MegaportとVMware Cloud on AWSとの統合

VMware Cloud on AWSは、AWSクラウド内でVMware SDDCを起動できるようにする、すぐに使えるサービスです。この機能は、Megaportのグローバルなソフトウェア定義ネットワーク(SDN)全体で利用できます。

VMware Cloud on AWSには、スローペースかつ低リスクのアプローチでクラウドを採用できるなど、多くのメリットがあります。既存のオンプレミス型インフラストラクチャをクラウドリソースで補強し、成長を図ることができます。このソリューションは、クラウド上でのワークロードの成長や削減を可能にしながら、機器への新たな設備投資の必要性を抑えます。また、最終的にクラウドへの完全な移行を検討している場合でも、生産性と使用可能な状態を維持しながら、既存の機器とインフラストラクチャを最大限に活用できます。

AWSは、VMwareインフラストラクチャに対応するために、物理データセンタースペースの一部をセグメント化しています。VMwareソフトウェアは、AWSベアメタルに直接実装されています。パッチ適用やソフトウェアのアップグレードなどのサポートおよび管理機能はVMwareによって実行され、物理デバイスの管理はAWSによって処理されます。VMを管理し、vSphereへのアクセスを委任しています。

機能と利点の完全なリストについては、VMware Cloud on AWSの概要をご覧ください。  

アーキテクチャを理解する

AWSは、AWS Direct Connectを使用して接続モデルを簡素化し、VMware Cloudに到達しています。

MegaportをNetwork-as-a-Serviceのプロバイダーとして利用することで、オンプレミスのデータセンターインフラストラクチャから、VMwareで使用する仮想インターフェイス(VIF)をAWS Direct Connectにシームレスにデプロイできます。

次の画像は、ポートに接続してVMware Cloud on AWSにアクセスする顧客のオンプレミス環境に関連するコンポーネントと、利用可能なAWSクラウドサービスを示しています。

VMware Cloud on AWS

vSphereへのルートまたはSSHアクセスはありません。また、サードパーティのVIBまたはプラグインをインストールすることはできません。ソリューションにこれらが必要な場合は、VMwareの担当者に確認してください。

ネットワーク機能がNSX-Tによって提供される場合、管理トラフィック、コールドマイグレーション、ホットマイグレーション(vMotionを使用)トラフィック、コンピューティングゲートウェイトラフィックは、すべてDirect Connectを介して転送できます。これは、すべてのトラフィックタイプをサポートしていなかった以前のバージョンのNSXからのアップグレードです。NSX-Tは、このソリューションを動作させるためのオンプレミスインフラストラクチャの要件ではないことに注意してください。NSXスタンドアロンクライアントをオンプレミス環境にダウンロードして、運用で使用できます。

注意

VMkernelの送信元と宛先の間にvMotionをデプロイする場合、最低250 Mbpsの帯域幅と最大往復レイテンシ150 msが必要です。詳細については、vSphere vMotionのネットワーク要件を参照してください。

コンピューティング、ストレージ、ハイパーバイザー、テクノロジー機能に関するインフラストラクチャの詳細については、AWSの発表内容が変更される可能性があります。リリースとアップデートについては、VMwareアカウントチームに確認するか、VMware Cloud on AWSリリースノートを参照してください。

設定

my.vmware.comで開始します。

アカウントに登録するか、既存のアカウントにサインインします。 新しいアカウントは1分以内で作成できます。

ログインしたら、AWSアカウント、管理ネットワークIP(IPブロックを送信すると、変更/更新はできません)、ホスト数(当初の設定では最低4台必要ですが、1つのクラスタにつき最大32台まで、1つのSDDCにつき10台のクラスタを持つことができます)、ソリューションのAWSリージョン、アベイラビリティゾーンなどの情報を入力して、新しいSDDCを作成する必要があります。

VMwareアカウントはAWSアカウントにリンクされます。事前設定された設定用のCloudformationテンプレートは、ソリューションの初期設定に役立ちます。初期環境の起動とプロビジョニングには最大2時間かかりますが、その後のホストへの追加、削除、変更は数分で完了します。初期設定プロセスの詳細については、VMware Cloud on AWSスタートガイドおよびウォークスルービデオを参照してください。

このソリューションでMegaportを使用する

オンプレミスまたはコロケーションベースのインフラストラクチャとAWSインスタンス上のVMware CloudをMegaportを使用してリンクするために、Direct Connectレイヤー2接続を実装できます。

すでに物理ポートが設置されたMegaportの顧客である場合は、最初の設定プロセスで作成したVMware Cloud on AWSインスタンスに、Megaportアカウントを介して新しいVXCを追加するだけです。設定プロセスで使用したものと同じAWSアカウントIDを使用します。ポートを通過する既存のトラフィックからこのソリューションを物理的に分離する場合や、単に別の場所にこのポートが必要な場合は、新しいポートを設置できます。

現在Megaportの顧客でない場合は、1 Gbpsまたは10 Gbpsの接続を世界中のPoint of Presence(PoP)のいずれかに設置できます。

現在これらのPoPの場所のいずれかにいない場合は、PoPのいずれかへのラストマイル回線を調達して、Megaportへの接続を実現できます。PoPのいずれかの場所へのラストマイル回線の調達について、サポートや情報が必要な場合は、Megaportにお問い合わせください。

ポートを使用すると、AWSのVMware Cloud SDDCインスタンス内のプライベートVIFにVXCを設定できます。VXCはプライベートIPスペースを利用しており、VXCはAWS VPCで直接終了し、VPC CIDRブロックのみがオンプレミスインフラストラクチャに広告されます。さらに、プライベートVIFは、ユーザーに対して透過的なVPCの仮想ゲートウェイ(VGW)で終了します。

顧客は、自分のアカウントからプライベートホスト型VIFを作成し、VIFのVMware Cloud on AWSアカウント番号を入力できます。このアカウント番号は、VMware Cloud on AWSコンソールのDirect Connect > VMC AWS Account(VMC AWSアカウント)から取得できます。

VMware Cloud on AWSのアカウント番号

オンプレミスネットワークをSDDCに広告することもできます。これにより、Direct Connectからの1 Gbpsまたは10 Gbpsの帯域幅接続を利用しながら、簡素化された完全接続オプションが可能になります。

コンソールの「Advertised BGP Routes(広告されたBGPルート)」セクションからVMware Cloud SDDCからオンプレミスに広告されたルートを確認でき、「Learned BGP Routes(学習済みBGPルート)」セクションでオンプレミスから受信したルートを確認できます。VMware Cloud SDDCからオンプレミスに広告できる論理ネットワークルートの最大数は16です(VMwareはこの制限を増やすことができます)。

VMware Cloud on AWS BGPルート

AWS環境に追加のVXCを設置することにより、このソリューションの接続部分の冗長性を実現できます。VXCを別々のポートに実装することで、物理的な冗長性をさらに高めることができます。

注意

冗長性を確保するために、インターネットVPNを設置することもできます。

VMwareクラウドの可用性

VMware Cloud on AWSは現在、米国東部(北バージニア)、米国東部(オハイオ)、米国西部(北カリフォルニア)、米国西部(オレゴン)、アジア太平洋(シドニー)、アジア太平洋(東京)、ヨーロッパ(フランクフルト)、ヨーロッパ(アイルランド)、ヨーロッパ(ロンドン)、AWS GovCloud(米国)で利用できます。その他のリージョンは保留中です。最新情報については、AWSのWebサイトを確認してください。

参考資料

詳細については、次のリンクを参照してください。


最後の更新: