ロケーションを理解する

Megaport のグローバルネットワークインフラストラクチャは、世界中のデータセンターでホストされているキャリアグレードのスイッチング機器で構成されています。「Megaport Enabled Locations(Megaport 対応ロケーション)」ページで、Megaport ネットワークに接続できる近くの Megaport Points of Presence(PoP)を検索できます。

対応ロケーションのマップ

対応ロケーションのマップを使用する

Megaport のネットワークに接続できるロケーションには 2 種類あります。

  • 設置済み –これらのロケーションには Megaport ネットワークハードウェアが含まれており、Megaport Portal を介してそれらのいずれかに接続できます。
  • 拡張済み –これらのロケーションは、設置済みロケーションと同じキャンパスまたは大都市圏を共有します。Megaport ハードウェアは 拡張済みロケーションの施設内にはありませんが、プライベートキャンパス内または大都市圏内の構内配線を介してアクセスできます。この構内配線は、拡張済みロケーションのデータセンターオペレーターから Megaport 設置済みロケーションに注文できます。

対応ロケーションには、設置済みと拡張済みの両方が含まれます。

対応ロケーションのマップで PoP を探すには

  1. 「Megaport Enabled Locations(Megaport 対応ロケーション)」ページで、「Find My Location(マイロケーションの検索)」タブを選択します。
    「Location(ロケーション)」タブを選択して、プロバイダー、地理な場所、または Megaport Cloud Router(MCR)の可用性でフィルタリングすることもできます。
  2. 番地を入力して、地図にピンをドロップします。
    マップは指定されたアドレスにズームインして、ピンと、該当項目がある場合は 1 つ以上の拡張済みロケーションを表示します。
    ズームインしたロケーション

    赤いピンは、設置済みロケーション、つまり Megaport PoP を表します。紫色のピンは拡張済みロケーションを表します。

    ズームアウトすると、黒いマーカーがロケーションのクラスターがある地理的領域を示します。黒のマーカーの数字は、クラスター内にある赤いピンの数を示しています。黒のマーカーをクリックして、ロケーションをズームインします。

    黒のマーカー

    拡張済みロケーションに接続するには、紫色のピンをクリックしてから、「Enquire about this location(このロケーションについて問い合わせる)」をクリックします。問い合わせフォームに記入すると、Megaport 営業担当者から物理的な構内配線の設定に関する情報が届きます。

    拡張済みロケーション

レイテンシ時間を表示する

Megaport ネットワークたレイテンシの計算に使用されるデータは、世界中の Megaport 対応データセンターの監視機器から 5 分間隔で収集されます。毎月のレイテンシとパケット配信の統計は、その月のすべてのサンプルを平均することによって計算されます。

PoP のレイテンシ時間を表示する方法は 2 つあります。

「View latency(レイテンシの表示)」のリンク


最後の更新: