2021年の新機能

このトピックでは、Megaport IXルートサーバーのアップグレードに含まれる機能強化とアップデートについて説明します。アップグレード作業は、3月上旬に開始し、4月上旬に完了します。時期の詳細については、各IXの告知リストに登録されているお客様にメールでお知らせします。

MegaIX Looking Glass

新しいMegaIX Looking Glassは、トラフィック・ルーティングとIXルート・サーバー環境の完全な可視性を提供します。この可視性を利用して IXルートサーバー上のAS番号、ピア、または特定のIPプレフィックスを検索することで、接続のトラブルシューティングに役立ちます。

特定のルートサーバーを調べるには、BGPネイバーの概要を使用します。「Looking Glass」では、特定のルートサーバーで利用可能なネットワークが表示され、BGPセッション情報(確立および停止)が提供され、各ピアからの受信およびフィルタリングされた経路の概要が表示されます。

ルートサーバーのフィルタリング

今回のアップグレードにより、リソース公開鍵基盤(RPKI)の無効な経路がフィルタリングされるようになり、新しいLooking Glassを使って簡単に識別できるようになりました。RPKIの詳細については、次の参考資料を参照してください。

ピア マクロ

すべての接続で「Peer Macro(ピアマクロ)」オプションが有効になりました。この値は、ピアの AS マクロフィルターを定義します。Megaport はこれを使用してASが発信できるプレフィックスのリストと発信元AS値を生成し、このリストはルートサーバーを介したアナウンスをフィルタリングします。

大規模BGPコミュニティのサポート

今回のバージョンアップでは、Megaport IXのルートサーバーが認識できるアクションコミュニティの範囲を拡張しています。その一環として、EURO-IX 大規模BGPコミュニティ規格がサポートされました。Megaportでは、これらの新しいコミュニティへの移行を推奨しています。

注意

MegaIXのコミュニティは、Megaportにより廃止されるまで、12ヶ月間サポートされます。

BFDサポート

ルートサーバーのアップグレードでは、すべてのMegaport IXロケーションのルートサーバーで双方向フォワーディング検出(BFD)プロトコルを300ミリ秒の間隔でパッシブに有効化します。BFDプロトコルは、BGP ネイバー間のパス障害を検出します。

BGP追加パス

IXでは、BGPのadd-path機能をサポートしています。これにより、1つのアドレスプレフィックスに対して複数のパスをアドバタイズすることができます。

追加パスのサポートは、以下の機能を提供します。

  • 潜在的な代替パスやバックアップパスを提供することで、ネットワークにおける最適なルーティングとルーティングコンバージェンスを実現する。
  • 複数の経路でBGPトラフィックの負荷分散を行う。

詳細については、BGPでの複数パスのアドバタイズを参照してください。

注意

BGPのadd-path機能を利用するためには、ネットワークがBGPのadd-path機能に対応している必要があります。


最後の更新: