MCR の概要

MCR は、世界中の Megaport Software Defined Network(SDN)でレイヤー 3 接続を確立するマネージド仮想ルーターサービスです。MCR インスタンスは、主要なグローバルルーティングゾーンのデータセンターで事前設定されています。MCR は、マルチクラウドまたはハイブリッドクラウドネットワーク、ネットワークサービスプロバイダー、およびクラウドサービスプロバイダー間のデータ転送を可能にします。

MCR インスタンスは、Megaport ネットワークのポートのように物理的に相互接続されていません。ただし、物理ポートと同じようにレイヤー 2 VXC 接続をホストでき、Megaport ネットワーク内の他のポートまたは別の MCR に拡張できます。

仕組み

MCR は、2 つ以上の独立した Virtual Cross Connect(VXC)サービスを単一のルーティングドメインに結合し、MCR に接続されているすべての VXC 間の接続を提供します。

物理インフラストラクチャがないため、クラウド間ネットワーキング、主要なパブリッククラウド、IaaS、および SaaS プロバイダー間のプライベートピアリング、および Megaport Software Defined Network(SDN)上の任意のプロバイダーへの直接接続を活用できます。機器を所有および保守する必要はありません。MCR は、レイヤー 3 で接続する複雑さを取り除き、仮想化ネットワーキングの新しい可能性を開きます。

MCR の概要

MCR インスタンスは、Megaport ネットワークの物理ポートの有無にかかわらず使用できます。単一のクラウドサービスプロバイダー(CSP)を使用してマルチリージョン構築を設定する場合、または複数の CSP を使用してマルチクラウド構築を設定する場合、MCR は両方の機能を有効にできます。MCR 機能を Megaport ネットワークの物理ポートと組み合わせると、次のような利点があります。

  • クラウドプロバイダー間の直接接続を可能にすることで、レイテンシを削減。
  • トラフィックを制御およびローカライズするためのリージョン間またはクラウド間の接続。

速度層

MCR 速度オプションは、次の 4 つの層に統合されています。

速度層 対称スループット 非対称スループット
1 Gbps 0.5 Gbps/0.5 Gbps 1 Gbps
2.5 Gbps 1.25/1.25 Gbps 2.5 Gbps
5 Gbps 2.5/2.5 Gbps 5 Gbps
10 Gbps 5/5 Gbps 10 Gbps

最後の更新: