一般的なマルチクラウド接続シナリオ

このトピックでは、Megaport と Megaport Cloud Router(MCR)を使用した 9 つの一般的な設計シナリオについて詳しく説明します。シナリオは、単純な部分的に保護されたネットワークから、マルチクラウドおよびハイブリッドクラウド向けのエンドツーエンドの高可用性の復元力のあるネットワークにまで及びます。

ヒント

マルチクラウド ソリューションの設計を支援するために、これらの各シナリオで Visio(VSDX)ファイルを ダウンロード {target = blank} することができます。

 

シナリオ 1
各 CSP に単一 Megaport が接続。
HA デザイン いいえ
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい- 1 DC
地理的に CSP に近いオンプレミス はい
多様な地域 いいえ
前提条件
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、BGP をサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、IEEE 802.1ad(Q-in-Q)、特に Microsoft Azure 向けをサポートしている
注意: 802.1ad がサポートされていない場合は、シナリオ 3(MCR)を使用してください。
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 1
Megaport Cloud Router(MCR) いいえ  
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 4(CSP ごとに 1)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 いいえ  
Single Megaport connecting to each CSP
シナリオ 2
HA 構成の各 CSP に接続する LAG として構成されたデュアル Megaports。
HA デザイン はい
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい- 1 DC
地理的に CSP に近いオンプレミス はい
多様な地域 いいえ
前提条件
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、BGP をサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、IEEE 802.1ad(Q-in-Q)、特に Microsoft Azure 向けをサポートしている
注意: 802.1ad がサポートされていない場合は、シナリオ 3(MCR)を使用してください。
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 2(LAGで)
Megaport Cloud Router(MCR) いいえ
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 8(CSP ごとに 2)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 いいえ  
Dual Megaports configured as a LAG that connects to each CSP in an HA configuration
シナリオ 3
DC の単一 Megaport を CSP に接続するハブとして MCR を使用。
HA デザイン いいえ
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい- 1 DC
地理的に CSP に近いオンプレミス いいえ
多様な地域 いいえ
前提条件
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が BGP をサポートしている(パスの選択を改善するためで、必須ではありません)
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 1
Megaport Cloud Router(MCR) はい 1
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 4(CSP ごとに 1)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 はい 1
MCR as a hub that connects a single Megaport in a DC with CSPs
シナリオ 4
HA 構成の各 CSP に接続する各冗長化ゾーンの Megaport。
HA デザイン はい
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい
地理的に CSP に近いオンプレミス はい
多様な地域 いいえ
前提条件
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、BGP をサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が IEEE 802.1ad(Q-in-Q)、特に Azure 向けにサポートしている
注意: 802.1ad がサポートされていない場合は、MCR(シナリオ 6)を使用してください。
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 2 (LAG の 4)
Megaport Cloud Router(MCR) いいえ  
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 8(CSP ごとに 2)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 いいえ  
Megaport in each Diversity Zone connecting to each CSP in an HA configuration
シナリオ 5
オンプレミスのインフラストラクチャを必要とせずに、HA 構成で CSP を接続するハブとしてデュアル MCR を使用。
HA デザイン はい
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス いいえ
地理的に CSP に近いオンプレミス 該当なし
多様な地域 いいえ
前提条件
  • 必要なし
必要な Megaport テクノロジー
Megaport いいえ  
Megaport Cloud Router(MCR) はい 2
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 8(CSP ごとに 2)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 いいえ  
Dual MCRs as hubs that connect CSPs in an HA configuration without requiring on-premise infrastructure
シナリオ 6
各冗長化ゾーンに Megaport がある DC を HA 構成の CSP に接続するハブとしてデュアル MCR を使用。
HA デザイン はい
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい
地理的に CSP に近いオンプレミス いいえ
多様な地域 いいえ
前提条件
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が BGP をサポートしている(パスの選択を改善するためで、必須ではありません)
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 2 (LAG の 4)
Megaport Cloud Router(MCR) はい 2
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 8(CSP ごとに 2)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 はい 2
各冗長化ゾーンに Megaport がある DC を
HA 構成の CSP に接続するハブとしてデュアル MCR を使用” /></a></td>
</tr>
</tbody>
</table>
</div>
<div id=
シナリオ 7
HA 構成の CSP に接続する各 DC の 単一 Megaport。
HA デザイン はい
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい- 2 DC
地理的に CSP に近いオンプレミス はい
多様な地域 はい
前提条件
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、BGP をサポートしている
    • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が IEEE 802.1ad(Q-in-Q)、特に Azure 向けにサポートしている
注意: 802.1ad がサポートされていない場合は、MCR(シナリオ 8)を使用してください。
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 2 (LAG の 4)
Megaport Cloud Router(MCR) いいえ  
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 8(CSP ごとに 2)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 いいえ
HA 構成の CSP に接続する各 DC の
単一 Megaport” /></a></td>
</tr>
</tbody>
</table>
</div>
<div id=
シナリオ 8
Megaport を備えた DC を HA 構成の CSP に接続するハブとしてデュアル MCR を使用。
HA デザイン はい
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい
地理的に CSP に近いオンプレミス 該当なし
多様な地域 はい
前提条件
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が BGP をサポートしている(パスの選択を改善するためで、必須ではありません)
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 2
Megaport Cloud Router(MCR) はい 2
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 8(CSP ごとに 2)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 はい 2(追加で 2 はオプション)
Dual MCRs as hubs that connect DCs with Megaports to CSPs in an HA configuration
シナリオ 9
異なる冗長化ゾーンの Megaport を備えた DC を HA 構成の CSP に接続するハブとしてデュアル MCR を使用。
HA デザイン はい
マルチクラウド はい
オンプレミスのデータセンター(コロケーション)またはオフィス はい- 2 DC
地理的に CSP に近いオンプレミス いいえ
多様な地域 はい
前提条件
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が、LX オプティカル 1 Gbpsまたは LR オプティカル 10 Gbps ポートをサポートしている
  • お客様(オンプレミス)のネットワーク機器が BGP をサポートしている(パスの選択を改善するためで、必須ではありません)
必要な Megaport テクノロジー
Megaport はい 4
Megaport Cloud Router(MCR) はい 2
VXC(仮想クロスコネクト)– 同じメトロ はい 8(CSP ごとに 2)
VXC(仮想クロスコネクト)– 長距離 はい 4
Dual MCRs as hubs that connect DCs with Megaports in different Diversity Zones to CSPs in an HA configuration
凡例
Legend
 

最後の更新: