AWSホスト型接続の設定と管理

ホスト型接続は、事前にプロビジョニングされたネットワーク回線を利用して、オンデマンドで接続を提供するAWS Direct Connectサービスです。500 Mbps以下の容量のホスト型接続では、1つのプライベートまたはパブリックVIFをサポートできます。1 Gbps以上の容量を持つホスト型接続では、1つのプライベート、パブリック、またはトランジットVIFをサポートできます。

各ホスト型接続は単一のVIFをサポートしており、複数のホスト型接続を構成することで 複数のVIFを取得できます。

ホスト型接続

ビデオを再生   ホスト型接続についての10分間のビデオをご覧ください。

多様な接続

ホスト型接続は、多様な接続をサポートします。多様な接続では、 異なる物理インフラストラクチャを使用して冗長性を構築し、 単一障害点を排除することで、ネットワークの堅牢性を 向上させます。異なる多様性ゾーンのAWSポートに接続することで、 多様性を実現できます。各宛先ポートには、多様性ゾーンを示すオレンジ色 または青色のアイコンがあります。

多様性ゾーン

多様な接続を作成するには、各多様性ゾーンに1つずつの、 2つの接続を作成する必要があります。

開始する前に

AWSホスト型接続を構築するには、AWSアカウント番号 とVPC環境の詳細が必要です。Direct Connectゲートウェイ、AWSゲートウェイ、VPC、関連するアタッチメントやアソシエーションがすでに設定されていることを確認してください。AWSのドキュメントには、VPC設定の詳細な手順と、各タイプのゲートウェイを作成および構築する方法が記載されています。

ホスト型接続の作成

仮想インターフェイスと関連するレイヤー3の詳細が自動的にプロビジョニングされるホスト型VIFの設定とは異なり、ホスト型接続を設定する場合は、仮想インターフェイスをプロビジョニングする必要があります。

ホスト型接続を作成するには

  1. Megaport Portalで、 「Services(サービス)」ページに移動し、使用するポートを選択します。
    ポートをまだ作成していない場合は、ポートの作成を参照してください。
  2. ポートのAWS接続を追加します。
    これがポートへの最初の接続である場合は、AWSタイルをクリックします。 タイルは、設定ページへのショートカットです。または、 「+Connection(+接続)」、「Cloud(クラウド)」、「AWS」の順にクリックします。 AWS接続の追加

  3. 「AWS Connection Type(AWS接続タイプ)」には、「Hosted Connection(ホスト型接続)」をクリックします。
    ホスト型接続

  4. Select Destination Port(宛先ポートを選択)」リストで接続先のAWSリージョンと 相互接続ポイントを選択し、「Next(次へ)」をクリックします。
    各宛先ポートでは、青色または橙色のアイコンにより、 その多様性ゾーンを示します。多様性を実現するには、 2つの接続をそれぞれ異なるゾーンで作成する必要があります。
    国フィルターを使用して選択を絞り込み、 多様性ゾーンごとにフィルター処理できます。
    AWS接続の追加

  5. 次の接続の詳細を指定します。

    • Name your connection(接続に名前を付ける) –Megaport Portalに表示される VXCの名前です。

    • Invoice Reference(請求書参照) –これはオプションのフィールドです。PO 番号や請求参照番号などの 任意のテキストにできます。

    • Rate Limit(レート制限) –これは、接続の速度をMbpsで表したものです。構築後は 速度を変更できません。ドロップダウンリストには、 ポートで使用可能な事前定義のレート制限(最大10Gbps)が表示されます。 (注:トランジットゲートウェイは、1Gbps以上の速度でのみ 使用できます)。

    • Preferred A-End VLAN(優先AエンドVLAN) –オプションで、この接続に未使用のVLAN IDを 指定します。これは、このポートで一意の VLAN ID である必要があり、 2から4093の範囲になります。すでに使用されているVLAN IDを指定すると、次に使用可能なVLAN番号が表示されます。注文を続行するには、VLAN ID が一意である必要があります。値を指定しない場合は、Megaportが値を割り当てます。

    または、「Untag(タグ解除)」をクリックして、 この接続のVLANタギングを削除することもできます。タグ解除オプションでは、 このポートに構築されるVXCは1つに制限されます。(AWS側の終端のVLANは自動的に割り当てられ、ポートの詳細には影響しません)
    ホスト型接続の追加

  6. Next(次へ)」をクリックします。

  7. クラウドの詳細を指定します。

    • AWS Connection Name(AWS接続名) –これはテキストフィールドであり、 AWSコンソールに表示される仮想インターフェイスの名前になります。マッピングを 容易にするために、前の画面でVXC名に指定した 名前がデフォルトで表示されます。

    • AWS Account ID(AWSアカウントID) –これは、接続するアカウントの IDです。この値は、AWSコンソールの管理セクションに あります。

    ホスト型接続の追加

  8. Next(次へ)」をクリックします。
    月額料金を含む概要ページが表示されます。

  9. Back(戻る)」をクリックして変更を加えるか、「Add VXC(VXCを追加)」をクリックして この設定をカートに移動します。
    この設定が完了したら、 追加のVXCを設定するか、 支払いプロセスに進みます。

  10. Order(注文)」をクリックして、VXCを構築するための注文プロセスを 完了します。
    Megaportは接続を構築します。構築に数分かかる 場合があります。

ホスト型接続を作成した後、AWSコンソールで承認して 有効化する必要があります。

ホスト型接続を承認するには

  1. AWSで、「Services(サービス)」>「AWS Direct Connect」>「Connections(接続)」と進み、 接続名をクリックします。
    AWS接続

  2. ウィンドウの右上にある「Accept(承認)」をクリックします。
    AWS接続を承認する

    AWSが接続を構築している間、状態は数分間保留に なります。構築後、ステータスは「ordering(注文中)」から 「available(利用可能)」に変わります。
    AWS接続ステータス

これで接続は可能になりましたが、AWSサービスに接続するにはVIFを作成する必要があります。

注意

AWS接続の承認の詳細については、 AWSドキュメントをご覧ください。

仮想インターフェイスの作成

ホスト型接続を作成および承認したら、VIFを作成し、ホスト型接続をゲートウェイに接続します。

注意

AWSから、 パブリック、プライベート、トランジットのインターフェイスを作成するための詳細な手順が提供されています。

VIFを作成および接続するには

  1. AWSコンソールで、「Create Virtual Interface(仮想インターフェイスを作成)」をクリックします。
    AWS仮想インターフェイス

  2. インターフェイスタイプを選択します。

    タイプは、アクセスが必要なサービスの種類によって異なります。

    • Private(プライベート) –プライベートIPアドレスを使用してVPCで実行されているリソースにアクセスします。プライベート仮想ゲートウェイ上のプライベート仮想インターフェイスを終了させる(1つのVPCにアクセスするため)か、Direct Connectゲートウェイ(1つのVIFから10個のVPCにマッピングされる)を選択できます。
    • Public(パブリック) –すべてのAWSパブリックエンドポイント、およびパブリックIPアドレスで到達可能なすべてのAWSリソースにアクセスできます。
    • Transit(トランジット) –Direct Connectゲートウェイから1つ以上のトランジットゲートウェイにトラフィックを転送します。トランジット仮想インターフェイスは、少なくとも1 Gbpsの容量を持つホスト型接続でのみ使用できます。VIFに「Transit(トランジット)」を選択すると、低速の接続は除外され、インターフェイスに表示されなくなります。
      AWSインターフェイスタイプ
  3. 設定の詳細を指定します。

    • Virtual interface name(仮想インターフェイス名) –仮想インターフェイスの名前を入力します。
    • Connection(接続) –この仮想インターフェイスをプロビジョニングする物理接続です。ここには、Megaport Portalでホスト型接続に指定した名前が表示されます。
    • Virtual interface owner(仮想インターフェイスの所有者) –仮想インターフェイスを所有するアカウントです。「My AWS account(My AWSアカウント)」を選択します。
    • Direct Connect gateway(Direct Connectゲートウェイ) –この仮想インターフェイスを接続するDirect Connectゲートウェイを選択します。トランジットVIFは、トランジットゲートウェイに直接接続されているのではなく、Direct Connectゲートウェイに接続されています。
    • VLAN –仮想インターフェイスに割り当てられたVLANです。この値はそのままにしておきます。VLANアドレスが表示され、編集可能であるように見えますが、変更しようとするとエラーが発生します。VLANは、オンプレミスからAWSに拡張することはできず、異なる仮想インターフェイス間のトラフィック分離にのみ使用されます。
    • BGP ASN – BGPセッションのオンプレミス側のボーダーゲートウェイプロトコル(BGP)自律システム番号(ASN)を入力します。

    次のBGPの詳細は、入力するか、空白のままにできます。空白のままにすると、AWSによって自動入力されます。
    AWS BGPの詳細

    注意

    この接続をMCRで使用している場合は、 ルーターのピアIPアドレスとBGP認証キーを 入力する必要があります。(フィールドはオプションなので、最初の作成時は空白のままにしておいて、 後で値を追加することもできます)また、 標準のMCR Aエンドユーザーインターフェイスのポータルで、 MCR VXCと同じ値を入力する必要があります。これらの値がないと、 BGPピアリングを確立できません。詳細については、 AWSへのMCR接続の作成 を参照してください。

    仮想インターフェイスでジャンボフレームをサポートするかどうかを選択することもできます。ジャンボMTUを有効にすると、8500バイトのイーサネットパケットをサポートします。

  4. Create virtual interface(仮想インターフェイスを作成)」をクリックします。

    VIFの詳細とステータスを表示するには、「Services(サービス)」>「AWS Direct Connect」>「Connections(接続)」>「Megaport-Created-Hosted Connection(Megaportが作成したホスト型接続)」の名前に移動します。
    VIFの詳細

    BGPが設定されていない場合、インターフェイスの状態は「ダウン」として表示されます。

最後のステップは、オンプレミスネットワークデバイスでBGPを設定することです。AWSドキュメントでは、ホスト型接続独自の機能として、ルーターの設定をダウンロードする方法の詳細が紹介されています。オンプレミスデバイスの代わりにMegaport Cloud Router(MCR)を使用している場合は、AWSへのMCR接続の作成を参照してください。

注意

ルーター設定ファイルをダウンロードする場合は、AWSとMegaport VXC VLAN番号が一致していることを確認してください。Megaportでは、AWSと同じVLAN番号を使用するケースがほとんどですが、プラットフォームの自動化により、オンプレミスデバイスに接続されているポート設定ではVLANが異なる場合があります。

接続を承認してAWSでVIFを作成すると、Megaport PortalでVXCの状態が「configured(設定済み)」に変わります。

ホスト型接続を編集するには

  • Megaport Portalの接続の横にある歯車のアイコンをクリックして、 変更します。
    ホスト型接続の編集

    ホスト型接続のレート制限、AWS接続名、 アカウントIDを変更することはできません。 接続名、VLAN ID、請求書参照など、 Megaport側の詳細は変更できます。送信されると、 これらの変更は数分で有効になります。

ホスト型接続を削除するには

  1. AWSで、AWS Direct Connectコンソールを開きます。
  2. 仮想インターフェイスを削除してから、接続を削除します。
    仮想インターフェイスが接続されていない場合にのみ、 接続を削除できます。
  3. Megaport Portalで、VXCの横にあるゴミ箱アイコンをクリックし、 プロンプトが表示されたら削除を確定します。
    削除アイコン

    AWSコンソールで仮想インターフェイスと接続を削除するまでは、 Megaport PortalでVXCを削除することはできません。


最後の更新: