AWS上のSnowflakeとMegaportとの統合

Megaportを使用して、オンプレミスまたはコロケーションベースのインフラストラクチャとAWS上のSnowflake環境との間に、AWS Direct Connectレイヤー2接続を作成できます。

開始する前に、ポートが作成されていることを確認してください。ポートを作成したら、ポートからAWS VPCインフラストラクチャに関連付けられた仮想ゲートウェイにVirtual Cross Connect(VXC)を接続できます。VXCは、Aエンド(利用者のポート)とBエンド(この場合はAWSインスタンス)間のポイントツーポイントイーサネット接続です。

Megaportの顧客でない場合は、当社のグローバルなデータセンター/拠点のいずれかに1 Gbpsまたは10 Gbpsポートを作成できます。貴社がMegaportのPoPのいずれかに位置していない場合は、Megaportに接続するために、サイトのいずれかにラストマイルの回線を調達できます。詳細については、Megaportにお問い合わせください。

注意

このソリューションをポートを通過する他の既存のトラフィックから物理的に分離するために別のロケーションにあるポートが必要な場合は、続行する前に新しいポートを作成することをお勧めします。

この図は、単一の接続を使用して、MegaportとAWS上のSnowflake Data Warehousingを統合するソリューションの高レベルなトポロジ図を示しています。

AWSアーキテクチャ上のMegaport-Snowflake

Snowflake環境の設定

Snowflake環境を設定するには、次を行います。

  • Snowflakeにログインします
  • Snowflakeオブジェクトを作成します
  • データファイルをステージングします
  • データをターゲットテーブルにコピーします
  • ロードされたデータをクエリします

AWS環境でSnowflakeを設定する方法の詳細については、Snowflakeの前提条件を参照してください。

SnowflakeソリューションとVPC間のデータ転送を安全に保つために、AWS PrivateLinkを使用して2つの環境を接続できます。PrivateLinkは、AWS VPC間に直接かつ安全な接続を実装できるようにするAWSサービスです。これにより、データをインターネットに公開せずにAWSインフラストラクチャ内にとどめることができ、データがインターネットを通過することに関連するセキュリティリスクを軽減できます。

注意

AWS PrivateLinkの有効化には、最大2営業日かかる場合があります。AWS上のSnowflakeソリューションでAWS PrivateLinkを有効にする方法の詳細については、AWS PrivateLink & Snowflakeを参照してください。

MegaportとSnowflakeデータウェアハウスのAWS上での統合

Megaport Portalを使用して、AWS環境のSnowflakeへのVXCを作成できます。

  1. Megaport Portalで、「Services(サービス)」ページに移動し、使用するポートを選択します。 ポートをまだ作成していない場合は、ポートの作成を参照してください。

  2. ポートのAWS接続を追加します。
    これがポートへの最初の接続である場合は、AWSタイルをクリックします。タイルは、設定ページへのショートカットです。または、「+Connection(+接続)」、「Cloud(クラウド)」、「AWS」の順にクリックします。

  3. AWS接続タイプの場合は、「Hosted VIF(ホスト型VIF)」または「Hosted Connection(ホスト型接続)」をクリックし、「Next(次へ)」をクリックします。
    この例では、「Hosted Connection(ホスト型接続)」をクリックします。
    ホスト型接続

    次に、新しいVXCを作成します。

    新しい接続

  4. 「Select Destination Port(宛先ポートを選択)」リストで接続先のAWSリージョンと相互接続ポイントを選択し、「Next(次へ)」をクリックします。

    国フィルターを使用して、選択を絞り込むことができます。

  5. 次の接続の詳細を指定します。

    • Name your connection(接続に名前を付ける) –Megaport Portalに表示されるVXCの名前です。
    • Invoice Reference(請求書参照) –オプションのフィールドです。PO番号や請求書番号などの任意のテキストにできます。
    • Rate Limit(レート制限) –接続の速度をMbpsで表したものです。提供されている帯域幅オプション(50 Mbps〜10 Gbps)から選択する必要があります。サービスに対するすべてのホスト型仮想VXCの合計がポート容量(1 Gpbsまたは10 Gpbs)を超える可能性がありますが、合計がポート容量を超えてバーストすることはありません。
    • Preferred A-End VLAN(優先AエンドVLAN) –オプションで、この接続に未使用のVLAN IDを指定します。このVLAN IDは、このポートの一意のIDである必要があり、2~4093の範囲で指定できます。すでに使用されているVLAN IDを指定すると、次に使用可能なVLAN番号が表示されます。注文を続行するには、VLAN IDが一意である必要があります。値を指定しない場合は、Megaportが値を割り当てます。

      または、「Untag(タグ解除)」をクリックして、この接続のVLANタグを削除できます。タグ解除オプションでは、このポートに構築されるVXCは1つに制限されます。
      Snowflake接続の詳細

  6. Next(次へ)」をクリックします。

  7. 次のクラウドの詳細を指定します。

    • AWS Connection Name(AWS接続名) –これはテキストフィールドであり、AWSコンソールに表示される仮想インターフェイスの名前になります。マッピングを容易にするために、このフィールドには、前の画面のVXC名と同じ名前を使用してください。
    • AWS Account ID(AWSアカウントID) –これは、接続するアカウントのIDです。この値は、AWSコンソールの「Account Settingsアカウント設定」セクションにあります。
      AWS接続の詳細
  8. Next(次へ)」をクリックします。

  9. 接続の詳細を確認し、Add VXC(VXCを追加)をクリックします。
    接続の詳細の概要
  10. Order(注文)」をクリックします。
    注文ボタン
  11. Order Now(今すぐ注文)」をクリックします。
    Megaport Portalでの作業が完了しました。次に、新しいVXCをAWS環境に接続します。
  12. 約2分で、AWSアカウントにログインします。 実装したVXCは、Direct Connectの「Connections(接続)」に表示されます。
  13. Create connection(接続を作成)をクリックします。
    次に、Direct Connect Gatewayに接続する必要があります。さまざまなタイプのゲートウェイへの接続の詳細については、Direct Connectゲートウェイの操作 - AWS Direct Connectを参照してください。 接続の作成

冗長性

このソリューションの接続部分の冗長性を実現するために、AWS環境内の多様なエッジルーターVXCを追加で設置します。MegaportとAWS上のSnowflake Data Warehousingの統合の手順3に従い、AWSリージョンを選択するときに代替の多様性ゾーン(オレンジ色の円のアイコンで表示)を選択します。

注意

Megaport Portalで識別される多様性ゾーンは、AWSエッジルーターの場所のみを参照し、AWSインフラストラクチャ内の可用性ゾーンは参照しません。

多様性ゾーン

AWSコンソール内の必要な手順を含めて、手順を完了します。

この図は、多様な接続を持つMegaportをAWSのインフラストラクチャ上のSnowflake Data Warehousingに統合するソリューションの高レベルなトポロジ図を示しています。

2つのVLANと1つのポート

接続に物理的な冗長性を持たせるには、別のポートにVXCを実装します。

2つのVLANと2つのポート

背景情報

Snowflakeは、クラウド専用に構築されたSoftware-as-a-Service(SaaS)データウェアハウスサービスです。インフラストラクチャはAWSクラウド内に構築されており、AWS VPC環境およびオンプレミスインフラストラクチャとの迅速かつシンプルな実装と統合を可能にします。AWS環境のSnowflakeでは、弾力性やスケーラビリティなどの利点を活用でき、料金は使用するリソースの分しか発生しません。メタデータ管理、データのセキュリティ、ANSI準拠のエンジンを提供し、復元力のある冗長性の高いプラットフォーム上で、すべてのデータを一か所に保存、クエリ、分析できます。SnowflakeはAWS Marketplaceで入手できます。AWSが直接提供するサービスと競合しますが、より多くの機能を低コストで提供しています。利用可能なオプションを確認して、ビジネス要件に最適なオプションを決定することをお勧めします。

Snowflakeの詳細については、次の追加リンクを参照してください。


最後の更新: