Virtual Cross Connectの価格

VXCの料金を決定する主な要因は、ロケーション(AエンドとBエンド)間の距離と、設定する帯域幅です。

距離に基づく3つのレートタイプがあります。

  • Metro(メトロ)」 - 定義された大都市圏、通常は都市または都市のグループ。VXCは、次のように、同じ都市内の2つのロケーションを接続します。

    • サンフランシスコにある2つのポート

    • ロンドンにあるポートとクラウドサービスプロバイダー(CSP)

  • Zone(ゾーン)」 - メトロのグループ。通常は複数の州または県。VXCは、次のように、同じゾーン内の任意の2つのメトロを接続します。

    • シアトルとサンフランシスコ(米国西部ゾーン)
  • Interzone(インターゾーン)」 - 異なるゾーンの異なる都市。例えば、Interzone VXCは次のものを接続します。

    • 米国西部のポートと米国東部のポート
    • 北東アジアのポートとAU北のCSP

価格帯とメトロ

価格帯 指標メトロ
米国西部 シアトル、リノ、ロサンゼルス、ポートランド、ラスベガス、フェニックス、サンディエゴ、サクラメント、ソルトレイクシティ、ベイエリア
米国東部 アッシュバーン、ニューヨーク、アトランタ、ノーウォーク、カルペパー、スタンフォード、マイアミ、ボストン、フィラデルフィア、ワイズ、タンパ、ピッツバーグ、オーランド、シャーロット、ローリー
米中部 メンフィス、グランドラピッズ、デトロイト、シカゴ、ダラス、ヒューストン、シンシナティ、オースティン、サンアントニオ、デンバー、カンザスシティ、コロンバス、セントルイス、ミネアポリス、ナッシュビル、オマハ
カナダ東部 トロント、モントリオール、ケベックシティ、オタワ
カナダ西武 カルガリー、バンクーバー
EU北部 ブリュッセル、コペンハーゲン、ロガランド、ルクセンブルグ、マルセイユ、アムステルダム、ストックホルム、フランクフルト、ベルリン、ミュンヘン、ハンブルク、デュッセルドルフ、ニュルンベルク、ヘルシンキ、オスロ、ウィーン、ジュネーブ、チューリッヒ、ワルシャワ、パリ、マドリード
EU西部 マンチェスター、エジンバラ、ロンドン、ダブリン、バーミンガム
EU東部 ソフィア
ドバイ ドバイ
オーストラリア中部 アデレード
オーストラリア東部 ウロンゴン、シドニー、キャンベラ
オーストラリア北部 ブリスベン
オーストラリア南部 メルボルン
オーストラリア西部 パース
ニュージーランド オークランド、ウェリントン、ハミルトン
東南アジア シンガポール
東アジア 香港
北東アジア 東京、大阪

この図は、Megaportのグローバルネットワークで利用可能なゾーンを示しています。

Megaport価格帯

注意

最新の位置情報については、Megaportロケーションページを参照してください。

価格の見積もり

VXCの見積もりを取得するには、2つの簡単なオプションがあります。

  • Megaport 「Pricing Tool(価格設定ツール)」 - AエンドとBエンドのデータセンターのロケーション、帯域幅、通貨を指定します。表示されるグラフで、データレートの速度を数日間にわたって試したり、ドラッグしたりできます。例えば、平日と週末に異なる速度を指定できます。

重要

Pricing Tool(価格設定ツール)で生成された見積もりは、増分料金が適用されるAWS Hosted Connectionsには無効です。

  • Megaport 「Portal(ポータル)」 - お試しでさまざまなVXC設定をテストします。ポートを作成して、メトロ、ゾーン、インターゾーン、およびデータセンターの価格を確認します。VXCを作成して、展開する前に通貨ですぐに見積もりを取得します。

請求はどのように機能しますか?

Metro VXCには、次の2つの帯域幅階層に基づいて定期的な月額定額料金が請求されます。

  • 1 Mbpsから1000 Mbps
  • 1001 Mbpsから10 Gbps

ゾーンおよびインターゾーンVXCは、次の2つのコンポーネントを使用して価格設定されます。

  1. 帯域幅の階層に基づく定額料金。
  2. 帯域幅ベースのレート(月額Mbpsあたりの価格)。このレートは、VXCが定義された速度と帯域幅でアクティブになっている時間に基づきます。

最後の更新: