コンテンツにスキップ

ポート アクティベーションのトラブルシューティング

データ センターが Megaport 責任分界点への構内配線を完了した後に、ポートが立ち上がらない場合があります。最も一般的な原因はファイバーの極性が入れ替わっていることですが、追加のチェックを実施して確認することができます。

ヒント

Megaport Portal からポートのステータスを確認することができます。ポータルの「Services (サービス)」ページでポートを探し、そのアイコンにマウスオーバーします。メッセージにサービスのステータスが表示されます。(アイコンの色もサービスのステータスを表しています。)

トラブルシューティング

アクション ステップ
データ センターに LOA を提出する ポートを注文すると、LOA (Letter Of Authorization: 授権書) が自動的に生成され、Megaport Portal でダウンロードできるようになります。この PDF ドキュメントには、Megaport 側のパッチの詳細が記載されており、データ センターとの構内配線を配置する際に必要となります。新規ポートは、データ センター事業者がお客様のネットワーク デバイスからポートへの物理的な構内配線を確立するまでアクティブになりません。
デバイスの Tx および Rx 光量を確認する 送信 (Tx) および受信 (Rx) の光量を確認します。相手側 (Megaport) のデバイスから信号を受信しない場合は、極性が逆になっている可能性があります。Megaport 側から光が届かない場合は、ファイバーの極性を確認します (次のステップ)。
データ センターとの物理的な接続を確認する 新規サービスの場合
  1. 接続の片側で、クロスコネクトの Tx ケーブルと Rx ケーブルを交換します。交換後、デバイスの Tx と Rx の光量の測定値を確認します。
  2. SFP (small form pluggable) のモデルは、Megaport 技術仕様のインターフェイス速度とその詳細に合わせる必要があります。必要に応じて、SFP デバイスを取り付け直すか交換します。
  3. 構内配線に障害がないことを確認します。
  4. 構内配線が終端する Megaport 責任分界点に、Megaport のラックに向けてループバックを設置します。
  5. Megaport に連絡する際は、ケーブル ID とデータ センターからの完了通知を提出します。
    注意:ポートが Megaport Portal に表示されている場合は、通常、Megaport 側の接続が正しく機能していることを示しています
  6. Megaport に連絡する際は、ケーブル ID とデータ センターからの完了通知を提出します。
既存サービスの場合
  1. お客様側の責任分界点の外側に十分な光が送られていることを確認します。
  2. 必要に応じて、SFP を交換します。
  3. 構内配線を清掃し、損傷がないか確認します。
  4. Megaport に連絡する際は、データ センターのチケット番号を提出します。
ネットワーク インターフェイスのオートネゴシエーションを確認する オートネゴシエーションとは、ネットワーク インターフェイスが他のネットワークインターフェイスとの間で、自身の接続パラメーター (速度とデュプレックス) を自動的に調整する機能のことです。通常、マネジメント ポートを構成する際は、オートネゴシエーションが望ましい設定です。しかし、ネゴシエーションに失敗すると、ネットワーク インターフェイスの設定が不一致となり、ネットワークのパフォーマンスに重大な影響を与えます。
  1. 正しいトランシーバー タイプが使用されていることを確認します。
  2. ネゴシエーションの設定が Megaport と一致していることを確認します。
    Megaport にはデフォルトで「Negotiation Auto」が設定されています。
  3. オートネゴシエーションに対応していないデバイスの場合は、Megaport サポートにお問い合わせください。
ヒント
  • ネゴシエーションの問題は、通常、接続がアップしており、両方向で光が検出されているが、どちらかの端でポートのステータスがダウンしている場合に発生します。この問題は、1 Gbps ポートでよく発生します。
  • トランシーバーの速度は両端で一致している必要があります。例えば、Megaport Portal で 1 Gbps ポートを注文した場合、デバイスも 1 Gbps に設定する必要があります。

次のステップ

トラブルシューティングを行っても問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。サポートを依頼する前に、以下の情報を収集してください。

  • トラブルシューティングの結果 – 実施したすべてのトラブルシューティングの手順に関する詳細を提出してください。例えば、ループが設置されている場合は、その位置と向きを記録します。
  • Service ID (サービス ID) – Megaport サービス ID は、Megaport Portal の「Services (サービス)」ページで各サービスの横に表示されている一意の 8 桁の英数字です。
  • データ センターの構内配線完了通知 – 構内配線の設置が完了すると、データ センターから完了通知が届きます。この通知には、データ センターの構内配線注文番号が記載されており、Megaport はこの番号をデータ センターの技術者に伝える必要があります。
  • データ センターの構内配線注文番号 (データ センターのチケット番号) – データ センターで直接開いた既存のチケット参照番号があれば提出します。
  • データ センターのチケット参照とケーブル ID – Megaport がデータ センターでチケットを開く必要がある場合、Megaport は当該構内配線と実施したトラブルシューティングを特定するための具体的な情報を必要とします。Megaport に連絡する前に、次を確認してください。

    • 構内配線注文参照番号、トラブルシューティングのチケット番号、ケーブル ID を収集する
    • デバイスから Megaport 責任分界点への接続が正しいかどうかを確認する
    • この接続に通信事業者を利用しているかどうかを確認する

    ヒント

    ケーブル ID は、データ センターが各構内配線に割り当てるもので、通常、構内配線ケーブルに取り付けるタグや小さなカードに記載されています。また、データ センターは、構内配線の完了時に注文者に ID を提供します。


最終更新日: 2022-02-03