コンテンツにスキップ

Salesforce Express Connect への MCR 接続の作成

Salesforce Express Connectでは、専用のプライベート接続でSalesforceのアプリケーションや サービスに直接アクセスできます。Salesforce Express Connectを Megaport Portalを介して作成した場合:

  • Express Connect は、レイヤー 3 ルーティング サービスとして提供されます。
  • パブリック IP を使用して Salesforce サービスにアクセスし、 BGPを実行してSalesforce経路を受信する必要があります。
  • Megaport は、各 Salesforce ピアリングに /31 パブリック IP 範囲を 割り当てます。
  • 独自のパブリック IP アドレス空間を Salesforce に広報できます。 (SalesforceはRFC 1918経路を受け入れません。)

展開に関する考慮事項:

  • プロビジョニング。1つのVirtual Cross Connect(VXC)は、 Megaport Cloud Router(MCR)を使用してSalesforceに2つの論理接続を プロビジョニングします。Salesforceでは、両サービス場所の稼働時間を保証する 冗長ルーターを用意しています。
  • 時間枠。Salesforceは、ポータルからVXCを展開した後、 承認に最大2営業日かかる場合があります。
  • インターネット バックアップ。Megaportは冗長性のために常に2つのMegaportを推奨していますが、 Megaport上のExpress Connectを使用してSalesforceへの プライマリ接続を行うことができ、パブリックルーティングされた IP空間を使用していて1つのMegaportに障害が発生した場合、 Salesforceへのルーティングをパブリックインターネットに戻すことができます。

この図は、一般的なExpress Connectの展開を示しています。 Salesforceの展開

Salesforce Express Connectへの接続を作成するには

  1. Megaport Portalにログインし、 「Services(サービス)」を選択し、設定するMCRを選択します。
    MCRをまだ作成していない場合は、 MCRの作成をご参照ください。
  2. VXC接続を追加します。
    これがMCRの最初の接続である場合は、「Salesforce」タイルを クリックします。タイルは、設定ページへのショートカットです。 または、「+Connection(+接続)」をクリックし、「Cloud(クラウド)」、 「Salesforce」を選択します。
    「Salesforce」タイル

  3. プロバイダーとしてSalesforceを選択します。
    宛先の選択

  4. 宛先ポートを選択し、「Next(次へ)」をクリックします。

  5. 次の接続の詳細を指定します。

    • Connection Name (接続名) – Megaport Portal に表示される VXC の名前です。

    • Service Level Reference (サービス レベル参照) (オプション) – コスト センター番号や一意の顧客 ID など、請求目的で使用する VXC の識別番号を指定します。サービス レベル参照番号は、請求書の「Product (プロダクト)」セクションの各サービスに表示されます。また、既存のサービスのこのフィールドを編集することもできます。

      注意

      パートナー マネージド アカウントは、サービスにパートナー ディールを適用することができます。詳細については、『Applying a Deal to a Service (サービスへのディールの適用)』を参照してください。

    • Rate Limit (帯域制限) – 接続の速度 (Mbps)。 1Mb~5GBの間で任意の値を設定できます。
      接続の詳細

  6. Next (次へ)」をクリックします。

  7. 次の接続の詳細を提供します。

    • ASN (AS 番号) – プライベートまたはパブリック AS 番号を入力します。デフォルトでは、MCR AS番号は133937です。

    • BGP Password (BGP パスワード) – Salesforce は BGP パスワードをサポートしていないため、これは空白のままにします。

    • Prefixes (プレフィックス) – Salesforce — RIR にアナウンスするためのプレフィックスを入力します。 アナウンスするために、割り当てられたIPv4アドレス範囲のみを指定します。パブリックIP範囲を持っていない場合は、 Megaportが提供する/31のIPにNATを 使用することができます。Megaportによって提供される/31のIPを使用する場合、 このフィールドは空白のままにしておくことができます。一度設定すると、VXCに新しいプレフィックスを追加することはできません。

    注意

    RFC 1918空間は許可されていません。

  8. Next(次へ)」をクリックします。
    Salesforceの概要

    月額料金を含む概要ページが表示されます。

  9. Back(戻る)」をクリックして、 変更を加えるか、「Add VXC(VXCの追加)」をクリックします。この設定が完了したら、 追加のVXCを設定するか、注文へと続行することができます。

    注文送信後、Salesforceは、ポータルからVXCを展開した後、 最大2営業日かかることがあります。VXCステータスは Salesforceが接続を受け入れるまで、「Deployable(展開可能)」になります。

宛先ポートの選択
Salesforceがリクエストを受け入れると、Salesforceから、2つの論理的で冗長な接続が作成されます。

Megaport Portalを選択して「Details(詳細)」を選択すると、接続の詳細を 表示および編集することができます。

役立つリソース


最終更新日: 2022-02-03