Megaport ソリューションで MPLS ネットワークを最新化する

Megaport は、サービスを置き換えたり、従来の MPLS プロバイダーへの依存を減らしたりできるエンタープライズ WAN 接続のモデルを実現します。このトピックでは、MPLS ネットワークを最新化するためのオプションと考慮事項について説明します。

現在、Megaport で MPLS ネットワークのすべてのコンポーネントを置き換えることはできませんが、Megaport は主要な部分を置き換えることができるため、コスト、柔軟性、構築の速度、およびスケーラビリティという大きな利点を提供します。適切な計画を立てれば、Megaport/MPLS ハイブリッドソリューションを設計し、Megaport プロダクトスイートの進化に合わせて MPLS コンポーネントを段階的に廃止することができます。

Megaport 利点

MPLS の代わりに Megaport ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)を使用する利点は次のとおりです。

  • 最適な価格設定のための柔軟性。 Megaport は、ほとんどの市場で MPLS と比較して非常に費用効果の高いソリューションを提供します。サービスの追加や削除、接続の帯域幅の調整は、随時行えます。これにより、常に適切な価格を確保し、ビジネスの成長に合わせて簡単に拡張でき、必要な分だけ支払うことができます。柔軟性を最大限に活用するために、必要に応じて接続速度を調整するツールを実装し、弾力性のある Megaport ネットワークの利点を最大限に活かすことができます。

  • 長期契約なし。 Megaport 接続に長期契約は必要ないため、一度に何年ものトラフィックプロファイルを予測したり、特定のトポロジのコミットメントに縛られたりする必要はありません。

  • 構築の速度。Megaport Portal または API を介して、数分以内に接続を追加したり、削除したりできます。

  • 一貫したレイテンシ。直接レイヤー 2 接続は、一貫したレイテンシを提供し、多くの場合、ロケーション間のレイテンシを低減して、全体的なパフォーマンスを向上させ、スループットを向上させます。

  • リスクなし。Megaport を使用すると、今後数年間のトラフィックプロファイルの見積もりに対する契約や長期的なコミットメントがなく、ネットワークを慎重に管理し、ビジネスニーズの変化に応じて調整を行うことができます。長期的なコミットメントや価格に縛られることはありません。

  • 信頼性。各 Megaport データセンターには、Megaport グローバルバックボーンネットワークへの 2 つ以上の異なるファイバー接続があり、各 VXC はデータセンターで利用可能なすべてのファイバーパスによって保護されています。各接続は自動的に次の接続にフェイルオーバーします。

考慮事項

MPLS ネットワークを使用した Megaport ソリューションを検討する際にはいくつかの考慮事項があります。

  • 複数のプロバイダーとデータセンター事業者への対応。MPLS では、多くの場合、単一のネットワークプロバイダーと契約を結びます。ただし、オールオアナッシングの MPLS 関係には、ハードウェアベースの固定設定を持つ単一のネットワークに限定される実際の制限があり、拡張オプションが減少します。プロバイダーの切り替えは簡単な作業ではなく、Megaport を追加すると新規顧客とプロバイダーの関係が導入されますが、動的接続を使用した大規模な相互接続に対する Megaport のクラウドサービスプロバイダー(CSP)に依存しないアプローチの利点が得られます。

  • Megaport を MPLS 回線に接続するのが困難。ポートからキャリア MPLS インターフェイスへの接続を終了するのが困難な場合があります。ルーターを制御する MPLS プロバイダーが、ルーターに Megaport の詳細を追加したり、Megaport トラフィックへのアクセスを許可したりすることに抵抗することがよくあります。MPLS プロバイダーが Megaport と協力するかどうかは、設計段階で考慮する必要があります。

  • ラストマイルの調達。MPLS から SDN に移行する際の最大の課題の 1 つは、「ラストマイル」接続の調達、管理、および支払いです。 SD-WAN の次の手順を参照してください。

現在のソリューション

Megaport は、ポート、Megaport クラウドルーター(MCR)、および仮想クロスコネクト(VXC)を簡単に構築および管理し、それらを既存のネットワークインフラストラクチャと統合できる、モジュラーネットワーク設計用のハイブリッドネットワークをサポートします。

データセンター間の接続

Megaport を使用すると、複数のサイトやデータセンターに簡単に接続して、MPLSWAN のこの部分を置き換えることができます。Megaport は世界中のデータセンター間の広範な接続を提供するため、データセンター間の接続のコストを削減してパフォーマンスを向上させることができます。この接続モデルは SDN の原則に基づいて構築されており、長期の固定価格契約ではなく、より機敏なオンデマンドアプローチをサポートします。

ポート(Megaport 対応のデータセンターの物理ポート)と VXC を使用することで、従来のポイントツーポイントリンクを置き換え、グローバルなMegaport 対応のロケーション間で安全で信頼性の高い接続を簡単に確立できます。

2 つまたは 20 のデータセンターを接続したり、ハブアンドスポークモデルを設定したり、完全にメッシュ化されたネットワークを作成したりできます。

データセンターの接続

ポートと VXC の詳細については、以下をご覧ください。

Megaport Cloud Router(MCR)

MCR は、世界中の Megaport ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)でレイヤー 3 接続を確立するマネージド仮想ルーターサービスです。

MCR をネットワーク設計に組み込むと、ルーティングの意思決定を管理できます。MCR は物理的な構内配線を必要としないため、データソースの近くに設定して、レイテンシを最小限に抑え、VXC を使用してポートまたは CSP に相互接続できます。

MCR は、ネットワーク全体の複数のポートにトラフィックをルーティングするハブとして挿入できます。これにより、トラフィックが最適化され、レイテンシと帯域幅のコストが削減されます。

MCR とクラウドサービスプロバイダー

MCR は、クラウド戦略を既存の MPLS ネットワークと統合するためのスマートな方法を提供します。MCR は、仮想ルーティングサービスとして、MPLS ネットワークを CSP に接続する際の複雑さとコストの問題を解決できます。

MCR は、既存の MPLS ネットワーク上に 1 つまたは複数のノードとして追加できます。MCR は、レイヤー 3 の Megaport SDN の上に配置され、ポイントツーマルチポイント接続モデルを提供し、CSP 間のハブとして機能します。

MPLS プロバイダーは、プロバイダーエッジ(PE)機器から MCR への単一のピアをサポートする必要があります。

CSP を使用した MCR

MCR クラウド設定の詳細については、以下を参照してください。

地域ハブとしての MCR

MCR は、地域の支店、CSP、およびデータセンターの主要な接続ポイントとして使用できます。このハブアンドスポーク設計では、MCR がハブを提供し、近接性に基づいて地域に編成されたスポークに接続します。

MCR ハブは地域の支店、CSP、データセンターを接続し、VXC が地域の MCR を接続します。

地域ハブとしての MCR

MCR の詳細については、以下を参照してください。

SD-WAN の次の手順

Megaport の現在の課題は、支店との接続です。現在の Megaport サービスは「ラストマイル」をカバーしておらず、支店との接続を提供していません。

発表された Megaport Virtual Edge(MVE)プロダクトは、より多くの MPLS 機能の置き換えをサポートし、Megaport を使用して顧客の支店とデータセンター間の接続を管理できるようにします。Megaport の相互接続機能を利用するために、顧客はマルチテナントデータセンターにいる必要がなくなります。IP トランジットゲートウェイ機能により、インターネットに接続されたロケーションが Megaport SDN にアクセスできるようになります。

MVE の詳細については、以下を参照してください。


最後の更新: