用語集

このヘルプトピックでは、Megaport ネットワークとサービスに関連する用語を定義します。

802.1q

IEEE 802.1Q は、イーサネットネットワーク上の仮想 LAN(VLAN) をサポートするネットワーク規格です。この規格は、イーサネットフレームの VLAN タギングのシステムと、そのようなフレームを処理する際にブリッジとスイッチが使用する付随する手順を定義します。非公式には「dot1q」とも呼ばれます。

A エンド

接続の開始–ポートまたは MCR。

Megaport 接続には、A エンドと B エンドが必要です。接続は A エンドで始まります。ほとんどの場合、ポートは A エンドです。B エンドは、接続のもう一方の端です。ポート、インターネットエクスチェンジ、Marketplace 接続、またはクラウドサービスプロバイダーの場合があります。

API

アプリケーションプログラムインターフェイス(API)は、ソフトウェアアプリケーションを構築するためのルーチン、プロトコル、およびツールのセットです。API は、ソフトウェアコンポーネントがどのように相互作用するかを指定し、グラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)コンポーネントをプログラミングする際に使用されます。Megaport API を使用すると、顧客とパートナーはプラットフォームと直接統合し、自動化やサービス作成を行えるようになります(dev.megaport.com を参照)。

AS 番号

自律システム番号(AS 番号)は、単一の管理エンティティまたはドメインに代わって 1 つ以上のネットワークオペレータの制御下にある接続されたインターネットプロトコル(IP)ルーティングプレフィックスのコレクションです。AS 番号は自律システム番号を指し、BGP ルーティングで使用するために各 AS に割り当てられた一意の数値 ID です。

アマゾンウェブサービス(AWS)

アマゾンウェブサービス(AWS)は、コンピューティング能力、データベースストレージ、コンテンツ配信、およびその他の機能を提供して、ビジネスの拡張と成長を支援する安全なクラウドサービスプラットフォームです。

AWS Direct Connect

AWS(アマゾンウェブサービス)Direct Connect は、顧客が Amazon の Direct Connect ロケーションの 1 つと顧客側のデータセンターまたはコロケーション環境との間に専用のネットワーク接続を確立できるようにするネットワークサービスです。Megaport は AWS Direct Connect パートナーです。

Azure

Azure は Microsoft のサービスです。Microsoft の ExpressRoute サービスを介してアクセスするオープンで柔軟なエンタープライズグレードのクラウドコンピューティングプラットフォームです。

B エンド

ポートまたは MCR が接続の A エンドを確立すると、もう一方の端が B エンドになります。B エンドは、プライベート VXC、インターネットエクスチェンジ、Marketplace 接続、またはクラウドサービスプロバイダーのポートになります。

BGP

Border Gateway Protocol(BGP)は、インターネット上の自律システム(AS)間で経路および到達可能性の情報を交換するために設計された標準化されたルーティングプロトコルです。

CDN

コンテンツ配信ネットワーク(CDN)は、ユーザーの地理的な場所、Web ページの発信元、およびコンテンツ配信サーバーに基づいて、Web ページやその他の Web コンテンツをユーザーに配信する分散サーバー(ネットワーク)のシステムです。例:アカマイ、Cloudflare。

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングは、インターネット上でホストされたサービスの提供を表す一般的な用語です。

コロ

コロケーションの略語。コンピュータ機器を収容するための賃貸スペースで、通常、高密度のコンピュータとネットワーク接続をサポートするように特別に設計された建物です。データセンターと呼ばれることもありますが、テレハウスまたはキャリアホテル施設としても知られています。

クラウドサービスプロバイダー(CSP)

クラウドサービスプロバイダーは、クラウドコンピューティングの 1 つ以上のコンポーネントを企業や個人に提供する組織です。典型的なクラウドサービスとして、Infrastructure as a Service(IaaS)、Software as a Service(SaaS)、Platform as a Service(PaaS)があります。

demarc

責任分界点。一般的には、光ポートのフロア/ラック/ポートの割り当てになります。詳細については、LOA を参照してください。

データセンター(DC)

データセンターは、組織が大量データのリモートストレージ、処理、または配布のために一般に使用する、ネットワーク化されたコンピューターサーバーの大規模なグループです。

ダークファイバー(DF)

ダークファイバー(DF)は、基本的に、使用されていない光ファイバーインフラストラクチャです。これは、拡張、成長、または再販のためのサービスプロビジョニングの当初に必要な容量に加えて設定された容量と見なされます。信号が通過(点灯)すると、「ダーク」とは見なされなくなります。

DNS

ドメインネームシステム(DNS)は、コンピューター、サービス、またはインターネットやプライベートネットワークに接続されているリソース用の階層型分散型ネーミングシステムです。さまざまな情報を、参加している各エンティティに割り当てられたドメイン名に関連付けます。

dot1q

802.1 q を参照してください。IEEE 802.1Q は、イーサネットネットワーク上の仮想 LAN(VLAN) をサポートするネットワーク規格です。この規格は、イーサネットフレームの VLAN タギングのシステムと、そのようなフレームを処理する際にブリッジとスイッチが使用する付随する手順を定義します。

Direct Connect (DX)

アマゾンウェブサービス(AWS)のパブリック/プライベートピアリングにアクセスする方法です。

弾性相互接続

弾性相互接続 は、オンデマンドで接続サービス要件を変更する柔軟性を企業に提供する接続を定義するために使用される用語です。Megaport のユーザーは、最小 1 Mbps から最大 10 Gbps まで、1 日単位から弾性相互接続をプロビジョニングできます。

エンドポイント

エンドポイントは API 通信チャネルの一端であり、リソースにアクセスできるサーバーまたはサービスの URI または URL を指定します。 TCP/IP ネットワークと通信するインターネット対応のあらゆるリモートコンピューティングデバイスが含まれます。

ExpressRoute(ER)

オンプレミスのネットワークを専用のプライベート接続でマイクロソフトのクラウドに拡張するための Azure クラウド統合オプションです。Megaport は、Microsoft Azure ExpressRoute パートナーです。

イーサネット仮想専用線(EVPL)

(EPL とは異なり)EVPL は、UNI でのサービス多重化を可能にします。この機能により、EPL で許可されていない UNI で複数の EVC をサポートできます。さらに、EVPL は EPL の場合ほどサービスフレームの透明性を提供する必要はありません(定義:MEF)。

完全修飾ドメイン名(FQDN)

インターネット上の特定のコンピュータ(ホスト)の完全なドメイン名です。

高速迂回(FRR)

ミッションクリティカルなサービスのリンクまたはルーターの障害時に高速トラフィック回復を提供する MPLS および IP 復元テクノロジー。単一のリンクまたはノードに障害が発生した場合、影響を受けたトラフィックを数十ミリ秒単位で順次回復することができます。

Google Cloud Interconnect(GCI)

旧名は Google Carrier Interconnect。

Google Cloud Platform(GCP)

Google が提供するクラウドコンピューティングサービスです。

グローバルサービス契約(GSA)

Megaport の標準契約。GSA のコンポーネントである SLA も参照してください。

ハイブリッドクラウド

オンプレミスのプライベートクラウドとサードパーティのパブリッククラウドサービスを組み合わせて使用し、2 つのプラットフォーム間でオーケストレーションを行うクラウドコンピューティング環境。

Infrastructure as a Service(IaaS)

物理的なコンピューティングリソース、ロケーション、データパーティショニング、スケーリング、セキュリティ、バックアップなどインフラストラクチャそのものをインターネット経由で提供するオンラインサービス。インターネット技術特別調査委員会(IETF)によると、IaaS はクラウドコンピューティングインフラストラクチャを提供するプロバイダーにとって最も基本的なクラウドサービスモデルです。

インターネット技術特別調査委員会(IETF)

自主的なインターネット規格、特にインターネットプロトコルスイート(TCP/IP)を構成する規格を開発および促進する組織。IETF には、正式なメンバーシップやメンバーシップ要件はありません。すべての参加者とマネージャーはボランティアであり、通常は雇用主や他のスポンサーから資金提供を受けています。

インターネットプロトコルセキュリティ(IPsec)

通信セッションの各 IP パケットを認証および暗号化することによって機能する安全なインターネットプロトコル(IP)通信用のプロトコルスイート。

Information Technology Infrastructure Library(ITIL)

IT サービスマネジメント(ITSM)の一連のプラクティス。

IX

インターネットエクスチェンジ(特定のインターネットエクスチェンジポイントでは IX または IXP と呼ばれます)は、インターネットサービスプロバイダー(ISP)とコンテンツ配信ネットワーク(CDN)がネットワーク(自律システム)間でインターネットトラフィックを交換するための物理インフラストラクチャです。MegaIX は Megaport IX プロダクトであり、AMS-IX は一部の地域で提供されるパートナー IX プロダクトです。Megaport Portal の「Cloud(クラウド)」タイルを介して提供されます。

ジッター

ネットワークを介したパスに対するキューイング、競合、およびシリアル化の影響によって引き起こされるパケット転送遅延(RTT / RTD / PTD、レイテンシ)の変動。

レイヤー 1 (L1)

OSI モデルの レイヤー 1 は、電気的および機械的レベルでネットワークを介してビットストリーム(電気インパルス、光、または無線信号)を伝達します。ケーブル、カード、物理的側面の定義など、キャリア上でデータを送受信するためのハードウェア手段を提供します。光ファイバケーブル/SFP の終端は、物理ポートと同様に レイヤー 1 と見なされます。

レイヤー 2(L2)

OSI モデルの レイヤー 2 はデータリンクレイヤーです。これにより、ノード間のデータ転送(直接接続された 2 つのノード間のリンク)が提供されます。ほとんどの Megaport 仮想クロスコネクト(VXC)は、このレイヤーで動作します。レイヤー 2 は、メディアアクセス制御(MAC)レイヤー(ネットワーク内の機器がメディアへのアクセスと送信の許可を取得する方法を制御する)と論理リンク制御(LLC)レイヤー(ネットワークレイヤープロトコルを識別し、それらをカプセル化してエラーチェックとフレーム同期の制御を担当する)に分けられます。

レイヤー 3(L3)

OSI モデルのレイヤー 3 はネットワークレイヤーです。論理ネットワークアドレスを物理マシンアドレス(IP アドレス指定)に変換します。 レイヤー 3 ルーターは、アドレスの詳細に基づいてトラフィックを分析し、適切に転送します。ルーティングテーブル交換のために BGP セッションで一般的に交換される詳細の知識が必要になります。

リンクアグリゲーショングループ(LAG)

複数の並列ネットワーク接続を使用して、単一リンク(1 つの接続)で達成できる制限を超えてスループットを向上させるためのさまざまな方法を説明します。一般に、リンクアグリゲーションの場合、物理ポートは単一のスイッチ/ルーター上に存在する必要があります。

授権書(LOA)

データセンターサービスからポートへの物理的な構内配線を確立するために、顧客がデータセンタープロバイダーに提示する必要があるドキュメントです。LOA は、顧客が新しいポートをプロビジョニングする際に Megaport Portal を介して提供されます。

LR

約 10km にわたって 10 Gbps を提供できる小型フォームファクタプラグ(SFP)の光インターフェイス規格。10 Gbps ポート配信用の当社の規格です。1 Gbps 相当については、LX を参照してください。1310nm の波長を使用します。

ラベルスイッチパス(LSP)

MPLS ネットワークを介したパス。

LX

約 10km にわたって 1 Gbps を提供できる小型フォームファクタプラグ(SFP)の光インターフェイス規格。1 Gbps ポートの配信用の当社の規格です。10 Gbps 相当については、LR を参照してください。1310nm の波長を使用します。

MD5

MD5 ハッシュまたは BGP キーとも呼ばれます。MD5 アルゴリズムは広く使用されている暗号化関数であり、32 の 16 進数の文字列を生成します。これは、BGP 情報を交換するルーター間でパスワードまたはキーとして使用されます。

Megaport SDN

Megaport Portal または API を介してアクセスされる、クラウドサービスプロバイダー、ネットワークサービスプロバイダー、およびデータセンターオペレーターで構成される Megaport のニュートラルな SDN ベースのグローバルネットワーク。

「ミートミールーム」(MMR)

データセンター、コロケーションセンター、またはキャリアホテル内の場所で、通信会社は物理的に相互接続し、ローカルループ料金を発生させることなくデータを交換できます。MMR の接続を介して提供されるサービスは、音声回線、データ回線、またはインターネットプロトコルです。

Microsoft Azure ExpressRoute

Microsoft Azure ExpressRoute を使用すると、専用のプライベート接続を介してオンプレミスネットワークを Microsoft クラウドに拡張できます。Megaport は、Microsoft Azure ExpressRoute パートナーです。

Multi-Protocol Label Switching(MPLS)

長いネットワークアドレスではなく短いパスラベルに基づいて、1 つのネットワークノードから次のネットワークノードにデータを転送し、ルーティングテーブルでの複雑なルックアップを回避する、高性能通信ネットワークのデータ伝送技術の種類。

マルチクラウド

単一異種アーキテクチャにおける複数クラウドコンピューティングサービスの使用。たとえば、企業はインフラストラクチャ(IaaS)およびソフトウェア(SaaS)サービスに複数のクラウドプロバイダーを使用する場合があります。Megaport の中核となる価値提案の 1 つは、マルチクラウド接続を可能にすることです。

ネット中立性

Megaport が他のサービスプロバイダーを優先したり、ブロックしたりすることなく、すべてのサービスプロバイダーへのアクセスを可能にするという原則。

網間インターフェイス(NNI)

2 つのネットワーク間のインターフェイス。UNI とは異なり、技術的にはプロバイダーネットワーク間のインターフェイスを定義するために使用されますが、プロバイダーと顧客のネットワークハンドオフ間で区別せずに使用されることもあります(定義:MEF)。

開放型システム間相互接続(OSI)

電気通信システムまたはコンピューティングシステムの通信機能を特徴付け、標準化するモデル。ほとんどの Megaport プロダクトはレイヤー 2 (L2)であり、一部の OSI 構造はレイヤー 3(L3)にプッシュされ、そこで IP アドレス情報が交換されます。これは L2/L3 サービスと呼ばれます。

オーバーレイネットワーク

既存のネットワークの上に構築された、ノードと論理リンクの仮想ネットワーク。オーバーレイネットワークは、アンダーレイを補強し、トラフィックのオーケストレーションや、管理コンソールを介してビジネスポリシーやセキュリティポリシーを実現する機能を提供します。管理コンソールは、ネットワークの可視化も行います。

PaaS

Platform as a Service ベンダーは、アプリケーション開発者に開発環境を提供します。通常、プロバイダーは開発用のツールキットと標準、および配布と支払い用のチャネルを開発します。PaaS モデルでは、基盤となるオペレーティングシステムやホストアーキテクチャを管理する必要なしに、通常はオペレーティングシステム、プログラミング言語の実行環境、データベース、および Web サーバーを含むコンピューティングプラットフォームをクラウドプロバイダーが提供します。

ピアリング

2 つのインターネットネットワークが接続してトラフィックを交換するプロセス。これにより、これらの 2 つのインターネットネットワークは、インターネットを介してトラフィックを伝送するためにサードパーティに支払いを行うことなく、互いの顧客間でトラフィックを直接交換できます。

PLR

パケット損失率。

ポート

ポートは、Megaport ファブリックに接続する高速イーサネットインターフェイスです。ポート間の帯域幅オプションの範囲は、1 Mbps から 10 Gbps です。100 Gbpsは一部の地域で利用可能です。

PTD

パケット転送遅延(一方向のレイテンシ測定)。

Q-in-Q

802.1Q トンネリング(別名 Q-in-Q または 802.1ad)は、OSI レイヤー 2 プロバイダーが顧客のために使用する手法です。802.1ad は、内部タグと外部タグの両方を提供します。これにより、外部(サービスプロバイダーの場合は S-TAG と呼ばれることもあります)を削除して、データをセグメント化する内部(C-TAG または顧客)タグを公開できます。

ライザー

ケーブルバスケットが配線されるシャフト(一般的には垂直)。「バーティカル」とも呼ばれます。

ルートサーバー(RS)

ルートサーバーは、インターネットエクスチェンジ(IX または IXP)で BGP ルーティングエクスチェンジを確立するためのメカニズムを提供します。ファブリック全体で多くのピアリングパートナーを維持するプロセスを簡素化し、ネットワークの可視性と管理性にも貢献します。ルートサーバーは通常、ペアで構築され、メンテナンスウィンドウと一般的な冗長性を考慮して IX の安定性をサポートします。一部のピアは、どのピアがどの経路を維持しているかを表示し、ネットワークルーティングの選択に関するトラブルシューティングを可能にする Looking Glass(LG)機能を提供します。

RTT

ラウンドトリップタイム(リターンパスレイテンシ測定)。

ラックユニット(RU)

主にラックに取り付けられたコンピューター機器(特にサーバーとルーター)とそれらが取り付けられているラックの高さを表すために使用される測定単位。1 RU は1.75 インチまたは 4.445 cm です。たとえば、42 RU は 1.87m の高さのキャビネットを示します。

SaaS

Software as a Service(SaaS)モデルでは、ユーザーがクライアントアプリケーションソフトウェアにアクセスできます。クラウドプロバイダーは、アプリケーションを実行するインフラストラクチャとプラットフォームを管理します。SaaS は「オンデマンドソフトウェア」と呼ばれることもあり、通常は従量制またはサブスクリプション料金を使用して価格設定されます。

サービス水準合意(SLA)

サービスが正式に定義される標準化されたサービス契約の一部。サービスの範囲、品質、責任の特定の側面は、サービスプロバイダーとサービスユーザーの間で合意されます。Megaport 用語では「GSA」(グローバルサービス契約)と呼ばれます。

シングルモード光ファイバー(SMOF)

コアサイズが小さく、常に単一のモードまたは光の経路をサポートする光ファイバー。より安価なマルチモード光ファイバー(MMOF)とは対照的に、信号を劣化させずにより長距離の伝送が可能になります。

ソフトウェア定義ワイドエリアネットワーク(SD-WAN)

広域ネットワークを管理するためのソフトウェア的なアプローチです。

トランスミッションコントロールプロトコル/インターネットプロトコル(TCP/IP)

インターネット上のすべての機器間の通信を管理する一連のルール/プロトコル。より具体的には、TCP/IP は、情報をパッケージ化(パケット化)、送信、および受信する方法、および接続されたネットワークを通過して最終的な宛先に到達する方法を指示します。

トランジット

コモディティインターネットの容量。IX 経路(特定)とは異なり、トランジットキャパシティ(一般的に有料のサービス)は、決済のないピアリング交換で経路が不明な場合のインターネットトラフィックの一般的なデフォルト経路を示します。

アンダーレイネットワーク

ネットワーク上のゲートウェイ、ルート、スイッチなどの間で、従来の物理的なレイヤー 2 とレイヤー 3 の接続性を提供する物理的なインフラストラクチャです。

仮想 LAN(VLAN)

ネットワークを細分化するために使用される単一の物理インターフェイス(ポートなど)上のデータリンクレイヤー(OSI レイヤー 2)にあるパーティション化され分離されたコンピューターネットワーク。LAN はローカルエリアネットワークの略語です。

仮想化ネットワーク機能(VNF)

ネットワークインフラストラクチャ上の仮想マシンで動作し、特定のネットワーク機能を処理するサービス。

仮想プライベート LAN サービス(VPLS)

IP または MPLS ネットワークを介したイーサネットベースのマルチポイント間通信を提供する方法。地理的に分散したサイトが、疑似配線を介してサイトを接続することにより、イーサネットブロードキャストドメインを共有できるようにします。

仮想プライベートネットワーク(VPN)

プライベートネットワークをパブリックネットワークまたはインターネット全体に拡張します。これにより、コンピューティング機器がプライベートネットワークに直接接続されているかのように、共有ネットワークまたはパブリックネットワークを介してデータを送受信できます。VPN は、機能、セキュリティ、ネットワーク管理上の利点を提供します。

仮想クロスコネクト(VXC)

2 つのポート間の直接イーサネット接続により、高速のプライベート接続が可能になります。VXC は数分以内にプロビジョニングされ、サービスの迅速な構築を可能にします。

XCON または XC

クロスコネクトの略語。ケーブル配線、サブシステム、およびアクティブまたはパッシブなネットワーク機器(MMR 以外ではルーター/スイッチのように一般的にはアクティブ)に接続するパッチコードまたはジャンパーを使用する機器間の接続スキーム。


最後の更新: