コンテンツにスキップ

Versa Secure SD-WAN を使用した汎用エンドポイントへの MVE 接続の作成

このトピックでは、Megaport VXC 接続を Megaport Portal で構成・構築し、Versa Secure SD-WAN の MVE と統合するための一般的なステップを説明します。VXCは、クラウドサービスプロバイダー、ポート、MCRに接続できます。

ステップ 1 – MVE の作成

  • Megaport PortalでMVEを作成します。
    詳細については、MVEの作成を参照してください。 MVEがアクティブな状態になっている必要があります。

ステップ 2 – MVE からの VXC の作成

  1. Megaport Portal で、ステップ 1 で作成した MVE を選択します。
  2. 他のMVE、ポート、クラウドサービスプロバイダーへのVXCを作成します。
    詳細については、VXCの作成を参照してください。 接続の両サイドがアクティブで、BGPが設定されていることを確認します。
  3. 接続の詳細では、AエンドのVLANに注意してください。

ステップ 3 – 接続に関する次の値の収集

  • MVE IP アドレス
  • MVE VLAN (Aエンド)
  • MVE ASN
  • クラウド/BエンドのIPアドレス
  • BエンドのAS番号
  • MD5パスワード

ステップ 4 – Versa Director でのインターフェイスの作成

  1. Versa Director にログインします。

  2. 上部メニューバーの「Workflows (ワークフロー)」タブを選択します。

  3. 左のメニュー バーで、「Template (テンプレート)」>「Templates (テンプレート)」を選択します。

  4. このデバイスに関連付けるテンプレートを選択します。

  5. 「Interfaces (インターフェイス)」タブをクリックします。

  6. 「WAN Interfaces (WAN インターフェイス)」の下で、「Add (追加)」アイコンをクリックして、サブインターフェイスを追加します。

  7. 「VLAN ID」フィールドには、Megaport Portal から VLAN の値を入力します。
    接続の A エンド VLAN を指定します- Portal で接続の詳細アイコンをクリックして、この値を探します。

  8. 「Network Name (ネットワーク名)」フィールドでは、メニューから「+ Create WAN Network (+ WAN ネットワークの作成)」を選択します。
    または、必要に応じて、以前に作成したネットワークを選択します。

  9. 新規ネットワークの場合は、名前を入力し、オプションで説明を入力します。

  10. OK」をクリックします。

  11. 「IPv4」列では、メニューから「Static (静的)」を選択します。

    Versa サブインターフェイス

  12. 「Routing (ルーティング)」タブをクリックします。

  13. BGP セクションでは、先ほど作成したネットワークを選択します。

  14. 接続に必要な以下の値を入力します。

    • Local AS (ローカル AS) – 接続の A エンドの AS 番号です。
    • Neighbor IP (ネイバーIP) – 接続の B エンド (クラウド プロバイダー、ポート、または他の MVE) の IP アドレスです。
    • Peer AS (ピア AS) – 接続の B エンドの AS 値です。
    • オプションで、BFD を有効化します。
  15. 「Add (追加)」アイコンをクリックします。 Versa BGP 設定

  16. ページ下部にある「Recreate (再作成)」をクリックします。
    構成の違いを強調する画面が表示されます。

  17. Deploy (構築)」をクリックします。

  1. 上部メニュー バーで「Configuration (構成)」タブを選択します。

  2. 水平メニュー バーで、「Templates (テンプレート)」>「Device Templates (デバイス テンプレート)」を選択します。

  3. 変更したいテンプレートをクリックします。

  4. サイド ナビゲーションで「Interfaces (インターフェイス)」を選択します。

  5. 「vni-0/0」インターフェイスをクリックします。

  6. 新規サブインターフェイスの VLAN 値をクリックします。

  7. 「Static Address (静的アドレス)」セクションで、「Parameterize (パラメーター化)」アイコンを使って、静的 IP アドレスの値を変数で指定します。(デフォルトでは有効化されています。)
    パラメーター化されている場合、アイコンは緑になります。変更の必要がある場合はクリックします。パラメーター化されたフィールドによって、テンプレートに関連付けられた個々のデバイスに IP アドレスの一意の変数があることが保証されます。

    Versa 静的アドレス

  8. OK」を 2 回クリックすると、VNI が更新されます。

  9. サイド ナビゲーションで「Virtual Routers (仮想ルーター)」を選択します。

  10. ネットワークの Transport-VR リンクをクリックします。

  11. サイド ナビゲーションで BGP を選択します。

  12. ネットワークの「Instance ID (インスタンス ID)」をクリックします。

  13. 「Router ID (ルーター ID)」 と「Password (パスワード)」フィールドで変数を使用するには、「Parameterize (パラメーター化)」アイコンをクリックします。

  14. OK」を 2 回クリックすると、メイン ウィンドウに戻ります。

ステップ 5 – デバイスの構成

  1. 上部メニューバーの「Workflows (ワークフロー)」タブを選択します。

  2. 左のナビゲーションで、「Devices (デバイス)」>「Devices (デバイス)」を選択します。

  3. 変更するデバイスをクリックします。

  4. 「Bind Data (データのバインド)」タブをクリックします。

  5. 静的アドレス、BGP パスワード、BGP ルーター ID の値を入力します。
    ローカル AS とピア AS などの他の値は、以前の設定から自動入力されます。
    Versa のデバイス設定

  6. Deploy (構築)」をクリックします。

  7. 画面右上のユーザー名の下にある「Commit Template (テンプレートのコミット)」をクリックします。

  8. Organization (組織)」と「Template (テンプレート)」を選択します。
    画面下部の「Template State (テンプレート状態)」が「OUT-OF-SYNC」になります。

    Versa デバイスのコミット

  9. 「Differences (違い)」列の目のアイコンをクリックします。
    構成の違いを強調したページが表示されます。

  10. 構成内容に問題がなければ、「Commit to Device (デバイスにコミット)」をクリックします。

ステップ 6 – 接続を確認します。

Director の「Monitor (監視)」タブでは、接続状態を含むデバイスのステータスを確認することができます。

  1. 上部メニュー バーで「Monitor (監視)」タブを選択します。

  2. 水平メニュー バーで「Devices (デバイス)」を選択します。

  3. デバイスをクリックして、ステータスとアクティビティを確認します。


最終更新日: 2022-02-03