コンテンツにスキップ

MCR の監視

このトピックでは、Megaport ポータルで Megaport クラウド ルーター(MCR)のサービス ログと使用状況レポートを表示する方法について説明します。この情報は、問題のトラブルシューティングを行い、MCR のステータス、アクティビティ、およびパフォーマンスを監視するのに役立ちます。

MCR でのトラフィック ルーティングの可視性については、Looking Glassを参照してください。

Megaport は、Looking Glass を通じて利用可能なサービスにアクセスするために使用できるパブリック API を提供します。詳細については、「Megaport API」をご覧ください。

サービス ログの表示

サービス ログの表示は、MCR のアクティビティとパフォーマンスを監視する簡単な方法です。Megaport は、MCR が Megaport Porta で公開されるとすぐに、メトリックのレポートを開始します。

また、BGP セッションのダウン、BGP 認証の失敗など、MCR サービスの VXC と BGP ピアリングを監視することができます。

MCR のサービス ログを表示するには

  1. Megaport Portal にログインし、[Services(サービス)] を選択します。
  2. MCR の横にある歯車のアイコンをクリックします。
    MCR の詳細
  3. [MCR Details(MCR の詳細)] ページで、[Logs(ログ)] をクリックします。
    ログ エントリのタイム ゾーンを含めた、過去 24 時間のサービス ログが表示されます。MCR ログ メッセージの標準的なタイム ゾーン フォーマットは UTC です。
  4. VXC と BGP のイベントを表示するには、VXC の横にある歯車アイコンをクリックし、「Connection Details (接続の詳細)」ページで「Logs (ログ)」をクリックします。 サービス ログ
    緑のチェック マークは、サービスが期待どおりに動作していること、または速度変更など重要でないイベントを示します。黄色の警告アイコンは、サービスに潜在的な問題があることを示します。

注意

MCR の問題を調査する方法については、「MCR がダウンしているか利用できない場合のトラブルシューティング」および「BGP セッション ダウン時の MCR のトラブルシューティング」を参照してください。

使用状況の詳細の表示

Service Graph(サービス グラフ)は、インバウンド/アウトバウンドのトラフィックやパケットレートなどの役立つ情報を提供します。このグラフは、MCR の月間使用量を比較する場合にも役立ちます。

注意

サービス グラフは 5 分ごとに更新されます。

MCR の使用状況の詳細を表示するには

  1. Megaport Portal にログインし、[Services(サービス)] を選択します。
  2. MCR の横にある歯車のアイコンをクリックします。
    MCR の詳細
  3. [MCR Details(MCRの詳細)] ページで、[Usage(使用状況)] をクリックします。
    使用状況アイコン
    [Service Graph(サービス グラフ)] ページが表示され、デフォルトでトラフィックが表示されます。
    サービス グラフ
  4. 「Date Range(日付範囲)」フィールドに、使用状況の詳細を表示する日付の範囲を入力します。日付選択ツールを使用して日付範囲を手動で入力するか、次のオプションから選択できます。

    • 過去 1 時間
    • 過去 12 時間
    • 過去 24 時間
    • 過去 1 週間
    • 過去 1 か月
    • 過去 3 か月

    デフォルトの時間範囲は過去 24 時間です。

  5. 「Metrics(メトリック)」ドロップダウン リストから「Packets(パケット)」または「Traffic(トラフィック)」を選択します。

    指標 説明
    Packets(パケット) 受信 pps - MCR への受信パケットレート(1 秒あたりのパケット数で測定)。
    送信 pps - MCR からの送信パケットレート(1 秒あたりのパケット数で測定)。
    Traffic(トラフィック) 受信 Mbps - 着信メガビット/秒の数。
    送信 Mbps - 送信メガビット/秒の数。
    Configured Speed Mbps(構成済み速度 Mbps)- MCR の構成済み速度、1 秒あたりのメガビット数。

    メトリックの詳細のチェックボックスを選択、または選択解除してデータを表示または非表示にすることで、グラフをカスタマイズできます。

    グラフの特定の領域にズームするには、マウス ポインターをグラフの上に置き、マウスの左ボタンをクリックして押したままにします。マウスを左または右に動かし、マウスの左ボタンを離してズーム インします。デフォルトのビューに戻るには、グラフをダブルクリックします。

    マウスを使用して特定のデータ ポイントにカーソルを合わせると、値と正確なタイムスタンプが表示されます。

  6. UTC またはローカル タイム ゾーンをクリックして、タイム ゾーンを変更します。

使用情報とサービス ログの詳細については、ポート、VXC、および IX の監視を参照してください。MCR VXC の請求情報については、請求の詳細の表示を参照してください。


最終更新日: 2022-10-21