Marketplaceの通知

プロファイルを使用すると、サービスプロバイダーは接続リクエストを受信できます。 顧客が接続のリクエストを開始すると、サービスプロバイダーにはメールでリクエストが通知され、サービスプロバイダーはそのリクエストを承認または拒否できます。

このトピックでは、次の内容を説明します。

  • Megaportからサービスプロバイダーおよび接続をリクエストする顧客にメールで送信される通知

  • サービスプロバイダーがリクエストを承認または拒否する方法

  • ポータルのユーザーが自分の担当に関連する更新メールのみを受信するように、メールの通知グループを設定する方法

サービスプロバイダーの顧客の要件

エンドユーザーがサービスプロバイダーに接続するには、次が必要です。

  • Megaport Portalへのアクセス
  • Megaportネットワーク上のポートまたはMegaport Cloud Router(MCR)
  • レイヤー2/レイヤー3のサポート

サービスプロバイダーと顧客への通知

顧客が接続をリクエストしたら、Megaportはサービスプロバイダーと顧客の両方にメールで通知を送信します。

サービスプロバイダーへの通知
サービスプロバイダーへの通知

顧客への通知
顧客への通知

サービスプロバイダーの承認

接続リクエストのメール通知を受信したら、サービスプロバイダーはMegaport Portalにログインし、承認セクションに移動して、「Accept Request(リクエストを承認)」または「Deny Request(リクエストを拒否)」を選択する必要があります。

サービスプロバイダーがリクエストを承認または拒否すると、Megaportは詳細が記載された2番目の通知を顧客に送信します。

サービスプロバイダーの応答

VXCが利用可能になると、Megaportは別のメールを顧客に送信します。

VXCが利用可能

これにより、顧客からサービスプロバイダーへのレイヤー2接続が確立されます。

複数の宛先ポートに接続するには、新しい接続ごとに作成と承認のプロセスを繰り返します。

注意

サービスプロバイダーは、サービスキーを使用して、顧客のポートへのアクセスを制御することもできます。詳細については、サービスキーを参照してください。

展開後に顧客がより高い帯域幅への速度変更をリクエストした場合、Megaportはサービスプロバイダーに通知し、サービスプロバイダーは変更を承認または拒否できます。

速度の変更

メール通知用のポータルユーザーの設定

Megaport Portalの各ユーザーには、特権レベルを含むユーザーロールが割り当てられています。Company Admin、Technical Contact、Technical Adminに設定されたユーザーは、通知を登録できます。

詳細については、ユーザーロールの管理を参照してください。

ユーザーは、次の6つのグループのそれぞれから、メール通知の受信を選択できます。セキュリティ、注文、財務、人、会社、サービス。

VXC承認の場合、注文グループの通知を有効にします。

詳細については、メール通知の構成を参照してください。


最後の更新: