コンテンツにスキップ

ダウンまたはフラッピングしているポートのトラブルシューティング

ポートがダウンしている (トラフィックを通過していない) 場合や、アップ/ダウンの状態が急激に変化している (フラッピング) 場合は、以下のトラブルシューティングの手順を実行して、サービス中断の根本原因を特定します。

ヒント

Megaport Portal からポートのステータスを確認することができます。ポータルの「Services (サービス)」ページでポートを探し、そのアイコンにマウスオーバーします。メッセージにサービスのステータスが表示されます。(アイコンの色もサービスのステータスを表しています。)

トラブルシューティング

アクション ステップ
CRC エラー、パケット ドロップ、デバイス ログを確認する インターフェイスの統計情報やデバイス ログは、構内配線のどちら側に障害が発生しているかを特定し、その解決策を探るのに役立ちます。例えば、あるネットワーク インターフェイスで受信エラーが増加すると、一般的に特定の SFP (Small Form Pluggable) は除外され、構内配線の他のコンポーネントに問題がある可能性を示します。
データ センターとの物理的な接続を確認する データ センターとのチケットを開き、以下のテストを実施します:
  1. 構内配線に損傷がないか確認し、必要に応じてクリーニングを行います。
  2. SFP のモデルは、Megaport 技術仕様のインターフェイスの速度と詳細に一致している必要があります。
  3. データ センターが、接続の端にある責任分界点の外側で十分な光を送信しているか確認します。データ センターでは、検光器を使って責任分界点の光を確認する必要があります
通信事業者回線のステータスを確認する (ある場合) 一部の構内配線は、Megaport ネットワークに到達する前に、1 つまたは複数の通信事業者のネットワーク デバイスを経由して設定されています。構内配線パスのデバイス インターフェイスにエラーがなく、送信および受信の光量が正しく機能していることを確認します。

次のステップ

トラブルシューティングを行っても問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。サポートを依頼する前に、以下の情報を収集してください。

  • トラブルシューティングの結果 – 実施したすべてのトラブルシューティングの手順に関する詳細を提出してください。例えば、ループが設置されている場合は、その位置と向きを記録します。
  • データ センターのチケット参照 – Megaport では、チケットが開かれたことを確認するためにデータ センターのチケット番号を必要とします。これは、チケットを開く場合の参照として機能します。チケットをデータ センターに提供することで、トラブルシューティングを迅速化し、実施済みの作業に関する情報を提供することができます。
  • ポート ステータス、Tx および Rx の光量、デバイス ログ – ポート ステータス、光量測定値、デバイス ログは、ポートのダウンやフラッピングの潜在的な原因を判断するのに役立ちます。
  • SFP モデルと仕様 – SFP モデルは、Megaport 技術仕様と一致している必要があります。

最終更新日: 2022-02-03