コンテンツにスキップ

クイック スタート ガイド

このトピックでは、セットアップを行い、最も一般的な構成のいくつかを作成するための基本的なワークフローを提供します。

アカウントを設定する

Megaport で何かを作成する前にアカウントを作成し、いくつかの管理上の詳細を設定する必要があります。これらは重要なステップです。

プロビジョニング サービス

Megaport でネットワーク サービスを設定するには、ポート、MCR、MVE のいずれかが必要です。

ポートを使用すると、1G または 10G ファイバー インターフェイス(一部のロケーションでは100 Gを利用可能)を介して機器を Megaport に接続できます。設定済みのポートを使用すると、他のポート、CSP、または IX への接続を確立できます。

MCR は、世界中のクラウド ホットスポットで Megaport によってホストされるレイヤー 3 対応の仮想ルーターです。MCR はポートを必要としませんが、必要に応じてポートに接続できます。

MVE は、SD-WAN プラットフォーム上でのブランチからクラウドへの接続をサポートする、オンデマンドのネットワーク機能仮想化 (NFV) サービスです。MVE は、企業の SD-WAN 対応サイトをのエコシステムに接続するゲートウェイとして機能し、クラウドニュートラルで、クラウド プロバイダーやその他のサービスの広範なプラットフォームにダイレクトで安全なアクセスを提供します。MVE はポートを必要としませんが、必要に応じてポートに接続できます。

ポータルを介して、完全なエンド ツー エンド構成をセットアップし、それらの要素をショッピング カートに追加してから、注文プロセスに進むことができます。ポータルを使用してサービスを設定する方法の詳細については、サービスページについて理解する を参照してください。

ポート間接続

ポート間接続

ポートからクラウド サービス プロバイダーへの接続

ポートから CSP への接続

ポートから IX への接続

ポートから Marketplace への接続

MCR から CSP への接続

MCR から CSP への接続

MVE から CSP への接続

MVE から CSP への接続


最終更新日: 2022-02-03