コンテンツにスキップ

VMware SD-WAN と統合された MVE の接続

このトピックでは、VMware SD-WANと統合されたMegaport Virtual Edge(MVE)を別のMVEに接続する方法について説明します。この展開では、MegaportのプライベートSDN(Software Defined Network)を利用して、インターネットへの依存度を下げ、企業のブランチを接続しています。

ブランチからブランチへ

2台のMVEが設定されていれば、物理的なインフラストラクチャを必要とせず、プライベートなVXC(Virtual Cross Connect)を作成してMegaportネットワーク上で接続することができます。VXCは基本的に、Aエンド(MVE)とBエンド(別のMVE)の間のプライベートポイントツーポイントイーサネット接続です。

開始する前に

  • 別々のロケーションに 2 つの MVE をプロビジョニングします。まだMVEを作成していない場合は、VMware SD-WANを使用したMVEの作成を参照してください。

2 つの MVE 間での VXC の作成

2つのVMware MVE間のプライベートVXCの展開は、VXCを作成するMegaport Portalで開始します。その後、オーケストレーターの管理コンソールでAエンドとBエンドのMVEデバイスを設定します。

VXCを作成するには

  1. Megaport Portalで、「Services(サービス)」ページに移動し、送信側のAエンドMVEの横の「+Connection(+接続)をクリックします。

  2. 「Private VXC(プライベートVXC)」を選択し、「Next(次へ)」をクリックします。

    プライベートVXC

  3. 宛先のBエンドMVEとロケーションを選択します。
    国フィルターを使用して、選択を絞り込みます。

  4. Next (次へ)」をクリックします。

  5. VXC の詳細を指定します。

    • Connection Name (接続名) – 簡単に識別できる VXC の名前を指定します。例:LA MVE 2からDallas MVE 4へ。必要に応じて、後で名前を変更できます。

    • Invoice Reference (請求書参照)(オプション) – 発注書やコスト センター番号など、請求目的で使用する VXC の識別番号を指定します。

    • Rate Limit (帯域制限) – 帯域制限を Mbps で指定します。使用可能な最大速度は、発信元ポートまたは宛先ポートの最小のものに制限されます。最高速度が表示されます。

    • Preferred VLAN (優先 VLAN) – この接続の 802.1q VLAN タグを指定します。各 VXC は、MVE 上で個別の VLAN として配信されます。VLAN ID は、この MVE で一意である必要があり、2 から 4093 の範囲で指定できます。すでに使用されている VLAN ID を指定すると、次に使用可能な VLAN 番号が表示されます。注文を続行するには、VLAN ID が一意である必要があります。値を指定しない場合、Megaport が値を割り当てます。

  6. Next (次へ)」をクリックして、「Summary (概要)」画面を表示します。

  7. 接続を核にして「Add VXC(VXC の追加)」をクリックします。

  8. [Order(注文)] をクリックして、チェックアウト プロセスを続行します。

VXC が構築されると、「Portal Services(ポータルサービス)」ページで表示できます。「Services(サービス」ページでは、AエンドMVEとBエンドMVEの下にあるVXCが表示されます。サービス ID 番号は、接続の両端の VXC で同じであることに注意してください。

次のステップは、オーケストレーターでAエンドとBエンドのMVEを設定することです。

注意

次の手順では、BGPによるIP接続を設定しますが、これは数あるソリューションのうちの1つに過ぎません。MVEのインターフェイスを設定する前に、SD-WANベンダーの資料を参照して、特定のネットワーク設計および設定のオプションを確認してください。

オーケストレーターへのエッジの詳細の追加

MVE間のVXCを作成した後は、オーケストレーターで設定する必要があります。これには、インターフェイスのIPアドレスとVLANタグを設定が含まれます。

Aエンドのエッジデバイスを設定するには

  1. オーケストレーターで、「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」に進みます。

  2. 設定する最初のエッジデバイス(Aエンド MVEデバイス)をクリックします。

  3. 「Device(デバイス)」タブを選択し、「Interface Settings(インターフェイス設定)」まで下にスクロールします。

  4. +Add Subinterface(サブインターフェイスの追加)」をクリックします。
    サブインターフェイスの追加
    「Select Interface(インターフェイスの選択)」ダイアログボックスが表示されます。

  5. Select Interface(インターフェイスの選択)」メニューから「GE3」を選択し、「Subinterface ID(サブインターフェイスID)」に、Megaport PortalでMVEに設定したAエンドVLAN IDを入力します。
    インターフェイスの選択
    サブインターフェイスの設定が表示されます。

  6. Next (次へ)」をクリックします。

  7. Sub Interface Enabled(サブインターフェイス有効)」が有効になっていることを確認してください。

  8. SD-WANの構成に合わせて、必要に応じてセグメントを変更します。

  9. Addressing Type(アドレッシングタイプ)をStatic(静的)に変更し、AエンドのIP Address(IPアドレス)CIDR prefix(CIDRプレフィックス)Gateway(ゲートウェイ)を指定します。

  10. SD-WANの構成に応じて、その他のオプションを更新します。

  11. Enable VLAN Tagging(VLANタグの有効化)」が有効になっていることを確認してください。
    「VLAN」フィールドには、サブインターフェイスIDに指定したVLAN IDが自動的に入力されます。
    オーケストレーターの設定

  12. Update GE3:(GE3の更新)」のvlan-idをクリックします。

  13. 「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」ウィンドウの右上にある「Save Changes(変更の保存)」クリックして、確認します。
    これにより、インターフェイス、VLANタグ、IPアドレスが設定され、CLIでpingコマンドを使ったテストができるようになります。(BGPはまだ設定されていません)。

注意

サブインターフェイスを追加すると、一瞬、接続が中断されます。

MVEがルーティング情報を交換するように設定するには、オーケストレーターでBGPを設定するにはの手順に従ってください。

Bエンドのエッジデバイスを設定するには

  1. オーケストレーターで、「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」に進みます。

  2. 設定する2台目のエッジデバイス(Bエンド MVEデバイス)をクリックします。

  3. 「Device(デバイス)」タブを選択し、「Interface Settings(インターフェイス設定)」まで下にスクロールします。

  4. +Add Subinterface(サブインターフェイスの追加)」をクリックします。
    サブインターフェイスの追加
    「Select Interface(インターフェイスの選択)」ダイアログボックスが表示されます。

  5. Select Interface(インターフェイスの選択)」メニューから「GE3」を選択し、「Subinterface ID(サブインターフェイスID)」に、Megaport PortalでMVEに設定したAエンドVLAN IDを入力します。
    インターフェイスの選択
    サブインターフェイスの設定が表示されます。

  6. Next (次へ)」をクリックします。

  7. Sub Interface Enabled(サブインターフェイス有効)」が有効になっていることを確認してください。

  8. SD-WANの構成に合わせて、必要に応じてセグメントを変更します。

  9. Addressing Type(アドレッシングタイプ)をStatic(静的)に変更し、BエンドのIP Address(IPアドレス)CIDR prefix(CIDRプレフィックス)Gateway(ゲートウェイ)を指定します。

  10. SD-WANの構成に応じて、その他のオプションを更新します。

  11. Enable VLAN Tagging(VLANタグの有効化)」が有効になっていることを確認してください。
    「VLAN」フィールドには、サブインターフェイスIDに指定したVLAN IDが自動的に入力されます。
    オーケストレーターの設定

  12. Update GE3:(GE3の更新)」のvlan-idをクリックします。

  13. 「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」ウィンドウの右上にある「Save Changes(変更の保存)」クリックして、確認します。
    これにより、インターフェイス、VLANタグ、IPアドレスが設定され、CLIでpingコマンドを使ったテストができるようになります。(BGPはまだ設定されていません)。

注意

サブインターフェイスを追加すると、一瞬、接続が中断されます。

この時点でインターフェイスが作成されます。次のステップでは、オプションでBorder Gateway Protocol(BGP)セッションを作成します。

オーケストレーターでBGPを設定するには(オプション)

  1. オーケストレーターで、「Configure(設定)」 > 「Edges(エッジ)」に移動し、MVE デバイスをクリックします。

  2. 「Device(デバイス)」タブをクリックし、「Configure Segments(セグメントの設定)」セクションで「BGP Settings(BGPの設定)」の「Enable Edge Override(エッジオーバーライドを有効)」をクリックします。
    このオーバーライドでは、プロファイル定義を超えて、このデバイスに固有のBGP値を定義することができます。
    BGPの有効化

  3. トグルボタンをクリックしてBGPをオンにし、「Edit(編集)」をクリックします。
    「BGP Editor(BGPエディター)」が表示されます。
    BGPエディター

  4. AエンドデバイスのLocal ASN(ローカルAS番号)を入力します。
    各デバイスは、それぞれ一意のAS番号を持っています。 BGP 設定

  5. Neighbor IP(ネイバーIP)には、BエンドのMVEデバイスからのIPアドレスを追加します。

  6. BエンドデバイスのASNをネイバーのASN(AS番号)フィールドに追加します。

  7. すべての追加オプションを表示し、必要に応じてBGPオプションを有効にします。
    オーケストレーターの BGP オプションの詳細については、VMware ドキュメンテーションを参照してください。

  8. OKをクリックして、「Save Changes(変更の保存)」をクリックします。

接続の検証

  • オーケストレーターの「Test & Troubleshoot(テストとトラブルシューティング)」 > 「Remote Diagnostics(リモート診断)」のMVEを選択し、「Troubleshoot BGP(BGPのトラブルシューティング) - Show BGP Summary(BGPの概要の表示)」の「Run(実行)」をクリックしてBGPセッションを確認し、エッジデバイスが起動していることを確認します。

また、エッジデバイスのCLIから接続性やBGPの状態を確認することもできます。詳細については、VMware MVEの接続設定の確認を参照してください。


最終更新日: 2022-02-03