Megaport の請求書を理解する

このトピックでは、Megaport の請求書の条件と詳細について説明します。

毎月のサービスの Megaport の請求書。請求書には、注文したサービスの概要、請求書に関する一般情報、未払い額、支払い方法、Megaport への連絡方法が含まれています。これらの請求書と明細書は、毎月メールで送信されます。現在および以前の請求書の表示の詳細については、 請求書のダウンロード を参照してください。

請求書の詳細

請求書には、その月の請求アクティビティの詳細が含まれています。請求書ヘッダーに表示される可能性のある用語は次のとおりです。

  • 請求書番号 – 請求書に割り当てられた番号。
  • 請求書の日付 – 請求書が作成された日付。
  • 支払い条件 – Megaport とお客様の会社との間で合意された、請求日からクレジットが許可される日数。ポートの期間と価格設定の詳細については、 ポートの契約期間 を参照してください。
  • 期日 – 請求書の全額支払い期日。
  • 注文書 – Megaport のサービスの作成時に指定した注文書。請求書に PO 番号を表示するには、請求期間が終了する前に [Edit Market(マーケットの編集)] タブ で指定する必要があります。
  • 合計 – すべての税金と追加料金を含む合計。

請求書の本文に表示されるいくつかの用語は次のとおりです。

  • 説明 – サービスに割り当てられた一意の ID と名前。
  • 日付 – 請求されたサービスに関連付けられた期間。
  • 参照 –識別用の注文書番号。この番号は、サービスの注文時に指定した場合にのみ表示されます。

ポータルの [Billing(請求)] ページで、特定のサービスの今後の見積り請求額を確認できます。詳細については、 請求の詳細の表示 を参照してください。

毎月、請求書と明細書は、Megaport ポータルの [Billing Markets(請求マーケット)] > [Edit Market(マーケットの編集)] タブで指定した Billing Contact(請求問い合わせ)のメールアドレスに送信されます。請求書は通常、月の最初の営業日に送信され、明細書は 10 営業日頃に送信されます。

重要

請求書と明細書をタイムリーに表示できるように、請求先のメールアドレスを最新の状態に保つようにしてください。

税金- 国内のお客様

税金は、Megaport のサービスを注文した場所と登録した会社の住所の場所に応じて、地域ごとに分類されます。

これは、米国を拠点とする顧客がいくつかの州でサービスを注文した米国の請求書の税の内訳の例です。

税の内訳 - 米国

連邦ユニバーサルサービス基金(FUSF)の料金は変動し、連邦通信委員会(FCC)によって確立されます。

ヨーロッパ諸国の国内顧客には、標準の付加価値税(VAT)が適用されます。

税の内訳 - 英国

その他の地域では、国内の顧客には地方税が適用されます。この例では、オーストラリアの請求書に標準の物品サービス税(GST)が含まれています。

税の内訳 - その他の地域

税金 - 非国内のお客様

ヨーロッパでは、まだ欧州連合(EU)内にいる非国内の顧客は、Megaport に VAT 番号を提供することで非課税にすることができます。

輸出顧客 は、Megaport の請求エンティティの外部にいる顧客として定義されます。欧州の請求エンティティの場合、それらは EU 外にあります。輸出顧客への課税は異なり、ほとんどの場合、税金を支払う必要はまったくありません(国によって異なります)。

ご質問(お問い合わせ)

請求または請求書の問題、また質問については、 Megaport Accounts Receivable までお問い合わせください。


最後の更新: