MegaportとSAP on Azureの統合

Megaportを使用して、オンプレミスまたはコロケーションベースのインフラストラクチャと SAP on Azure環境との間にExpressRouteレイヤー2接続を 実施することができます。また、ExpressRouteを使用して、SAP on Azureの クラウド専用インスタンスに接続することもできます。

開始する前に、物理接続またはポートを作成したことを 確認してください。ポートを作成したら、ポートからAzure VNETインフラストラクチャに関連付けられた 仮想ゲートウェイにVirtual Cross Connect(VXC)を 接続します。VXCは、Aエンド(利用者のポート)と Bエンド(この場合はSAP on Azureインスタンス)間のポイントツーポイント イーサネット接続です。

Megaportの顧客でない場合は、当社のグローバルなデータセンター/拠点のいずれかに1 Gbpsまたは10 Gbpsポートを作成できます。貴社がMegaportのPoPのいずれかに位置していない場合は、 Megaportに接続するために、サイトのいずれかにラストマイルの回線を調達できます。詳細については、Megaportにお問い合わせください。

注意

このソリューションをポートを通過する他の既存のトラフィックから物理的に分離するために別のロケーションにあるポートが必要な場合は、続行する前に新しいポートを作成することをお勧めします。

この高レベルの図は、SAP Netweaver on AzureソリューションへのMegaport接続を示しています。

SAP Netweaver on Azure

このソリューションの接続部分の冗長性を実現するために、 AWS環境に追加のVXCを確立できます。この図は、 VXCが別々のポートに実装されている場合に追加の物理的冗長性を 達成する方法を示しています。

2つのポートを備えたSAP Netweaver on Azure

前提条件

始める前に、次のものが必要です。

  • Megaport接続、またはポート –ポートをまだ作成していない場合は、ポートを参照してください。VXCを使用して、ポートからSAP on Azureインスタンスへの接続を展開します。

  • ExpressRouteサービスキーAzureドキュメンテーションの手順に従って、Azureポータルからサービスキーを作成します。「ExpressRoute回線の作成」ウィンドウでプロバイダーとしてMegaportを選択していることを確認します(Azureドキュメンテーションの手順2)。

MegaportをSAP on Azureと統合するには

  1. Megaport Portalで、「Services(サービス)」ページに移動し、使用するポートを選択します。 接続ボタン
  2. ポートのAzure接続を追加します。

    これがポートへの最初の接続である場合は、「Microsoft Azure」タイルをクリックします。タイルは、設定ページへのショートカットです。または、「+Connection(+接続)」、「Cloud(クラウド)」をクリックしてから、プロバイダーとして「Azure ExpressRoute」をクリックします。

    ポートの選択

  3. Azureコンソールで作成したExpressRouteサービスキーを見つけて、Microsoft Azureサービスキーフィールドに貼り付けます。

    Megaport Portalはサービスキーを検証し、プライマリおよびセカンダリAzureオンランプを表示します。冗長接続の追加の詳細については、冗長性を参照してください。

  4. 「Primary(プライマリ)」オプションを選択し、「Next(次へ)」をクリックします。
    接続の詳細

  5. 次の接続の詳細を指定します。

    • Name your connection(接続に名前を付ける)」 –Megaport Portalに表示されるVXCの名前です。

    • Invoice Reference(請求書参照)」 –オプションのフィールド。PO番号や請求書番号などの任意のテキストにできます。

    • Rate Limit(レート制限)」 –接続の速度(Mbps)。この値には、サービスキーからの情報が自動的に入力されます。

    • Preferred A-End VLAN(優先AエンドVLAN)」 –この接続に未使用のVLAN IDを指定します。これは、ExpressRouteの内部Cタグを透過的に伝送するポートに関連付けられたSタグまたは外部タグです。このVLAN IDは、このポートの一意のIDである必要があり、2~4093の範囲で指定できます。すでに使用されているVLAN IDを指定すると、次に使用可能なVLAN番号が表示されます。注文を続行するには、VLAN IDが一意である必要があります。値を指定しない場合は、Megaportが値を割り当てます。

    重要

    Megaportは、Q-in-Qを使用してExpressRouteサービスをMicrosoftポートに配信します。Q-in-Qをサポートしていないネットワークデバイスの場合は、AエンドVLANのタグを解除できます。タグを外すと、外部接続(Sタグ)のVLANタグが削除され、3つの内部タグ(Cタグ)が802.1Q VLANとしてネイティブに配信されます。タグなしVLANを使用すると、そのVXCが1つのポートに制限されることに注意してください。セカンダリExpressRoute VXCなど、他のVXCをポートに展開することはできないため、この回避策を長期的な解決策としてお勧めしません。

  6. Next(次へ)」をクリックします。

  7. 詳細を確認し、「Add VXC(VXCを追加)」をクリックします。
    新しい接続の概要
  8. Order(注文)」をクリックします。
    設定済みサービス
  9. 注文サービス契約を確認し、「Order Now(今すぐ注文)」をクリックします。
    注文サービス

    これで、Azureインフラストラクチャへのレイヤー2接続が作成されました。

  10. 新しいVXCをSAP on Azureインスタンスに接続します。

    Microsoft Azureポータルにログインします。AzureインフラストラクチャへのプライマリおよびセカンダリBGP接続のAS番号、VLAN ID、プライマリおよびセカンダリIPサブネットを指定します。

注意

Microsoft Azureでは、BGPを使用してオンプレミス環境とAzureインフラストラクチャを接続する必要があります。

AzureコンソールからのMicrosoftピアリングとプライベートピアリングの設定の詳細については、ExpressRoute回線のピアリングの作成と変更を参照してください。

冗長性

手順を繰り返して、Azureインフラストラクチャに2番目のVXC接続を作成できます。これにより、Microsoft AzureのSLAの設定が認定されます。Microsoft Azureサービスキーを適切なフィールドに貼り付けるときに、セカンダリランプ上のロケーションを選択します(プライマリランプ上のロケーションは淡色表示になり、使用できなくなります)。

この時点で、MegaportからAzureインフラストラクチャへの2番目のレイヤー2接続が作成され、Megaport Portalでの作業が完了します。

背景情報

SAP on Azureの展開計画

SAPアプリケーションは、Azure仮想マシン(VM)とベアメタルインスタンスで実行できます。これは、SAP Hana on Azure(ラージインスタンス)の場合と同じです。VM上のSAPアプリケーションは、構内ベースのインストール用の機器を調達してインストールする際の比較的長いプロセスとは対照的に、コンピューティングとストレージの迅速な展開を提供します。これは、オンプレミス、クラウドソリューションに接続、または完全にクラウドソリューションとして実行できます。同じSAPシステムをオンプレミスインフラストラクチャとクラウドインフラストラクチャに分割することはサポートされていません。

SAP on Azure Virtual Machines

NetWeaver、Business One、HANAなどのSAPサービスは、Azure VM、ストレージ、ネットワークで実行できます。これらのサービスを効率的に使用するには、vCPU、メモリ、および関連するネットワークとストレージの帯域幅の観点から、VMのサイズと容量を理解することが重要です。使用しているSAPアプリケーションのパフォーマンスを確保するには、十分なリソースが必要です。

VMは、ゲストOSとしてさまざまなオペレーティングシステムを実行できるHyper-V仮想ハードドライブ(VHD)に基づいています。Linux およびWindowsのVMサイズに関する詳細は MicrosoftのWebサイトで確認できます。

Azure VMに関連付けられているストレージの種類には、非永続的(揮発性)と永続的の2つがあります。Microsoft Azureは、標準ストレージ層とプレミアムストレージ層を提供します。プレミアムストレージ層は、I/Oレイテンシー、スループット、およびI/Oレイテンシーの変動を低減します。Premium Storageの詳細については、Azure Premium Storage(現在一般提供中)を参照してください。

SAP HANA(ラージインスタンス)

SAP HANA(ラージインスタンス)は、大企業の顧客向けの特別なソリューションであり、専用のベアメタルサーバーにSAP HANAを実装できます。このソリューションは、共有マルチテナント環境に関連する可能性のある潜在的なパフォーマンスの問題を取り除きます。768 GBのメモリを搭載した36 Intel CPUコアから24 TBのメモリを搭載した480 Intel CPUコアまでのオプションがあります。ベアメタルサーバーはSAP HANAを実行するように指定されているだけであり、ワークロード中間層は引き続きVMで動作することに注意してください。

ネットワーク、ストレージ、およびサーバーの顧客リソースの分離は、テナントを通じて行われます。SAP on Azureのベアメタルソリューションは、Tailored Datacenter Integration(TDI)の認定を受けています。

追加のリソース


最後の更新: