コンテンツにスキップ

IX BGP セッション ダウンのトラブルシューティング

インターネット エクスチェンジ (IX) がダウンしている場合、BGP (Border Gateway Protocol) セッションに問題がある可能性があります。以下のトラブルシューティングの手順に従って、BGP セッションが IX の問題の根本原因であるかどうかを確認します。

ヒント

Megaport は、ピアおよびネットワーク オペレーターが現在のルーティング状態を調査するために、ウェブでアクセス可能なパブリック MegaIX Looking Glass を運用しています。プライマリ ルート サーバーと冗長ルート サーバーの両方でライブ BGP データを照会できます。MegaIX Looking Glass

トラブルシューティング

アクション ステップ
デバイスのインターフェイス、CRC エラー、パケット ドロップを確認する インターフェイスの統計情報やログは、構内配線のどちら側に障害が発生しているかを特定し、その解決策を探るのに役立ちます。例えば、あるネットワーク インターフェイスで受信エラーが増加すると、一般的に特定の SFP (small form factor pluggable) は除外され、IX の他のコンポーネントに問題がある可能性を示します。

重要な注意事項

インターフェイス タイプ、SFP タイプ、ケーブル タイプ
  • 1 Gbps 1000BASE-LX [10km; single-mode optical fibre (SMOF) 上でのデュプレクス]
  • 10 Gbps 10GBASE-LR [10km; シングルモード光ファイバ (SMOF) でのデュプレクス]
  • 100 Gbps 100GBASE-LR4 [10km; シングルモード光ファイバ (SMOF) でのデュプレクス]
MTU (最大イーサネット フレーム サイズ)
  • 顧客ポート間の VXC の 9100 バイト。
  • MCR および MVE は 1500 バイトの標準 MTU をサポートしています。
  • IX および多くの CSP ポートはジャンボ フレームをサポートしていませんが、すべて 1500 バイトの標準 MTU をサポートしています。
LAG (Link Aggregation Group)
  • プロトコル:LACP
  • インターフェイス:10GBASE-LR (10 Gbps) または 100GBASE-LR4 (100 Gbps) のいずれかになります。1 Gbps ポートはサポートされていません。
  • 単一 LAG に含まれるインターフェイスの最大数: 8
  • 複数のデバイスにわたるマルチシャーシ リンク アグリゲーション (MC-LAG) はサポートされていません。
優先 A エンドVLAN (VXC/IX)
  • タグなし (有効) – A エンド ポートを単一サービスに限定します。1 ポートあたり 1 つの VXC/IX のみで、デバイス側のアクセス ポートに相当します。
  • タグなし (無効) – A エンド ポートで 802.1q VLAN 番号を指定します。各 VXC は、ポート上で独立した VLAN として配信されます。これは、ポート上で一意の VLAN ID である必要があり、2 から 4093 の範囲で指定できます。既に使用されている VLAN ID を指定した場合は、以下の使用可能な VLAN 番号が表示されます。VLAN ID を空白のままにすると、お使いのデバイス側で許可された VLAN のあるトランク ポートと同等の VLAN 番号がランダムに割り当てられます。
802.1Q トンネリング (Q-in-Q) IEEE 802.1ad (Azure VXC)
  • Microsoft Azure ExpressRoute にアクセスするには、Q-in-Q (IEEE 802.1ad) が必要です。どの方式を選択するかによって、デバイスの構成は、Q-in-Q、Q-in-Q ブレイクアウト、タグなし VXC、MCR のいずれかになります。
インターフェイス、SFP、ケーブル、配線が正しいことを確認する
  • ギガビット インターフェイスでオートネゴシエーション (速度オート、デュプレックス オート) が使用されていることを確認します。
  • 構内配線ケーブルの両端が正しいポートに接続されていることを確認します。
  • SFP の光量 (Tx および Rx) が両端で良好なレベルであることを確認します。
レイヤー 2 構成を確認する
  • MTU サイズが正しいかどうかを確認します。
  • LAG を使用している場合は、LACP 構成が正しいかどうかを確認します。MC-LAG はサポートされていません。
  • Megaport Portal でお使いのデバイスが「優先 A エンド VLAN」として構成されていることを確認します。
  • VLAN を使用している場合は、お使いのデバイス側で正しい VLAN 番号が設定されていることを確認します。
  • Azure VXC を使用している場合は、いずれかの Q-in-Q 方式でデバイスが構成されていることを確認します。
レイヤー 3 構成を確認する
  • インターフェイスの IP アドレスとサブネット アドレスが正しく構成されていることを確認します。
  • ルーティング プロトコル構成 (EIGRP/OSPF/BGP) が正しく構成されていることを確認します。
  • レイヤー 3 のネットワーク デバイス (エッジ ルーター、BGP ピアなど) 間で ping テストを実行します。
  • 発信ホストと宛先ホスト間で ping テストを実行します (エンドツーエンドの接続テスト)。
  • ping テストが失敗した場合は、両端の ARP テーブルとルーティング テーブルを確認します。
  • ping テストが失敗し、両端のルーティング テーブルに問題がない場合は、両端から traceroute ログを取得します。

デバイスの光量レベルを確認する 端末からの光量測定値は、閾値の範囲内にあるかどうかを把握するのに役立ちます。デバイスとポートのグラフにエラーがないか確認し、「Megaport optic graphs history (Megaport 光量グラフの履歴)」を表示します。グラフは 5 分ごとに更新されるため、フラッピングが少ない場合は、光量の低下をグラフで把握できないことがあります。光量測定値が仕様内であることを確認します。
IX ネットワーク内またはバイラテラル ピア内のルート サーバーに対する ping テストを実施する ping テストでは、特定の IP アドレスにデータ パケットを送信し、IP ネットワークのデバイス間の接続を確認したり、拒否したりすることができます。確認内容には、接続のレイテンシ (応答時間) が含まれます。

ルート サーバーおよび/またはバイラテラル ピアに対するレイヤー 2 接続を確認する (ARP) レイヤー 2 は、WAN または LAN セグメント上のノード間のデータ フローを制御し、レイヤー 1 のエラーを検出し、場合によっては修正する役割を担っています。レイヤー 2 の接続の問題は、MCR に接続する VXC の機能に影響を与える可能性があります。クラウド サービス プロバイダー (CSP) に接続する際には、VLAN の構成内容が正しいことを確認します。Q-in-Q を使用するため、Azure に接続する際には特に注意が必要です。

レイヤー 2 の接続の問題は、IX サービスにも影響を与えます。MAC アドレスは、Megaport で IX サービスを利用する際のデバイスの認証に使用されます。Megaport や他の組織とピアリングしている場合は、ネットワークの設計によって、Megaport Portal で正しい MAC アドレスが指定されていることを確認します。
    サポートを依頼する前に、以下のチェックを実施します。

  1. Looking Glass ツールで IX サービスのステータスを確認します。プライマリ ルート サーバーと冗長ルート サーバーの両方でライブ BGP データにアクセスできます。レイヤー 2 の問題は、物理的なレイヤー 1 の問題よりも診断が難しい場合があります。Megaport にレイヤー 2 接続の詳細を提出することで、問題を特定するのに役立ちます。
  2. Megaport と直接ピアリングしていない場合は、ピアリング先の会社に構成の変更がないか確認します。
  3. ping テストを実行して、レイヤー 2 に接続されているかどうかを確認します。
  4. ARP テーブルをチェックして、MAC アドレスが Megaport ポータルで表示されていることを確認します。
  5. 構成が Megaport 技術仕様と一致していることを確認します。

    追加ガイダンスについては、アカウント マネージャーに連絡し、Megaport ソリューション アーキテクトとのミーティングを依頼します。
BGP 構成を確認する
  • VLAN 番号などのインターフェイス設定
  • BGP の IP アドレスとサブネット マスク
  • BGP の AS 番号
  • 広報する BGP ネットワーク アドレス
  • BGP ネイバーの IP アドレスとサブネット マスク
  • BGP ネイバーの AS 番号
  • 受信する BGP ネイバーのネットワーク アドレス
  • BGP ピア間の BGP 認証
  • BGP 経路のフィルタリングと操作 (該当する場合)
    BGP エラー メッセージを確認する BGP プロトコルは、ホールド タイマーの期限切れ、ネイバー機能の変更、BGP セッションのリセット要求など、BGP セッションのエラーを検出すると、通知メッセージを送信します。エラーが検出されると、BGP セッションが終了します。

    例えば、show log P-xxxxx と入力します。

    詳細については、「インターネット エクスチェンジの概要」を参照してください。

    次のステップ

    トラブルシューティングを行っても問題が解決しない場合は、サポートにお問い合わせください。サポートを依頼する前に、以下の情報を収集してください。

    トラブルシューティングの結果

    • 実施したすべてのトラブルシューティングの手順に関する詳細を提出します。例えば、ループが設置されている場合は、その位置と向きを記録します。

    ネットワーク デバイス構成の抜粋

    • インターフェイス構成
    • 静的経路およびルーティング プロトコルの構成 (EIGRP/OSPF/BGP)
    • 問題のあるデータ フローのファイアウォール ルールと ACL 構成

    BGP コマンド出力とパケット キャプチャ情報

    • 両端のルーティング テーブル (show IP route <ip-address>)。
    • 両端のルーティング プロトコルのステータスとテーブル。例えば、BGP の状態を示す BGP ネイバー テーブル (show ip bgp summary) や BGP ネイバーの詳細 (show ip bgp neighbors <neighbor-ip-address>) など。
    • BGP ルーティングに問題がある BGP ルーティング テーブル エントリ (show IP BGP コマンドの出力)。
    • BGP の広報済み経路 (show IP BGP neighbors <neighbor-ip-address> advertised-routes)。
    • BGP の受信済み経路 (show IP BGP neighbors <neighbor-ip-address> routesコマンドの出力) - ルーティング テーブル (show IP route <ip-address>)。
    • 発信ホストと宛先ホスト間の Traceroute ログ。
    • 可能であれば、パケット キャプチャ ログ (ファイル サイズは最大 10 M)。

    最終更新日: 2022-02-04