Megaport サービスのロック

Megaport ポータルの Company Admin(会社管理者) 権限がある場合は、ポート、Megaport Cloud Router(MCR)、Internet Exchange(IXs)、およびその他の Megaport サービスをロックして、変更や削除を防ぐことができます。Company Admin(会社管理者) などのユーザーの役割については、 ユーザーの役割の管理 を参照してください。

ビデオを再生     Watch a サービスをロックする方法を学ぶための 2 分間のビデオ チュートリアル

ポートまたは MCR は、プロビジョニング ステータスが「Live(ライブ)」の場合にのみロックできます。仮想クロスコネクト(VXC)を構築せずにポートまたは MCR を注文すると、接続が確立され、ステータスが「Live(ライブ)」になるまで 南京錠のアイコンは薄く表示されます。

ポートやMCRの状態を確認するには

  1. Megaport Portal にログインし、「Services (サービス)」 を選択します。
  2. ポートまたはMCRの横にある歯車アイコンをクリックします。
    歯車アイコン
  3. [Port(ポート)] または [MCR Details(MCRの詳細)] ページで、[Details(詳細)] をクリックします。
    ポートの詳細
  4. ポートまたは MCR のステータスが LIVE(ライブ)であることを確認します。
    ポートステータス

ポートまたはMCRをロックするには

  1. Megaport Portal にログインし、「Services (サービス)」 を選択します。
  2. ロックするポートまたはMCRの横にある南京錠のアイコンをクリックします。

    例 1:ポート(DRNYC1)には VXC が接続されています(シンガポール SG2)。ポートと VXC の南京錠のアイコンは、ポートのプロビジョニング ステータスが Live(ライブ) であり、トラフィックが VXC を通過しており、両方のサービスをロックできることを示しています。
    ロック解除されたポートとVXC
    例 2:同じポートと VXC が表示されます。ただし、ポートのロックが解除されていても、VXC はロックされたままです。単一の VXC がロックされている場合、VXC、ポート、またはアタッチされているサービスを削除することはできません(「Delete Port(ポートの削除)」アイコンが薄く表示されます)。ポートを削除するには、まずCompany Admin(会社管理者)ユーザーが VXC のロックを解除する必要があります。
    ロックされた VXC

インターネット エクスチェンジまたは仮想クロスコネクト サービスをロックするには

  1. Megaport Portal にログインし、[Services(サービス)] を選択します。
  2. ロックする Megaport サービスの横にある南京錠のアイコンをクリックします。 南京錠のアイコン

ユーザーロールの権限

Technical Admin(技術管理者) または Finance Admin(財務管理者) ユーザーなど、Company Admin(会社管理者) より下の管理者ユーザーが変更を行う権限を持っていたとしても、ロックされた Megaport サービスを削除または編集することはできません。Company Admin(会社管理者) 権限を持つユーザーのみがサービスのロックを解除できます。許可なくユーザーが変更しようとすると、警告が表示されます。
Company Admin(会社管理者)の警告

Company Admin(会社管理者)未満のアクセスレベルのユーザーは、次のタスクを実行できます。

  • ロックされた Megaport サービスに VXC/IX サービスを追加する - 追加のサービスはロックされたステータスに設定されません。デフォルトでは、ロック解除に設定されています。

  • ロックされたMegaport サービスの詳細を表示する - サービスがロックされている場合、そのステータスは [Details(詳細)] ページで確認できます。


最後の更新: