APIを使用したポートとGoogle Cloud間へのVXCの作成

このトピックでは、APIの手順を使用して、ポートからGoogle CloudへのVXCを作成します。これには、Google Cloudのポートのロケーションを検索してVXCを注文する方法も含まれます。

ポートとGoogle Cloud間の接続には、ペアリングキーが必要です。このキーは、Google Cloudポータルから取得します。 APIを使用してGoogle Cloudペアリングキーを検証すると、応答には関連するポートとピアの詳細が含まれます。VXCを作成するには、ポートの詳細が必要です。

このコマンドを使用して、ペアリングキーでGoogle Cloudのロケーションの詳細を検索します。

GET {baseUrl}/v2/secure/google/{pairing_key}

これは、最初のVXCが設定されているが、2番目のVXCが使用可能(vxc = null)のペアリングキーのサンプル応答です。

{
   "message": "Successful lookup",
    "data": {
        "bandwidths": [
        50,
        100,
        200,
        300,
        400,
        500,
        1000,
        2000,
        5000,
        10000
        ],
        "megaports": [
        {
            "port": 13687,
            "vxc": {
                // existing vxc object
            },
            "productId": 13687,
            "productUid": "2c9337ba-b6a6-44cc-851c-58315060a0e3",
            "name": "New York (lga-zone2-1422)",
            "nServiceId": 30890,
            "description": "Google Inc at Digital Realty NYC1",
            "companyId": 90,
            "companyUid": "29ba879b-45c8-48eb-bd97-618d0f20ea04",
            "companyName": "Google Inc",
            "portSpeed": 10000,
            "locationId": 62,
            "state": "NY",
            "country": "USA"
        },
        {
            "port": 12515,
            "vxc": null,
            "productId": 12515,
            "productUid": "2fa8c6c5-314f-4d14-8fb6-e1f7f86bdacc",
            "name": "Ashburn (iad-zone2-1)",
            "nServiceId": 28349,
            "description": "Google Inc at zColo 21635 Red Rum Drive",
            "companyId": 90,
            "companyUid": "29ba879b-45c8-48eb-bd97-618d0f20ea04",
            "companyName": "Google Inc",
            "portSpeed": 10000,
            "locationId": 84,
            "state": "VA",
            "country": "USA"
        }
        ],
        "resource_type": "csp_connection"
    }
}

検証/購入依頼のボディのこのテンプレートを、ポートの「productUid」、VXCの名前、Google Cloudポートの「productUid」、およびペアリングキーで更新します。帯域幅オプションは、ペアリングキーによって返されるリストで定義されており、事前定義された帯域幅を使用する必要があります。

[
    {
        "productUid": "d5f4a3c6-06d3-4cfa-9d4e-8ce6ec0b6dbd", //UID of your Megaport (A End)
        "associatedVxcs": [
            {
                "rateLimit": 100, // from list of supported bandwidths in key lookup
                "productName": "Example Google VXC",
                "productUid": "6058acf0-410b-11e8-b3ce-150bacf9bc67",
                "aEnd": {
                    "vlan": 90,
                },
                "bEnd": {
                    "productUid": "7bab4547-ff88-43f9-a1de-3df637522fa5", // port UID from pairing key lookup
                    "partnerConfig": {
                        "connectType": "GOOGLE",
                        "pairingKey": "fbbf41b1-9513-4837-a91a-22a8bb065704/us-west1/2"
                    }
                },
                "productType": "VXC"
            }
        ]
    }
]

注文する前に依頼をテストして、価格の詳細を確認してください。

POST {baseUrl}/v2/networkdesign/validate

VXCを注文してください。

POST {baseUrl}/v2/networkdesign/buy

VXCを完了して構築したら、Google Cloud Consoleに戻って添付ファイルを受け入れます。BGPを設定するためにGoogleからプライベートIPアドレスが提供されます。

これで、レイヤー2 VXCの構築が完了します。


最後の更新: