コンテンツにスキップ

MVE の価格設定と契約期間

Megaport は、前月に発生した MVE が提供するサービスの 1 時間単位の消費量に基づいて、定期的な月額定額料金を請求します。

MVEサービスの価格は、MVE 注文時に選択したインスタンスサイズで設定されています。これらの月額定額料金には、MVE、パブリック IP アドレス、DDoS 対策付きのインターネット接続が含まれています。IPトランジットの費用は、市場によって異なる場合があります。MVE または他のリソース間の VXC は別途請求されます。詳細については、該当するプロバイダーの「構築の計画」に関するトピックをご覧ください。

MVE を構築すると直ちにコストが発生します。Megaport Portal では、標準価格設定で契約されている従量課金制または長期の契約に次の変更を加えることができます。

  • 新規 MVE – 最低利用期間なしを選択して従量課金制にするか、12、24、36 か月の最低利用期間を選択します。請求は毎月行われます。デフォルトの期間は 12 か月です。期間は、注文した時点から開始します。契約期間が長くなると、次のようなメリットがあります。

    • 月額固定費。
    • 期間に基づく割引。12 か月の期間には 5%、24 か月の期間には 8%、36 か月の期間には 10% の割引があります。

    MVE の作成に関する SD-WAN ベンダー固有の詳細については、「MVE の概要」を参照してください。

  • 最短期間の既存の MVE – 12、24、36 か月の期間を更新するか、より長い期間に延長するか、または期間を短縮します。最短期間はいつでも延長できます。ただし、短縮できるのは期間の最後の暦月のみです。

    更新したくない場合は、アクションは不要です。期間終了時に、契約は次の請求期間の従量課金制の請求に自動的にロールオーバーされます (標準価格で期間割引なし) 。期間の変更の詳細については、「契約期間の変更」を参照してください。

  • 既存の契約期間 – いつでも契約期間を延長することができます。

  • 期限切れの MVE の期間 – 期限が切れた後、期間契約を更新します。

注意

MVE 契約を延長または更新するための十分な時間を提供するために、Megaport では、期間満了の 1 か月前、および価格変更の 1 週間前にメールで通知します。

契約期間の変更

Portal では、次の変更を行えます。

  • MVE に期間を追加。
  • 既存の MVE 契約の期間を延長。
  • MVE 契約の最後の 30 日に、期間が満了する前に期間を更新。

既存の期間を変更した後、新しい期間が直ちに開始されます。

注意

ポータルですべての契約期間を変更できるわけではありません(オプションは淡色表示になります)。詳細については、Megaport アカウント マネージャーにお問い合わせください。

契約期間を追加、延長、更新するには

  1. Megaport Portal にログインし、「Services (サービス)」ページに移動して、変更する MVE を探します。
  2. 「MVE Details (MVE の詳細)」アイコンをクリックします。
     MVE の詳細
  3. この MVE の契約期間の詳細を確認します。 終了日と期間の長さが表示されます。
    MVE の変更契約
  4. Change Contract Term (契約期間の変更)」をクリックし、MVE の新しい期間を選択します。
    MVE 契約期間の設定
    契約期間制または従量課金制の MVE は、直ちに新しい契約期間を開始します。
  5. 「I agree(同意する)」チェックボックスを選択して、グローバル サービス契約を読んで同意したことを示します。
  6. [Start New Contract Term(新しい契約期間の開始)] をクリックします。
    Cancel (キャンセル)」をクリックすると、MVE の現在の契約条件が維持されます。契約期間制の MVE が期限切れになった場合、従量課金制 (標準価格で期間割引なし) にロールオーバーされます。

Portal は、現在の標準料金で新しい期間を受け入れ、新しい期間の開始日に該当する期間割引を適用します。「MVE Details (MVE の詳細)」ページに、新しい期間と終了日が表示されます。

MVE の請求」も参照してください。

キャンセル

MVE はいつでもキャンセルできます。契約期間中に MVE を解約した場合、残存契約期間の 50% に相当する早期解約料 (ETC) が発生します。詳細については、該当する SD-WAN プロバイダーの関連トピックをご覧ください。


最終更新日: 2022-10-21