財務フォーム

このトピックでは、業務に必要となる可能性のある財務フォームをいくつか紹介します。

ここに掲載されていないフォームをお探しの場合は、Megaport Accounts Receivableにお問い合わせください。

W-8

W-8フォーム(米国源泉税及び報告に関する外国人受益者証明書)は、ベンダーが外国人であることを確認するためのもので、租税条約による減額や源泉徴収の免除を申請していない場合でも提出する必要があります。

Megaportは、米国企業に請求する場合(Megaportの現地法人が外国の米国企業に請求する場合、例えばMegaportシンガポールが米国の顧客に請求する場合)、このフォームを提供する必要があります。これらのフォームは、毎年署名して更新する必要があります。

W-9

米国企業は、独立請負人として雇用したベンダーから情報を得るために、IRSフォームW-9(納税者番号および宣誓の依頼書)を使用しています。企業は、請負人が情報を返信するさいにW-9フォームに記入した氏名、住所、ソーシャルセキュリティ番号(または納税者番号)を使用します。提出者も受領者も、コピーをIRSに送る必要はありません。

オンボーディング・レター

在留資格認定証明書(COR)

CORとは、二重課税防止条約(DTA)に基づく特典を申請するために、シンガポールの税務上の居住者であることを証明する手紙のことです。


最後の更新: