AWS Direct Connectへの接続

Virtual Cross Connection(VXC)とAWS Direct Connectを使用して、ポートからAWSへのネットワーク接続を作成できます。

Megaportは、次の3つのAWS Direct Connectモデルをサポートしています。

ホスト型仮想インターフェイス

ホスト型VIFは、パブリックまたはプライベートのAWSクラウドサービスに接続できます。各VXC(ホスト型VIF)では帯域幅を管理でき、VXCの総帯域幅がポートのサイズを超えない限り、(VPCに対する)各VXCの使用率は他のVPCに影響を与えません。

主な機能は次のとおりです。

  • 接続は帯域幅を共有でき、帯域幅は定義されたネットワークパフォーマンスを確保するために管理および監視されます。

  • Megaport Cloud Router(MCR)からAWSに接続する場合、ホスト型VIFは、MCRの自動設定のためのルーティング情報へのアクセスを提供します。

  • サービスに影響を与えることなく、サービス速度を変更できます。

  • このモデルは、トランジットゲートウェイの仮想インターフェイスをサポートしていません。

  • AWS Direct Connectのポート料金は、Megaportの注文に含まれています。接続を設定すると、請求の詳細が通知され、Megaportの料金が表示されます。

  • 5 Gbpsの最大VXC速度。

ホスト型VIF

注意

これは、Megaport for AWS Direct Connectでサポートされているオリジナルオプションです。

ホスト型VIFの使用を開始するには:

ホスト型接続

500 Mbps以下の容量のホスト型接続では、1つのプライベートまたはパブリック仮想インターフェイスをサポートできます。1 Gbps以上の容量を持つホスト型接続では、1つのプライベート、パブリック、またはトランジット仮想インターフェイスをサポートできます。

主な機能は次のとおりです。

  • 1 Gbps以上の接続に対応したトランジットゲートウェイをサポートします。

  • 1対1のサブスクリプションによる専用(共有ではない)の帯域幅。

  • 接続を作成した後、速度を変更することはできません。速度を変更するには、新しい接続を作成して設定する必要があります。

  • 設定プロセスでは、MCRのルーティング情報に自動的にアクセスできないため、手動でルーティングを設定する必要があります。

  • 10 Gbpsの最大VXC速度。

  • 復元力を確保するために多様なAWSポートをサポートし、単一障害点の発生を回避します。

  • AWS Direct Connectのポート料金は、Amazonから請求されます。

ホスト型接続では、トランジットゲートウェイを使用して接続を集約し、帯域幅を共有する複数のホスト型VIFの代わりに、専用の帯域幅を持つ単一のホスト型接続を使用できます。このシナリオでは、同じ接続で帯域幅を必要とする他のVPCから、VPCが影響を受ける可能性があります。

ホスト型接続

注意

ホスト接続を提供するデータセンターと同じ場所に利用者がいない場合、VXCを使用して最も近い有効な場所に接続できます。

ホスト型接続を開始するには:

Direct Connect専用接続

Direct Connect専用接続では、最大50個のパブリック、またはプライベート仮想インターフェイスと1個のトランジット仮想インターフェイスをサポートできます。このオプションを使用すると、AWSコンソールでDirect Connectポートをプロビジョニングし、Megaportと連携して、Direct Connectポートから同じデータセンターのポートへの物理的なクロスコネクトを設定します。次に、プライベートVXCを使用して、ポートを別のデータセンターの2番目のポートに接続できます。

Direct Connect専用接続

主な機能は次のとおりです。

  • 接続リクエストを作成した後、ポート速度を変更することはできません。ポート速度を変更するには、新しい接続を作成して設定する必要があります。

  • 多数のVPCをサポートします。

  • トランジットゲートウェイ設定のサポート。

  • AWSのポート料金は、Amazonから請求されます。

Direct Connect専用接続を開始するには:

参考資料

AWS Direct Connectのモデルや機能の詳細については、 以下のリソースを参照してください。

その他のMegaport情報

Amazonドキュメント


最後の更新: