コンテンツにスキップ

Aruba EdgeConnect SD-WAN を使用した MVE の AWS ホスト型 VIF の作成

ホスト型 VIF は、パブリックまたはプライベートの AWS クラウド サービスに接続できます。ホスト型 VIF は、トランジット仮想インターフェイスには接続できません。これらの接続は、帯域を共有しています。

MVEからAWSへのホスト型VIFを作成するには

  1. Megaport Portal で、 「Services (サービス)」ページに移動し、接続する MVE を選択します。

  2. +Connection (+接続)」、「Cloud (クラウド)」 の順にクリックします。

  3. サービス プロバイダーに AWS、AWS 接続方式にホスト型 VIF をそれぞれ選択して、 宛先ポートを選択し、「Next (次へ)」 をクリックします。 「Next (次へ)」をクリックします。
    国フィルターを使用して、選択を絞り込むことができます。
    ホスト型VIF接続の追加

  4. 次の接続の詳細を指定します。

    • Connection Name (接続名) – Megaport Portal に表示される VXC の名前です。(ヒント – マッピングを容易にするために、これを次の画面のAWS接続名と一致させてください)
    • Service Level Reference (サービス レベル参照) (オプション) – コスト センター番号や一意の顧客 ID など、請求目的で使用する VXC の識別番号を指定します。サービス レベル参照番号は、請求書の「Product (プロダクト)」セクションの各サービスに表示されます。また、既存のサービスのこのフィールドを編集することもできます。

    注意

    パートナー マネージド アカウントは、サービスにパートナー ディールを適用することができます。詳細については、『Applying a Deal to a Service (サービスへのディールの適用)』を参照してください。

    • Rate Limit (帯域制限) – これは Mbps 単位の接続速度です。許容値は、1 Mbps 刻みで、1 Mbps から 5 Gbps の範囲になります。サービスに対するすべてのホスト型仮想 VXC の合計がMVE容量を超える可能性がありますが、合計がMVE容量を超えてバーストすることはありません。
    • Preferred A-End VLAN (優先 A エンド VLAN) – 必要に応じて、この接続に未使用の VLAN ID を指定します。これは、この MVE の一意の VLAN ID である必要があり、2 から 4093 の範囲で指定できます。すでに使用されている VLAN ID を指定すると、次に使用可能な VLAN 番号が表示されます。注文を続行するには、VLAN ID が一意である必要があります。値を指定しない場合は、Megaport が値を割り当てます。
      接続の詳細
  5. Next (次へ)」をクリックします。

  6. AWS サービスの詳細を指定します。 AWS接続の詳細

    各フィールドの詳細は次のとおりです。

    • Public (パブリック)」または「Private (プライベート)」を選択します。
      Private (プライベート) – プライベート IP アドレス空間において、VPC、EC2 インスタンス、ロード バランサー、RDS DBインスタンスなどの プライベートAWSサービスにアクセスします。
      Public (パブリック) – Amazon Simple Storage Service (S3)、DynamoDB、CloudFront、Glacier などの パブリックAWSサービスにアクセスします。また、 Amazon’s global IP prefixes (約 2,000 プレフィックス) も受け取ります。
      注意: パブリック VIF には、Amazon からの手動による介入が必要であり、最大 72 時間かかる場合があります。

    • AWS Connection Name (AWS 接続名) – これはテキスト フィールドであり、 AWSコンソールに表示される仮想インターフェイスの名前になります。「AWS Connection Name (AWS 接続名)」 には、1 つ前のステップで指定された名前が 自動入力されます。

    • AWS Account ID (AWS アカウント ID) – これは、接続するアカウントの IDです。この値は、AWSコンソールの管理セクションに あります。

    • Customer ASN (顧客 AS 番号) – オプションのフィールドです。 MVEに接続されている任意のVXCのBGPピアリング・セッションです。この値は この値は MVE を構成するときに定義しますが、一度定義すると変更できません。 変更できません。

    • BGP Password (BGP パスワード) – BGP MD5 キーを指定するためのオプションのフィールドです。この フィールドを空白のままにすると、Megaport は、AWS を使用して自動的にキーをネゴシエートし、 Megaport Portal にそのキーを表示します。(キーは AWS コンソールに表示されません。)

    • Customer IP Address (顧客 IP アドレス) – ピアリングのためにネットワークで使用される IP アドレス空間 (CIDR 形式) です。このフィールドはプライベート接続の場合はオプションであり、空白のままにすると、Megaport によりアドレスが割り当てられます。

    • Amazon IP Address (Amazon IP アドレス) – ピアリングのためにAWS VPCネットワークで割り当てられるCIDR形式のIPアドレス空間です。このフィールドは プライベート接続の場合はオプションで、空欄のままだとMegaportは自動的にアカウントを割り当てます。 割り当てます。

    • Prefixes (プレフィックス) – (パブリック接続のみに表示) AWS にアナウンスするための IP プレフィックスに対するオプションのフィールドです。パブリック Direct Connect の構築時に 広報するプレフィックスを指定します (RIR によって割り当てられた IPv4 アドレスのみ)。

      パブリック接続のプレフィックスを構成すると、プレフィックスを変更できなくなり、フィールドは淡色表示になります。この値を変更するには、AWS でサポート チケットを作成して、影響を与えない方法で変更できるようにします。または、ホスト型 VIF をキャンセルして再注文することもできます。どちらの場合も、リクエストが AWS により手動で承認されるのを待つ必要があります。

  7. Next (次へ)」 をクリックして接続の詳細の概要に進み、 VXC をカートに入れて、接続を注文します。

AWS VXCが、Megaport PortalでMVEの接続先として表示されます。

VXC の詳細

次に、AWSでの接続を受け入れます。

プライベート接続用の仮想インターフェイスの受け入れ

プライベート ホスト型 VIF VXC を注文して数分後には 対応するインバウンド VIF リクエストが、AWS コンソールの「AWS Direct Connect 」>「Virtual Interfaces (仮想インターフェイス)」ページに表示されます。(これは、ターゲット AWS ポートに関連付けられているリージョンに固有です。)数分経っても VIF が表示されない場合は、正しいリージョンを表示していることを確認してください。

プライベート仮想インターフェイスを確認して受け入れるには

  1. 「AWS Direct Connect」>「Virtual Interfaces (仮想インターフェイス)」ページで、ID インターフェイスの ID をクリックし、構成とピアリングの詳細を表示します。 インターフェイスの ID をクリックし、構成とピアリングの詳細を表示します。
    AWS仮想インターフェイスの受け入れ

    VIF の名前とアカウント ID は、Portal で提供される値と一致する必要があります。 また BGP AS 番号は、VXC で構成された顧客 AS 番号と一致する 必要があります。Amazon ASNは、デフォルトのリージョンのAWS ASNであり、 構成中に指定された値ではありません - これは、 仮想インターフェイスが受け入れられ、割り当てられたときに更新されます。 割り当てられた時に更新されます。

  2. Accept (受け入れ)」 をクリックします。

  3. ゲートウェイ方式を選択してから、この新規仮想インターフェイス用に固有のゲートウェイ を選択します。
    ゲートウェイの指定

  4. Accept virtual interface (仮想インターフェイスの受け入れ)」をクリックします。

接続のステータスは、「confirming (確認中)」 から 「pending (保留中)」 に変わり、BGP を確立すると、さらに 「available (利用可能)」 に変わります。AWS 側で 「available (利用可能)」 BGP ステータスの表示が遅れる場合があることに注意してください。ただし、レイヤー 3 リンクの現在の状態は、Portal ビューを介して確認できます。

パブリック接続用の仮想インターフェイスの受け入れ

パブリック ホスト型 VIF VXC を注文してから数分後、 対応するインバウンド VIF リクエストが、AWS コンソールにある「AWS Direct Connect 」>「Virtual Interfaces (仮想インターフェイス)」ページに表示されます。(これは、ターゲット AWS ポートに関連付けられているリージョンに固有です。)

パブリック仮想インターフェイスを確認して受け入れるには

  1. 「AWS Direct Connect」>「Virtual Interfaces (仮想インターフェイス)」ページで、ID インターフェイスの ID をクリックし、構成とピアリングの詳細を表示します。 構成とピアリングの詳細を表示します。
  2. 構成の詳細を確認して、「Accept (受け入れ)」 をクリックし、 プロンプトが表示されたら、「確認 (Confirm)」をクリックします。

接続の状態が 「confirming (確認中)」 から 「verifying (検証中)」 に変わります。この 時点で、接続は Amazon により検証されますが、- このプロセスには 最長で 72 時間かかることがあります。検証されると、状態が 「available (利用可能)」に変わります。

Aruba Orchestrator への AWS 接続の詳細の追加

MVE から AWS への接続を作成し、AWS コンソールで接続を設定したら、Aruba Orchestrator で構成を行う必要があります。これには、LAN インターフェイスの追加、BGP 設定、AS 番号、VLAN、MD5 値の構成が含まれます。

Aruba Orchestrator で LAN インターフェイスを追加するには

  1. Megaport Portalから接続情報を収集します。

    詳細を表示するには、MVE からの AWS 接続の歯車アイコンをクリックし、「Details (詳細)」ビューをクリックします。A-End VLAN (A エンド VLAN)Customer Address (顧客アドレス) (および CIDR)、Amazon Address (Amazon アドレス)Customer ASN (顧客 AS 番号) の値をメモします。

    AWS接続の詳細

  2. Aruba Orchestrator にログインします。

  3. 「Configure (構成)」>「Networking | Deployment (ネットワーキング | 構築)」に進みます。

  4. ホスト名でアプライアンスを探し、「Edit (編集)」(鉛筆) アイコンをクリックします。

    アプライアンスの編集

  5. wan0 LAN インターフェイスがない場合: LAN インターフェイスの横にある「+Add (+追加)」をクリックして、「Interface (インターフェイス)」のドロップダウン メニューで「wan0」を選択します。

    既に wan0 LAN インターフェイスがある場合は、「+IP」をクリックして、新規構成を追加します。

  6. 「VLAN」フィールドに、Megaport Portal から AWS 接続の A エンド VLAN の値を入力します。

  7. 必要に応じて、事前構成されているラベルを選択するか、「None (なし)」を選択します。
  8. 「IP/Mask (IP/マスク)」フィールドには、AWS 接続の MVE 側の IP アドレスとマスクを入力します。

    この値は、ポータルの AWS 接続の詳細に記載されている Customer Address (顧客アドレス) です。

  9. 「Next Hop (ネクスト ホップ)」には、Amazon 側の接続の IP アドレスを入力します。

  10. インとアウトの帯域幅の値を指定します。

    帯域幅は、MVE の帯域幅制限以下である必要があります。スモール ≤ 500 Mbps、ミディアム ≤ 1 Gbps、ラージ ≤ 5 Gbps となります。

    この画像は、構成値のサンプルです。

    Aruba LAN インターフェイスの詳細

  11. Apply(適用)」をクリックします。

  12. プロンプトが表示されたら、アプライアンスを再起動します。

    再起動が必要になるのは、最初の LAN インターフェイスを追加するときだけです。システムがアプライアンスをサーバー モードからルーター モードに切り替えるためです。

オーケストレーターからデバイスに到達できるようになったら、BGP セッションを構成することができます。

  1. オーケストレーターで、「Configure (構成)」>「Networking | Routing | BGP (ネットワーキング | ルーティング | BGP)」に進みます。
  2. アプライアンスの「Edit (編集)」 (鉛筆) アイコンをクリックします。
  3. スライダーを「Enable BGP (BGP の有効化)」に移動します。
  4. 自律システム番号を入力します。

    これは、ステップ 1 で収集した顧客 AS 番号 (ローカル MVE) です。

  5. 「Router ID (ルーター ID)」フィールドには、ネットワーク設計で要求されるシステム IP を入力します。

    アプライアンスの初期受け入れ時に指定されたループバック 0 の IP、VXC の MVE 側のインターフェイス IP、またはトランジット IP アドレスなど、MVE 上の任意の IP アドレスを使用することができます。

    Aruba のBGP の有効化

  6. 「BGP Peers (BGP ピア)」セクションで「Add (追加)」をクリックし、以下の情報を入力します。

    • Peer IP (ピア IP) – ステップ 1 で収集した Amazon ピア IP アドレスです。
    • Local Interface (ローカル インターフェイス) – 関連付けられた LAN インターフェイスを選択します (インターフェイスは wan0+VLAN の形式で表示されます)。
    • Peer ASN (ピア AS 番号)。これは AWS の AS 番号です。デフォルトでは、この値は 64512 です。
    • Peer Type (ピア タイプ)- ブランチを選択します。
    • Enable MD5 Password (MD5 パスワードの有効化)- 必要な場合は、これを選択し、MD5 のパスワードを入力・確認します。

    Aruba の BGP ピアの追加

  7. Add (追加)」 をクリックします。

  8. Apply(適用)」をクリックします。

設定がアプライアンスにプッシュされるまで数秒かかります。 更新アイコンをクリックすると、アプライアンスからのデータが更新されます。

成功すると、ピア状態が Established (確立済み) になります。

Aruba の BGP ピア状態

AWS コンソールで VIF の BGP ステータスを確認し、AWS BGP セッションがアップしていることを確認することもできます。

AWS コンソールでのAruba の BGP ピア状態

AWS 接続の確認

次のコマンドを使って、CLIから接続状態を含む接続の詳細を確認することができます。

  • show interface wan0.<subinterface id> – アプライアンスの構成の詳細と現在のステータスを表示します。
  • show bgp neighbors or show bgp summary – BGP ネイバーの構成の詳細と現在のステータスを表示します。

オーケストレーターから CLI セッションを開始するには

  1. オーケストレーターでは、マウスを使ってアプライアンスの上にカーソルを置き、アプライアンス名の右にある「Appliance Menu (アプライアンス メニュー)」アイコンをクリックします。
    Aruba の BGP ピア状態

  2. メニューから「CLI Session (CLI セッション)」を選択します。
    Aruba の BGP ピア状態

  3. enable (有効化)」モードに入り、推奨 CLI コマンドを使用して構成内容を表示します。


最終更新日: 2022-02-04