Direct Connect専用接続の設定

Direct Connect専用接続では、最大50個のパブリック仮想インターフェイス、または プライベート仮想インターフェイスと1個のトランジット仮想インターフェイスをサポートできます。設定 では、ポートとDirect Connectポートとの間に物理的なクロスコネクトと、 Direct Connectポートに接続されたポートと2番目のポートとの間に Virtual Cross Connect(VXC)が必要となります。

Direct Connect専用接続を作成するには

  1. AWSコンソールでDirect Connectポートをプロビジョニングし、 Megaportをベンダーに指定します。
  2. AWSからLOAをダウンロードします。
  3. Direct Connectポートと同じデータセンターにポートをプロビジョニング します。
  4. Megaportのアカウントマネージャーに連絡して、 Direct Connectポートからポートへの物理的なクロスコネクトを設定します。
  5. 別のデータセンターの2番目のポートに Direct Connectポートに接続されているポートが接続するように、プライベートVXCを設定します。

この接続は、Megaport Portalからのみでは設定できないため、 Megaportのアカウントマネージャーに連絡する必要があります。


最後の更新: