネットワークとルーターのセットで、 事業部などの単一の管理機関に代わって、共通のネットワーク管理者(または管理者グループ)により 管理・監視されます。AS には、ネットワークを世界で識別させる グローバルに一意の番号が割り当てられます。MCR は、2 バイトと 4 バイトの両方の自律システム番号(ASN)をサポートします。

ASN サポートには、ピアごとのローカル ASN が含まれます。

MCR がルート アドバタイズメントに ASN を使用する方法の詳細については、 MCR プライベート クラウド ピアリング を参照してください。

NAT IP アドレス

ネットワーク アドレス変換(NAT)は、通常、パブリックおよびプライベート NAT または顧客間分離に使用されます。静的または動的ルーティング用に NAT を構成できます。

詳細については、 VXC の作成および MCR による NAT の実行方法 を参照してください。


最後の更新: