APIを使用したポートとMicrosoft Azure間へのVXCの作成

このトピックでは、APIの手順を使用して、ポートからMicrosoft Azure ExpressRouteへのVXCを作成します。これには、Azureのポートのロケーションを検索してVXCを注文する方法も含まれます。

ポートからAzureへの構築には、次のタスクが含まれます。

  1. AzureコンソールでExpressRoute回線を設定します。
    構築すると、サービスキーを取得します。サービスキーは、Azureで割り当てられたポートにリンクされています。サービスキーを検証すると、応答にはAzureで割り当てられたプライマリポートとセカンダリポートが表示されます。サービスキーを2回使用して、- 1回目はプライマリに接続し、2回目はセカンダリポートへの別の接続を作成できます。

    詳細については、Microsoftヘルプトピックチュートリアルを参照してください。ExpressRoute回線を作成および変更します。

  2. サービスキーを使用して、MegaportポータルからVXCを作成して構築します。

    このステップではAPI –を使用します。他のステップは、Azure環境のMegaportの外部にあります。

  3. 回路にVXCを構築したら、Azureポータルでピアリングを設定します。
    ピアリング情報は、ピアに割り当てられた内部VLANと同様に、プライマリ回線とセカンダリ回線の間で共有されます。

    詳細については、Microsoftのヘルプトピック「ExpressRoute回線のピアリングの作成と変更」を参照してください。

  4. 顧客宅内機器(CPE)デバイスを構成します。

サービスキーを検証する

APIを使用してAzureサービスキーを検証すると、応答には関連付けられたポートとピアのExpressRouteの詳細が含まれます。VXCを作成するには、ポートの詳細が必要です。

    GET {baseUrl}/v2/secure/azure/{service_key}

これは、新規キー(設定されたVXCなし)のサンプル応答です。

{
    "message": "Successful lookup",
    "terms": "This data is subject to the Acceptable Use Policy https://www.megaport.com/legal/acceptable-use-policy",
    "data": {
        "managed": false,
        "connectType": "AZURE",
        "resource_type": "csp_connection",
        "bandwidth": 200,
        "service_key": "3e2480b2-b4d5-424b-976a-7b0de65a1b62",
        "vlan": 3289,
        "megaports": [
            {
                "portSpeed": 10000,
                "name": "Washington DC Primary",
                "state": "VA",
                "description": "Azure ExpressRoute at Equinix DC2/6",
                "productUid": "a7ae8a35-433e-44aa-87cb-a1b7995ab008",
                "nServiceId": 32832,
                "companyUid": "c40de5ed-4707-4471-a78c-69436de2c505",
                "country": "USA",
                "vxc": null,
                "port": 14570,
                "companyName": "Azure ExpressRoute",
                "locationId": 67,
                "productId": 14570,
                "type": "primary",
                "companyId": 1475
            },
            {
                "portSpeed": 10000,
                "name": "Washington DC Secondary",
                "state": "VA",
                "description": "Azure ExpressRoute at Equinix DC2/6",
                "productUid": "07ab0ee6-7f77-41ac-bbe6-335e3ee6d182",
                "nServiceId": 36431,
                "companyUid": "c40de5ed-4707-4471-a78c-69436de2c505",
                "country": "USA",
                "vxc": null,
                "port": 16108,
                "companyName": "Azure ExpressRoute",
                "locationId": 67,
                "productId": 16108,
                "type": "secondary",
                "companyId": 1475
            }
        ],
        "peers": []
    }
}

「megaports:vxc」値は両方のポートでnullであり、新規VXCで使用できることを示します。

各応答フィールドの詳細については、「Azureサービスキーの応答フィールド」を参照してください。

VXCの作成

サービスキーの詳細を使用して、プライマリポートにVXCを作成し、セカンダリポートに別のVXCを作成します。

このエンドポイントを使用してVXCを注文します

POST {baseUrl}/v2/networkdesign/buy

ヒント

注文する前に依頼をテストして価格の詳細を確認するには、次を使用できます。 POST {API Server URL}/v2/networkdesign/validate

依頼のボディを、ポートの「productUid」、VXCの名前、プライマリAzureポートの「productUid」、およびサービスキーで更新します。最大速度(「rateLimit」)は、サービスキー応答の帯域幅値で定義されます。この場合は200です。

[
    {
        "productUid": "1544f278-ec03-11e5-9ce9-5e5517507c66", //port UID of your Megaport (A End)
        "associatedVxcs": [
            {
                "productName": "Primary Azure VXC",
                "rateLimit": 200,
                "aEnd": {
                    "vlan": 102
                },
                "bEnd": {
                    "productUid": "a7ae8a35-433e-44aa-87cb-a1b7995ab008", //retrieved port UID from the Azure service key lookup
                    "partnerConfig" : {
                        "connectType": "AZURE",
                        "serviceKey": "3e2480b2-b4d5-424b-976a-7b0de65a1b62" //service key from lookup response
                    }
                }
            }
        ]
    }
]

プライマリおよびセカンダリVXCをAzureポートに設定すると、別のサービスキールックアップにAzureポートに関連付けられたVXCが表示されます。VXCはID番号で識別されます。

{
    "message": "Successful lookup",
    "terms": "This data is subject to the Acceptable Use Policy https://www.megaport.com/legal/acceptable-use-policy",
    "data": {
        "managed": false,
        "connectType": "AZURE",
        "resource_type": "csp_connection",
        "bandwidth": 200,
        "service_key": "3e2480b2-b4d5-424b-976a-7b0de65a1b62",
        "vlan": 3289,
        "megaports": [
            {
                "portSpeed": 10000,
                "name": "Washington DC Primary",
                "state": "VA",
                "description": "Azure ExpressRoute at Equinix DC2/6",
                "productUid": "a7ae8a35-433e-44aa-87cb-a1b7995ab008",
                "nServiceId": 32832,
                "companyUid": "c40de5ed-4707-4471-a78c-69436de2c505",
                "country": "USA",
                "vxc": 60621,
                "port": 14570,
                "companyName": "Azure ExpressRoute",
                "locationId": 67,
                "productId": 14570,
                "type": "primary",
                "companyId": 1475
            },
            {
                "portSpeed": 10000,
                "name": "Washington DC Secondary",
                "state": "VA",
                "description": "Azure ExpressRoute at Equinix DC2/6",
                "productUid": "07ab0ee6-7f77-41ac-bbe6-335e3ee6d182",
                "nServiceId": 36431,
                "companyUid": "c40de5ed-4707-4471-a78c-69436de2c505",
                "country": "USA",
                "vxc": 60622,
                "port": 16108,
                "companyName": "Azure ExpressRoute",
                "locationId": 67,
                "productId": 16108,
                "type": "secondary",
                "companyId": 1475
            }
        ],
        "peers": []
    }
}

設定を完了するには、Azureポータルでピアリングを設定し、CPEデバイスを設定します。


最後の更新: