ポートの終了

Megaport Portalから直接物理ポートを終了できます。要件に応じて、ポートをすぐにキャンセルすることも、最小契約期間が終了するまでキャンセルを遅らせることもできます。

ポート契約条件の詳細については、ポート契約条件を参照してください。

ポートを終了するには

  1. Megaport Portalで、「Services(サービス)」ページに移動します。
  2. 終了するポートを見つけて、「Delete Port(ポートの削除)」をクリックします。
    ポートの削除
    「Terminate Services(サービスの終了)」ウィンドウが表示されます。該当する場合、早期解約手数料がここに表示されます。
    サービスの終了
  3. Later(後で)」または「Now(今)」をクリックします。

    • Later(後で)」 –契約期間が終了するまで、ポートでのサービスを継続します。ポートは表示された日時までアクティブなままであり、有効期限の30日前に通知されます。過去30日間は、いつでもポートを復元できます。

    • Now(今)」 –ポートのサービスをすぐに停止します。残りの契約については、引き続き毎月請求されます。「Now(今)」をクリックした後、ポートを復元できません。

    • Feedback(フィードバック)」 –カスタマーエクスペリエンスを向上させる方法について、Megaportにフィードバックを提供してください。

  4. Yes - Terminate Services(はい - サービスを終了する)」をクリックしてポートの終了を確認するか、「No, Keep Services(いいえ、サービスを維持)」をクリックしてキャンセルします。

    多様性ペアの一部として設定されているポートを終了すると、ペアリング内の他のポートの多様性設定が元に戻ります。例えば、ポート1がポート2から多様化されていて、ポート2を終了させた場合、ポート1は多様性の設定を失います。確認を求めるプロンプトが表示されます。

多様なポートの終了

通常、多様性が有効なロケーションに配置されているポートを終了することは、他のポートを終了する場合と変わりません。ただし、新しい未購入のポートを展開済みのポートと多様化するように設定してから、展開済みのポートを削除すると、新しいポートの多様性の設定は失われます。例えば、次のシナリオについて考えてみます。

  • ポート1が購入され、展開されます。
  • ポート2はポート1と多様化するように設定されていますが、注文を確定していません。

このシナリオでは、ポート1を終了すると、終了を確認すると、ポート2の多様性設定が削除されます。ポート2を別のポートと多様化するように再設定するには、ポート2を編集する必要があります。

多様なポートの詳細については、ポートの多様性を参照してください。


最後の更新: